【ヨガ・日々のこと】心ってなんだろう?「子ども科学電話相談」

こんにちは!UjiYogaHouseの人、Sachikoです。

「夏休み子ども電話相談」というラジオ番組が大好きです。※この冬は「冬休み子ども科学電話相談」もやっています。

『冬休み子ども科学電話相談』は、小中学生のみなさんの科学に対する疑問や興味にこたえる番組です。りっぱな(?)質問でなくてもかまいません。ふと、頭に浮かんだ謎、素朴な質問でも大丈夫です。夏休みの午前中、ぜひお子さんとご一緒に番組をお楽しみください。

<冬休み子ども科学電話相談ホームページより>

子どもの疑問の純粋さに「当たり前」と思わずにいろいろな視点を持つ大切さを知り、各専門の先生たちの答えにまだ知らない世界を知ることの愉しさを教えてもらっています。

<<1月4日(木)のロボットの先生に対しての質問から>>
質問「ロボットが心を持つようになるには何が必要ですか?」

先生は答える前に、そもそも心とは何なのか?自分の心は何なのか?という質問から始めました。そして自分以外の人の心はどうやってわかるのか?

お友達の答えは「言ったことや表情」

先生「言葉や表情といった表現の集合体を心と呼んでいるのかもしれないね。」「ロボットの開発は人を知ることでもある」

*******
心って何なんだろうね。

心って感情なのかな。

感情ってどこからくるのかな。

なんで悲しいとか嬉しいとか感じるのかな。

どうして感じることができるのかな。

「心=マインド」は働き(特徴)があり、アンタッカラナと言われる知覚器官(物質的な器官ではなく機能)に対してより内側にある器官。

働きや機能って何なのかを考えていくと経験(体験)することのよって作り上げられたもので、やっぱりそこには本質はそこにはない。

心って何なのかなー

自分って何なのかなー

「子ども電話相談」を聴きながら考えてました。

「空はどこからが空なんですか?」

昔の放送でこんな質問がありました。みなさんならどう答えますか?

答えるのが難しいような質問を避けることなく答えてくれる「子ども電話相談」が好きです。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

 

【日々のこと】ティーンのような2017年

年末感があまりありません。こんにちは!UjiYogaHouseの人、Sachikoです。

年末感はあまりなくて、2018年の抱負とか聞かれてもパッと出てきません。(誰にも聞かれてないけど)

年末感はないとはいえ、2017年を少し振り返ってみようかな…とこの1年を回想していると

ティーンエイジャーのような1年だったな…

と思いました。

キラキラと輝かしく、淡い恋心なんかを抱いているような「THE青春」ということではありません。

「何故生きているのか」「どうして生まれてきたのか」「人間って何」「私は誰か」

そんなことをことあることに思慮した1年でした。

……………はっっ!!!!もしやこれを中二病というのでしょうか??40歳が目の前に迫ってきているのに中二病。。。。

私が「なんで生まれてきたんやろなぁ」というと「それはティーンのときにかんがえることやで!」と夫。(夫は考え抜いて自分で結論を出している)

人はティーンのときにこんなことを考えて考えて考えているですか。Jリーガーにうつつを抜かしていた私はさっぱりそんなこと考えなかったよ。

私が悶々と考えるその答えはヨーガの勉強で何度も聞いています。だから知識としてはあるんです。

でもね…

知っているのと、知識と私が一体化するのは全くの別物なのです

その知識が一体化するように2018年もティーンのように悩み、ヨーガの勉強を続け、経験していきたいと思います。

基本スタンスは変わらず「自分の機嫌は自分でとる!」

機嫌の良い時間が1分1秒でも長くなりますように~

↑大爆笑しすぎ

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

 

【パンのこと】楽健康酵母のくるみパン

んにちは!UjiYogaHouseの人、Sachikoです。

絶賛、楽健寺酵母でパンを焼く練習中
【関連記事】
【パンとかヨガとか】楽健寺酵母/製パン技術以上に大切なことを教えてくれるパン教室


↑楽健寺酵母

パン教室に行ってからお家で基本のまるパンを練習していますが、全然思うように焼けないっ!


