【キャンプのこと】川遊びが楽しい!ファミリーにおススメ新田ふるさと村

海キャンプより川キャンプが好き!こんにちは、UjiYogaHouseの人Sachikoです。

お盆のお休みを利用して兵庫県神崎郡神河町の「新田ふるさと村」でキャンプをしてきました。

■テントサイト
オートキャンプ場はフリーサイトと区画が区切られていて、電源もついている「天の川」サイトの2つあります。

我が家は電源使用もしないので、フリーサイトへ。予約の際には「残り1」となっていたにも関わらずまだまだテント張れるんちゃうの?ってくらい広々でした。

満員であったとしても隣との距離感をきにしなくてよいくらいです。好印象。

テント1張1泊 2,000円
タープ1張1泊 1,000円
駐車代1台1泊 1,000円

※別途入村料 大人(中学生以上):1人300円 子供(3歳以上小学生):1人200円 必要です

チェックイン 13:00
チェックアウト 11:00

指定のゴミ袋を買えば、ゴミを出すことができます。これもありがたいですね。(※ビン・缶はもちかえり)

■設備

トイレ

炊事場

キレイです。夜は電気付いてます。

管理棟にはシャワーもありますよ。(私は使ってないです)

オートフリーサイトの横にはちょっとした遊具も

そして道を渡って山側には「お山の大将広場」

芝すべり/水のすべり台/ターザンロープ/ぶらんこ/杉ん子とりで

芝滑りは20分300円。大人も子どもも楽しいやつです。

■川遊びが楽しい!
キャンプ場のすぐ横の川がキレイで、川遊びが楽しい!!

こんな滝があって、この滝の前は少し深くなってます。滝に打たれるのとかも楽しいよね。

 

キレイだな~

この川の良いところは川幅がそんなに広くないし、浅いところがたくさんなのでお子さんも安心して遊べます。

もちろん大人も遊べます。

流されているように見せかけて、全然流れていません。止まってます。

子どもも大人も存分に楽しめるこの川はオートフリーサイトの横です。

■こんなのもありましたよ
オートフリーサイトの横の杉の木の間にニョキニョキ生えるこちらは杉ん子キャビン

下に車を停められるようになっています
キャビンの下には椅子と机が常設。テントでキャンプするよりもお手軽だし、コテージに泊まるよりもテント泊よりって感じかな。ここに泊まるのもありだな~。

■ファミリーにおススメな理由
ここのキャンプ場は夏休みということもあったファミリーがたくさん。
それもそのはず、川も綺麗で、お山の大将広場ではたくさん遊べる。そして夜は花火!!

これはファミリーにはたまりません。

標高500m。夏でも夜はヒンヤリしていて過ごしやすく、虫も少なかったです。

車で40分ほどのところには「ヨーデルの森」といって動物と触れ合える施設もありますよー

餌やり楽し~~~~~

■名水で作るご飯は最高!
新田ふるさと村周辺は名水で有名です。名水を汲んで、ご飯を作る。

そして名水でいれたコーヒーがたまらなくおいしいんだなぁ…

松か井の水は無料で汲めます。(煮沸してから使用)

車も停められますよ~

この名水の他にある管理・販売されている名水は煮沸せずとも飲めますし、こちらもとてもおいしかったです。しかし、150円くらいで20リットル組めるで、行くときは本気の(?)容器を持っていく必要があります。

私たちは途方に暮れていたら、汲んでいる人がわけてくれました。

■近くのスーパー
車で30分ほどのところにマックスバリューがあります。ダイソーだってあるよ。

ヨーデルの森に行くときにあるので、ついでにいくのもありですね。(どっちがついでかは不明)

水のきれいな新田ふるさと村おすすめです
大人も子供も楽しく遊べる新田ふるさと村。スタッフの方もとても親切でおすすめキャンプ場です。

キャンプ場の横は田園風景

童心に帰って遊んでくださいね~

新田ふるさと村 >>ホームページ<<

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

【キャンプ】滋賀県の清流沿いでキャンプ!<予約不要/黄和田キャンプ場>

夏のキャンプは涼しいところに限ります!こんにちは、UjiYogaHouseの人Sachikoです。


2017年のキャンプシーズンをようやくスタートさせました。

お休みの日程が合わないことも多いので、キャンプの予定もなかなか立てられず…そんなんだから前もっての予約なんてできない我が家にとってありがたいのが「予約不要」のキャンプ場。

今までも予約不要のキャンプ場を見つけては飛び込みでキャンプをしてましたが、今回はお気にいりになるキャンプ場と出会いましたよっ!