↑これは教室で焼いたまるパン

酵母は「菌」です。我が家にすでにいる「菌」たちと調和をとって育った酵母は、先生のお家の酵母ではまた別物で…私の酵母たちが私の家という環境でどう伸び伸びと発酵してくれるかは、誰も教えてくれるわけではなく、自分で感じていかないといけないとつくづく感じました。

だって、教室と同じようにやって(るつもり)ても別物ができるんだもん。

まるパンが満足に焼けるようになったわけではないけれど、気分転換に別のパンを焼きました。

全粒粉のくるみパン

上手くいったんじゃない?ね?ね?????

12月の室温で(たまにストーブ付けてた)1次発酵12時間、2次発酵8時間とのんびりなパンつくり。

イーストと違って発酵がゆっくりだし、発酵のピークも長いので発酵中はほったらかし。

就寝中に2次発酵。起床して焼成。焼きたてパンを朝ごはんにしました。

楽健寺酵母のパンは腹持ちが良いし、パンを食べた後の身体が膨らむ感じがないのが特徴。(私調べ)

どうせパンを食べるなら、自分好みのパンがいい!

ぷくぷく膨らみたくない!(←太りたくない)

まだまだ思うように焼けない楽健寺酵母パンだけど、仲良くなる過程を愉しもうと思います。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

【宇治のこと】刺繍クラス「縫うの時間」に参加してきた

裁縫のセンスは微塵も持ち合わせていません。こんにちは!UjiYogaHouseの人、Sachikoです。

ずっとやってみたいと思っていながら、日程が合わずだった刺繍のクラス「縫うの時間」に参加してきました。

裁縫のみならず、モノづくりのセンスとかないし、丁寧に積み重ねることが苦手なのですが「やってみたい」という気持ちはあります。

やってみたいからやる。それだけ。できるできないは二の次。

こちら先生の見本

か、かわいい…

かわいい…

かわいいやないかーーーーーーい!!!!!

初回クラスで習ったステッチで作れるんです。

作れるんです…

作れるんですけどね…

↑私の第1作目

作れるはずなんだけど……どうも想像と違うので遠目から見ることにしました。

でもでも、この不器用で不揃いな感じが味がでててええやんっ!!!←スーパーポジティブ

………2作目は出来上がりを急がずに丁寧に縫おう。

↑もちろん先生の作品

先生が

「努力は必ず報われます」

と、AKB初代総監督高橋みなみさんバリにおっしゃってくださったのでチクチク練習しようと思います。

寒い冬は家に籠ってチクチク。これは楽しいな。

教室には猫が2匹!!!猫好きな私は大興奮!!幸せ~~

■やさしくって、カワイイAiko先生に刺繍を教えてほしい人はこちら↓↓
Aiko Miyauchi HP

教室の案内をすぐ見たいっ!って方は>>こちら<<

教室は宇治黄檗ですよ~~◎

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

【日々のこと】苦手と嫌いは違う

こんにちは!UjiYogaHouseの人、Sachikoです。

先日、こんな人は「苦手」という記事を書きました。

【関連記事】
【日々のこと】こんな人は苦手です

「苦手」なだけであって「嫌い」ではありません。

しかも、感情的に怒る方の怒りの矛先が自分にくるのが苦手なのであって私に関わっていなければ苦手ではありません。

「苦手」と「嫌い」は必ずしも等しいわけではないですし、「得意」と「好き」も必ずしも等しいわけではありません。

例えば私は「ミミズ」が苦手です。素手で触れと言われれば、ためらいます。

でも「ミミズ」は嫌いではありません。畑でミミズをみかけても知らんふりでそのまま耕しています。

しかしながら、「カエル」は苦手であり「嫌い」です。絶対に触れません。今思い浮かべただけでも震えています。

もし、今同じ部屋にカエルが居たら動けないです。しらんふりもできない。「嫌い」が故に注目してしまいます。

「好き」の反対は「嫌い」ではなく「無関心」というのがよくわかりますね。「好き」も「嫌い」も執着です。

「嫌いだーーーー!!!」って避けようとするが故に注目してしまう。「嫌いならほっとけばいいのに…」と思うくらい嫌いなものに粘着質になるのはそういうことです。

「嫌よ嫌よも好きのうち」=どっちも執着だってこと

で、苦手なタイプな人は、苦手なんだけど別に避けようともしていないし、その方のその性質をそのまま受け入れます。

できれば私の周りは(いや、周りだけでなく全世界が)平和であればいいんですけど、そうはいかないときもあります。

そんなときにいかに自分の心を平穏に保てるか。感情が高ぶっても我を忘れることなくコントロールできるかどうかってのは私の問題。

苦手だからといって嫌いではないんですよ。

山登りは好きだけど、登りは苦手です。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

【日々のこと】こんな人は苦手です

苦手なタイプは横柄な態度な人と感情に任せて怒る人。こんにちは!UjiYogaHouseのSachikoです。

幼い頃からお店のレジで店員さんに対して、酷くいばってモノを言っている人を見るととても嫌な気持ちになったものです。

「バスを降りるときは運転手さんに「ありがとう」と言うんだよ」と小さい頃に母に教わった私はバスの運転手さんに「ありがとうございます!」と元気に言ってました。だからもちろんどのお店の人にも「ありがとう」というものだと思っています。

ありがとうと口にしなくても、心で思っているのであれば態度にでてもよさそうなもの。あたりまえだと思っているから「有難く」ないんでしょうね。

 

■想像力がたくさんの感謝を生む⁉
「ありがとう」の気持ちが少ない人は想像力がすくないのではないかと考えます。

例えば、私が今ブログを書いているパソコン。かれこれ1年くらい使っているから当たり前の存在になりつつはありますが…創造力を働かせてみると…

①このパソコンを企画した人
②パソコンのプログラミングをした人
③部品を作っている人
④部品を組み立てている人(ロボットならそのロボットを作った人)
⑤販売の経路を作っている人
⑥営業の人
⑦注文した夫
⑧配達してくれた人
⑨電気を供給してくれている人たち
⑩電気発明したエジソン




※もっと出てくるけど、この辺でやめます。

想像力を働かせると「すごいなー」「何一つとしてあたりまえなんてないなー」と感謝しまくりです。

もちろん自分の体がこうして動くこと呼吸していることも奇跡的だなと

だからちょっと感謝の気持ちが少なくなってきたかなと思ったら、想像力を働かせてみる。ただ歩いていても感謝できることが山ほどでてきます。

■心=自分じゃない
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

どれだけ偉く(と自分が思っていても)なったとしても謙虚な気持ちを忘れないでおくことです。

私は偉くもなんともないけど頭は垂れっぱなし。

不平不満や批判を感情的にぶつけるよりもまずは感謝の気持ちを持って、建設的に話したい。

心の手綱を握っているのは私。心が勝手に暴れて感情的に意見すると相手も自分も気分がよくないですよ。

だから私は感情に任せて怒る人苦手です。

とか言ってる私も昔は随分と感情に振り回されてたっくさん怒りました。今も感情に振り回されそうになるときはグッと手綱を握ります。それでも振り回されたときは「やっちまった…」と反省。

「人間だもの」

失敗することだってあるし、未熟だからしょうがない。

自分にとっても周りの人にとっても、良い人になる努力は怠りたくないです。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

 

【日々のこと】カッコイイからという理由だけでやりたい「倒立」

こんにちは!UjiYogaHouseの人、Sachikoです。

UjiYogaHouseではインドの伝統的なヨーガである「シヴァナンダヨガ」をベースにヨガクラスを行っています。

シヴァナンダヨガのアーサナ(ポーズ)クラスは12個の決まったポーズを順番に行います。

そのトップバッターがキングオブアーサナの「ヘッドスタンド」(シルシアーサナ)
※クラスでは順を追ってポーズを行うのでいきなり完成形まではいきませんのでご安心ください。