■滋賀県愛知川沿いの黄和田キャンプ場

宇治から高速を使って1時間15分ほど。東近江の奥永源寺にある「黄和田キャンプ場」

このあたりはたくさんキャンプ場があるので他にも予約不要のところがありそうですね。


↑画像はお借りしました。

料金は明朗会計!車1台で行けば何人乗っていようと1泊2,000円。安っ!!

お金を払うとリボンをつけてもらえます。

管理人さんが不在の時間に到着しても後から見回りで、お金を徴収しにきてくださいます。

■キャンプサイト
キャンプサイトは原っぱのサイトと奥に進むと林間サイト。

林間サイトは人気で私たちがついたときはすでにいっぱいでした。木陰はすずしいもんね。

空いてる場所をみつけて、好きにテントをはります。

3連休の中日の朝に着いたのですが、そのときには結構な人でした。夜には4分の1くらいになったので超快適に過ごしました。日帰りの方も多いですねー

■設備
必要最低限の設備がそろっています。

水場と

トイレ

林間サイトの方のトイレよりも原っぱサイト(←勝手に名前つけてる)のトイレの方がキレイです。トイレットペーパーはもちろん持参してください。

我が家は至れり尽くせよりも、必要最低限の設備のキャンプ場が好みです。

■すぐ横に清流愛知川

キャンプ場のすぐ横の愛知川。浅瀬だし、澄んでるし水遊びに最適!

魚捕まえたり、浮輪で流されたり…子供たちは思い思いに遊んでました。

私も上流に行ったり、人の少ない下流にいったり…

足をつけているだけで汗がひいて快適です!

■今回のキャンプの新兵器

さて、今回のキャンプからは我が家に新兵器が2台!

その1

燻製機!!!!

100均で材料買って燻製機を作ろうかとおもいましたが、何度もやることを見越して購入

チーズとナッツ~~~

これは美味しい!!良い道具を手に入れた!!

その2

マキタの扇風機!

キャンプに扇風機って邪道~~(笑)

でもね、テントの中が暑いのですよ。そんなときにこの扇風機で風を送れば快適、快適◎

弱風でバッテリーが6時間くらいもったんじゃないかな?活躍してくれましたよ。

■おまけ

キャンプの醍醐味は何もしないこと。自然の中でボーっとして、川で遊んで、お腹すいたらごはん食べて…

少し不便なところもキャンプでは楽しいんですよね。

途中夕立が降って、テントに避難。豪雨にならなかったから雨音も心地よく、気温も下がり過ごしやすくなりました。

雨音が止んで、テントの外から赤色に染まっているのを感じて急いで外にでると…

この夕焼け!


少し時間が経つとオーロラのようにも見える雲。

自然が見せてくれる数々の景色に心を躍らせました

↑すっぴんで手ぬぐい頭に巻いてる…(笑)

やっぱりキャンプは楽しいなーーーーーー!!!!

■おまけのおまけ
キャンプ場までの道中にある池田牧場でジェラート食べて帰りました。

クランベリーヨーグルト 325円 

池田牧場の猫

牛とSachiko

<<黄和田キャンプ場>>

 

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

 

 

【本】『山女日記*湊かなえ』と山の思い出

今年は1ヶ月に3冊本を読もうと新年に立てた目標をはや2か月目にして破ってしまいました。こんにちは、UjiYogaHouseの人Sachikoです。

会社員時代はもっぱら移動中に本を読んでいたのですが、今となっては移動することもほぼなく…家にいるとついついパソコン作業をしてしまい読みたい本が積まれていく。。。…という言い訳。読んでも読まなくてもいいんだけど、読書すると「やっぱり本を読むのはいいな」と感じます。

『山女日記(やまおんなにっき)/湊かなえ』

湊かなえさんの本を読むのは初めて。近頃は小説を読むことが以前よりも少なくなっていたのですが、題名に惹かれて読みました。

私、山ガールだったんです!

…っていうか山ガールって死語?今は「ガール」って歳でもないけれど、山に頻繁に登っていたときは確かにガールでした。

こんなはずではなかった結婚。捨て去れない華やいだ過去。拭いきれない姉への劣等感。夫からの切り出された別離。いつの間にか心が離れた恋人。…真面目に、正直に、懸命に生きてきた。なのに、なぜ?誰にも言えない思いを抱え、山を登る彼女たちは、やがて自分なりの小さな光を見出していく。新しい景色が背中を押してくれる、感動の連作長編。

様々な想いを抱えて山を登る女性たちの話が短編のように描かれているけれど、すこしずつ絡み合ってひとつの小説になっています。

妙高山、火打山、槍ヶ岳、利尻山、白馬岳、金時山、トンガリロ、涸沢(カラフェス)。魅力的な山々。

私が山を好きになったのは山を走り始めたのがきっかけでした

↑懐かしすぎる………8年くらい前

京都の山を走っていた私が登山に踏み出すきっかけになったのが小説に出てくる「カラサワフェスティバル」。1人でツアーに参加して、涸沢カールの会場で先についているお友達と合流。(友達とは会場でだけ一緒)

日本でもこんなキレイな景色にであえるのか!と感動して山に登るようになりました。


弾丸日帰りで長野まで行って登ったけどガスってて何もみえなかったり…


富士山に登頂したものの…酷い高山病でもう二度と登らないと誓ったり…


長野出張の際には山道具を持参して隙あらば登りにいったり…(この写真もガスってる…)

まぁとにかくいろんな思いでがあります。

黙って歩いていると、自分の世界に入り込む。そこで自然と頭の中に浮き上がってくるのは、その時に心の大半を占めている問題だ。自分の足で一歩一歩進んでいると、人生だって、自分の足で進んでいかなければならないものだと、日常生活の中では目を逸らしていた問題についても、まっすぐ向き合わなければならない気がしてくる。

応援してくれる人がいても、手を差し伸べてくれる人がいても、結局は自分の足で歩かなければ頂上にはたどり着くことができない。「誰が」ではなく「自分で」歩くしかない。立ち止まるのも、戻るのも、進むのも全部自分次第。人生も同じだよな。

山を走ったり歩いたりしているときによく考えていたことを思い出させてくれました。

最近は里山歩きが多いので、普段とは違う景色を見せてくれる山に今年は登ろうかな。

山を登ったことがある人なら山の描写に胸を躍らせ、登ったことがない人も彼女たちの抱える想いに共感できる内容。重くなく、気軽に読める本でした。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

インスタントラーメンをご馳走にする魔法

You are what you eat. 「食べたモノが自分を作る」 というのがまったくもってそのとおり。

そうなんだけれど……それと同じくらい大切なことは「どんな気持ちで食べるか」ということ。

昔から、どれだけ身体いいいものであっても苦痛に満ちた気持ちで食べたものよりも、幸せで感謝の気持ちで食べるインスタント食品の方が身体の栄養になるだろうと思っています。(根拠、証拠を探してないですけど…)

先日、朝ごはんを食べるために宇治から1時間半かけて大阪河内長野まで行ってきました。

dav

山の中は寒くて、ピリっとした空気の中、歩を進めていった先にお目当ての滝

dav

夏はキャンプや水遊びの人たちでにぎわうこの場所も12月の寒い季節は貸し切りです。

sdr

バーナーを出して、朝ごはんの準備です。

この日のメニューはインスタントラーメンとおにぎり。決して身体に良くて健康的!とは言えない(笑)

dav

でもね、すんごい幸せなんです。「あぁ美味しいなぁ。幸せだなぁ。ありがたいなぁ」ってかみしめながら食べました。超ご馳走!!