ヨガ初心者の私は、初めてシヴァナンダヨガのクラスに出たときヘッドスタンドを見て思わず二度見。

「何やらすねんっ!」

と思いながらも、挑戦してみると先生にサポートしてもらいながら足が上がったんです。ポーズのあとはすんごいスッキリ。

その後のクラスでは全然できなかったんですが、ヘッドスタンドの後の気持ち良さと「なんか知らんけどカッコイイ」という気持ちは私をヨガの練習へと向かわせてくれました。

本来のヨガのポーズの役割が何たるかを理解した今は「ポーズのできるできないに固執する必要はない」ことを知っています。

自分の勝手な思い込みでポーズの出来不出来を判断し何か(良し悪しとか)と紐づける必要はありません。

でも…

「なんかカッコイイからやりたいねん。できたからってどうかなるとかないねんけどやりたいねん。」

ってことありません???

私はあります。

 

Sachiko.Kさん(@kiri_sachi)がシェアした投稿

倒立がしたい

ピョコピョコ跳んでるけど、最終的には体操選手みたいな倒立がしたい。

倒立をする意味?

できたらカッコイイから

ただそれだけ…

無意味と言えば無意味だけれど、「自分がカッコイイと思うことをしてカッコイイ自分に惚れ惚れして自信をつけたい」という意味があると言えばある。(倒立ができなくても自信がないといういうわけではありません)

もともと、身体も硬くて、運動神経も良い方ではなく、泳ぐこともできないし(←関係ない)、下戸だし(←もっと関係ない)…そんな私が身体の使い方を練習してどれだけ自分のイメージどうり身体を動かせるようになるのかが楽しみです。

 

Sachiko.Kさん(@kiri_sachi)がシェアした投稿

反動を使わずに倒立(ハンドスタンド・アームスタンド)をするのに比べると、ヘッドスタンドは高い柔軟性は必要ではないし(とはいえ、柔軟性を補おうとムリすると首に負担かかるよ)やりやすいよね。

【ヘッドスタンド関連記事】
ヘッドスタンドの練習方法を分解して考えてみる①<心の準備編>
ヘッドスタンドの練習方法を分解して考えてみる②<身体の準備編柔軟性>

ヘッドスタンドの練習方法を分解して考えてみる③<身体の準備編筋力>
ヘッドスタンド(頭立ち)が簡単な理由

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

【日々のこと】すぐ得られる情報を鵜呑みにしない。咀嚼して消化する。

こんにちは!UjiYogaHouseのSachikoです。

ヨガについてや身体について、みなさんにお伝えしたいと思うことはたくさんあるのですが、どうも筆(タイピング?)が進みません。

いくつか書いては下書きにしまっています。

というのも、ネットやテレビ、新聞…目にしている情報が正しいのかどうかということに疑問を感じるとこれがもう…ドツボにはまってしまいまして…

ヨガ(ヨーガ)の勉強をする上で盲目的に信じることなく、自分できちんと体験して授かった知識が自分のものとなることを大切にしています。

自分が体験したことや、感じていることは紛れもない事実。

しかし体験するようなことではないこと、例えば「ある言葉の語源」を書こうとしたときにピタっと筆(タイピング)が止まりました。

念の為にと調べると、なんか微妙に違う…

それではとまた別の書物を調べると…なんかよくわからん…

ドツボ。。。。

サンスクリットの文献を読める能力もなけりゃ、英語の文献だって読めない。

ここでお手上げで下書き行き。

結局言葉の語源なんかも自分で体験することなのかもしれない。

万人が共通して体験できる絶対ってない

人の悪口や不満を聞いても、それはその人の事実や正義であり、別の方向から見ると違うからなーって思うから鵜呑みにはできないし、正直私にはどうでもいいことだと思っています。