「身体に良くないから絶対食べたらダメなのにっ!」とか「あぁ…こんなのたべちゃった…どうしよう…」とかそんな気持ちで食べると、その気持ちが身体の細胞に伝わって、栄養もちゃんと使われないだろうな…というのが私の考え。

食べる相手、食べる場所、周りの環境…その時の自分の体調。何を食べるかと同じくらい大切で、食べているときの気持ちは自分を作ってくれているんです。

edf

熱燗で日本酒をチビチビ幸せそうに飲んでいる夫を見て、私まで幸せな気持ちになりました。

edf

私は下戸&ドライバーなので、ホットココアでほっと一息。

dav

滝のしぶきがとっても冷たかった。

五感を使って自然を感じながらのごはん。インスタントラーメンをご馳走にする魔法です。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

【キャンプの記録】鳥取浦富海岸/牧谷キャンプ場

とってもきれいな海が鳥取県にあるらしい。その名は浦富海岸。

そんな情報をキャッチして、さっそく行ってきました。
※地図や詳細は記事の最後に載せています

キャンプ場は浦富海岸のすぐ近く、牧谷海岸のキャンプ場。予約なしで当日場所が空いていればテントを張ることができます。砂浜だけでなく、海が見える草地もあるので早めに行って良い場所をゲットしましょう。

…といいつつも、チェックイン時間もチェックアウト時間もありませんので、運しだいです。(前日から連泊でキャンプしている人もいるかもしれませんし…)

DSC04779

到着が遅くて海が見える場所ではありませんでしたが、草地のスペースを確保。

DSC04781
入口に受けつけのおじさまたちがいらっしゃるので、駐車料金はこちらに支払います。キャンプの受付は事務所へ。

駐車料金 1,000円/日
キャンプ 3,000円/張り/泊 (3~4人用テント)

↑タープ込みの値段でした。

DSC04782

すぐに海。海岸への入り口のまさにこの写真の場所に洗い場とトイレがあります。

DSC04784

SUPやらカヤックやら。

キャンプに来られている方々でした。マリンスポーツをする人は海キャンプ楽しいでしょうねー

さ、海キャンプの醍醐味と言えば海の幸!!近くに道の駅があるので新鮮な魚介をゲットしていただきます。

DSC04777

↑ちょうと1周年のイベントをやっていたので、調理してもらえました。まぐろのカマを勢いで購入したものの大きすぎて困っていたのでよかった…

美味しくて、安くて…たらふく食べました。食べるのに必死で写真はなし。

夜は温泉へ。

20160717_181901

キャンプ場にある海の家にホットシャワーがあるのですが、せっかくなら温泉を楽しみましょう。

源泉かけながしの岩井温泉。310円。安いっ!!!

キャンプ場から車で15分ほど。

温泉も道の駅もスーパーも近くてとても便利なキャンプ場でした。

DSC04812
草地の海が見える場所はこんな感じ。ここにテントを張ったら海も見れるしいいなー

DSC04814

この岩までは浅瀬で歩いていけました。そして魚がいっぱい!!飛び込んだりしている人もいたなぁ

DSC04816

ほんとにきれいな海です。

久しぶりに海でこんなに遊びました。それもこれも綺麗な海のおかげ!!

鳥取県岩美町ではカヤックやSUPのガイドもあるので、次回は挑戦したいと思います。

キャンプ楽しい!!

※浦富海岸って調べていったのに、牧谷海岸だけで満足してしまいました。他にもたくさん綺麗な海岸があるそうですよ!

岩美町のキャンプ場は>>こちら<<をチェック!

◎牧谷キャンプ場◎

駐車場収容台数 120台
駐車場料金 1日 1,000円
1泊 2,000円
浜茶屋(売店) 1軒
トイレ 1ヶ所
更衣室 3室
シャワー(温水) 5室
シャワー使用料金 200円(2分)
バーベキュー 有料:1,500円
キャンプ
タープ なし
テント 使用料:一張り3,000円
レンタル用具  
開設期間 平成29年7月14日(金)
〜8月20日(日)
連絡先 牧谷観光センター
0857-73-1863
上記期間のみ
住所 鳥取県岩美郡岩美町牧谷

↑HPの情報です

◎岩井ゆかむり温泉共同浴場◎

 

ホームページは>>こちら<<

開館時間 6:00~22:00[年中無休]
料金   中学生以上:310円 小学6年生まで:160円

◎道の駅 きなんせ岩美◎

ホームページは>>こちら<<

海鮮が安くておいしいですよ!


京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

別ブログ⇒  http://nonaiyoga.hatenablog.com/
(ヨガ本(英語)を読んでブログ書いてます)