そこには〇〇さんが××さんに△△されて嫌だったという事実はある。けれどだからといって××さんが嫌な奴とはかぎらない。

だから私に「××さんハミゴにしよ」とか言うても無駄です。「そうかー。あなたはそう思っているのね。相手がそんな態度で悲しかったんだねー」と思うだけ。(大人になったらそんなん(ハミゴしよとか)言われることないですけど)

※ハミゴ=仲間外れ

話がずれたけど、膨大にある情報の中には純粋な事実だけでなく、発信する側のフィルターを通っているモノが多々あるのでそれが混乱させられる原因だということ。誰が発信しているのかっていうのは大事。誰から教わるか、誰から聞くのか。

ヨガの話の中にも間違った情報が雑誌や本に載っているとそのままどんどん拡散されてしまう。

だから私はできる限る、正確で自らの体験を元にお話したいと思っているんだけど…まだまだ勉強不足で筆が止まってしまうんだな

スッと出された情報を鵜呑みにせずに、咀嚼して消化する。いらないものは排泄するし、必要なもの私の血肉となる。

まだまだ知らないことばかりだ…と思っていると、既に知っていることを見落としてしまいそうです。いかんね。

UjiYogaHouseに来てくださる人だけでなく、このネットを通じてまだお会いしていないあなたにも誠実でありたいと思っているのですよ。

おほほ(←お上品に締めてみました)

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

【日々のこと】宇治で休日を過ごすなら

休日に自分の好きな過ごし方ができたら、すんごいやり切った感があります。こんにちは!UjiYogaHouseの人Sachikoです。

今日は何も予定がない休日。ということでSachiko的宇治の大好きな過ごし方をしてきました。

まずは、RAKUCAFEさんでモーニング。

家から2.4キロくらいの距離なので、ランニングを兼ねて小走りであっという間に到着。

ずっと食べてみたかったベーグルオープンサンドを注文

ドリンクはIWASHICoffeeさん(深煎り)

ガブリとベーグルサンドを食べながらスケジュール帳を広げて考え事をしたり、読書をしたり。

RAKUCAFEさんのモーニングがお気に入りの理由は、食事もドリンクも美味しいのはもちろんのことこの落ち着ける空間。

一人でゆったりと過ごすのにピッタリ。落ち着いて思考を巡らすことができ、店を後にするときにはスッキリしています。

RAKUCAFEさんを後にしたら、すぐ裏にある大吉山へ。

緑の中にいると、細胞レベルで喜んでいるのがわかります。←ブルゾンちえみ…

風の音や、空気の肌触り、太陽の暖かさや、鳥の声。

自然のちょっとした変化に、注意を向けられなくなっているときは私の中では危険信号。かなりいっぱいいっぱいになると、移り変わる季節を感じられないんです。

そういうのってもったいない。

いつでも「わぁ!」と日々のちょっとしたことに感動できるようにしておきたいからヨガしてるのかもね。

一部分だけ紅葉が始まっていてニンマリ。秋が来てるね~

展望台で野鳥に餌やり

もうね!この瞬間幸せ!可愛い!!

幼稚園の遠足と出くわしたので、小さなお友達に餌を渡しました。

小さい手で一生懸命前に出して、みんなが静かに待っているの姿が可愛くてたまらなかった!

今日、お家に帰ったときに家族に「鳥に餌をやった!」ってお話しするんかな、って思うと幸せ過ぎてスキップしながら山をおりました。

おいしいもんと、読書と考え事と、自然と動物と子ども。

好きなもんがたくさんの休日。

遠くに行かなくても、自分の見方や遊び方次第でどれだけでも楽しめる。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

 

【パンとかヨガとか】楽健寺酵母/製パン技術以上に大切なことを教えてくれるパン教室

こんにちは!UjiYogaHouseのSachikoです。

こう見えて私、レーズンから酵母を起こしてパンを焼いていました。

その昔、パン教室に通っていたときに大量のバターや卵に驚いて、もっとカラダが喜びそうなパンを焼きたいと思い、自分好み(卵、バター、牛乳を使わない。イーストでは天然酵母を使う)のパンを独学で焼き始めたんです。


手前の豆乳クリームパンは絶品!


シナモンロールとか


ベーグルとか…

とにかくいろいろ焼いてました。

焼いてたんです。焼いてたんですが…

かれこれ1年半はもう自家製酵母で焼いてないと思います。(お手軽な白神こだま酵母なんかでは焼いてました)

最近パンを食べる機会が増え、買うんならやっぱり焼こうと思ったときに焼いてみたいと思ったパンが「楽健寺酵母」のパン。

楽健寺酵母はにんじん、りんご、ながいも、ごはんから作る酵母です。この酵母(食品微生物)の働きによってパンがふっくらと膨らみます。いわゆる発酵ってやつです。

発酵食品といえば、納豆やみそ、醤油、漬物、日本酒、焼酎…………日本人の生活にはおなじみです。

私が初めて「楽健寺酵母」のパンを食べたのはヨガ講師養成コース(TTC)の同期であるあゆみちゃんのパン。


なんとも優しくて、旨味たっぷり!

もう一度パン焼きをスタートさせるために、あゆみちゃんの元にパンを習いに行くことにしました。

■菌の使い手・かもしかあゆみ
菌の使い手かもしかあゆみこと、あゆみちゃんのパン教室はただのパン教室ではありません。

パン作りを通して、目に見えない微細な世界のことを知る教室です。

そしてその微細な世界は、私たちが目にしている(五感で捉えらえる)世界そのものでもあります。まさにヨーガ!!!

パン焼きを通してヨーガを学ぶ!

凄いよね。パンを焼いて、心の在り方を知る…。そして何よりも美味しい。←重要

酵母菌は生き物なので、美しい音(波動)に触れさせると喜んで働きます。快適な環境を作ってあげるとスクスクと発酵してくれる。

人間だって同じ。人間のカラダは60兆個の細胞でできていて、その細胞が喜んで働けるような環境を作ることで、体内の調和を保たれ、毎日が快適になる。

結局一緒なんです。ぜーーんぶ。

■食べることから何を感じるか

パン生地の作り方や捏ね方、生地の丸め方や成型の仕方を教えてもらった後はお待ちかねのおひるごはん!


パンはもちろんのこと、重ね煮とかぼちゃのスープもブロッコリーの胡麻和えも絶品!

超絶美味しいお塩とアルガンオイルも食べて感動の鳥肌が立ったり、みんなとのお話でたくさんの気づきがあったりとお昼タイムも充実。

目の前にある食べ物を見て何を感じるかというのは人によって違うけれど、この食べ物が私の元に来るまでに関わった人達や、食材そのものいのち。命をもらって自分の命に変えていくことを感じ取れることができれば、食への向き合い方がかわってくると感じさせてくれる時間でした。

■小さな世界と大きな世界。みんな一緒
みんなで焼いたパンがどんどんオーブンから出てくると、幸せな香りに包まれます

たくさん焼いたパンはお土産に。

楽健寺酵母もわけてもらいました。

UjiYogaHouseにすでにいる常在菌と楽健寺酵母が出会ったら、どんなパンが生み出されるのか今から楽しみです。

菌と仲良くなって、美味しいパンが焼けるようになったらみんなに食べて欲しいな。


我が家の楽健寺酵母さん。元気に発酵中!!

五感で捉えられる世界だけでなく、微細な世界を感じ取ることで、私たちの生活はより豊かになる。

パン焼きを通して大切なことを教えてもらいました。

そんなパン焼きをしてみたい!と思った方は
神戸市須磨区 不思議と人生楽しくなる天然酵母のパン教室へ!

私が参加した教室の記事は>>コチラ<<

微細な世界は私たちの身体の中にもあります。心の動きや身体を作っている細胞たち。

そんな微細すぎて普段は忘れてしまいそうなモノを感じ取る練習をヨガを通して私はしています。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse