【本のこと】窓ぎわのトットちゃん

日本のドラマはほぼみませんが、海外ドラマはビックリするくらい見ています。こんにちは!UjiYogaHouseのSachikoです。

日本のドラマはあまり見ないといいながら2017年秋は昼ドラにどっぷりはまっていました。

黒柳徹子さんの半生を描いた「トットちゃん」


テレビ朝日HPよりお借りしました

昼12時から「徹子の部屋」があってその直後に「トットちゃん」

ということで「徹子(トット)の前は、徹子。徹子のあとは、徹子(トット)」

このドラマが終わったあとに「トットちゃんロス」になった私。

トットロス解消のためにトットちゃん本を読みました。

「窓ぎわのトットちゃん」黒柳徹子

ドラマを見る前から大ベストセラーということは知ってました。しかしどうも手が伸びなかった。

なんやったら「長くつ下のピッピ」とごっちゃになってた。

「きみは、ほんとうは、いい子なんだよ!」小林宗作先生は、トットちゃんを見かけると、いつもそういった。
「そうです。私は、いい子です!」
そのたびにトットちゃんはニッコリとして、とびはねながら答えた。

トモエ学園のユニークな教育とそこに学ぶ子供たちをいきいきと描いた感動の名作。

トットちゃんのドラマをみていたので、トモエ学園時代のおはなしのエピソードはいくつかでてきていました。

最初の小学校では手が終ないと退学になったトットちゃん。(トットちゃんは自分が退学になったことを知ったのは大人になってから)

初めてトモエ学園に足を踏み入れた日の事。「この学校の生徒になりたい!」というトットちゃんに校長先生の小林宗作先生は「きみの話したこと全部お話してごらん」と言いました。

トットちゃんは嬉しくてあれもこれも…すべて話し終わったときに「じゃ、これで、君はこの学校の生徒だよ」と大きな手を頭にのせていったのです。トットちゃんが話し始めてから4時間がたっていました。

このお話からもわかるように、小林宗作先生は子どもを型にはめるのではなく、個人の「いい性質」を見つけのばしていくことで個性の光る人に育てようとされていました。

トモエ学園で過ごすトットちゃんやその仲間たちのエピソードの中に小林宗作先生の想いがたくさんつまっています。

『校長先生が、自分のしたことを、怒らないで、自分のことを信頼してくれて、ちゃんとした人格をもった人間としてあつかってくれた』ということがあったんだけど、そんな難しいことは、トットちゃんには、まだわからなかった。


残念なことに物語は後半に進むにつれて、戦争の色が濃くなってきます。

テレビで見る天真爛漫な黒柳徹子さんの土台を知るとともに、こんな子供時代を過ごしていなくてもいつまでたっても「sence of wonder」(ワクワクする心、神秘さに気が付く心)を忘れないでおきたいと思わせてくれる本です。

題名である「窓ぎわ」は「窓ぎわ族」(日本の企業や団体の職場において閑職に追いやられた、主に中高年の社員・職員を指す言葉)と同じ意味でつかわれていたことに驚きました。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

 

【つくる会】3月8日(木)おはしをつくる会

【毎日使うお箸を自分の手でつくりませんか?】

自分の手から生まれたお箸で食べるご飯は今よりさらに美味しく感じるだろうなぁ

そんな想いから2016年におはしをつくる会を開催しました。

▼前回の様子はこちら▼
繋ぐ「箸」~手づくりお箸教室開催しました~

前回作ったお箸は今も毎日使っています。

やっぱり自分で作ったお箸は良い!

だからまたみんなと作りたい。つくろう!ということで「おはしをつくる会」やりますよ。

講師は笑顔もお話しもとっても素敵でお会いして一瞬でファンになった方
トナリ木工の川口なおこさん 

つくる楽しみ、使う楽しみ。

愛着のあるものでニコニコ笑顔で食べる毎日のご飯タイム。つくる前からワクワクしますね。


20151211_154828-01

おはしをつくる会

■日時: 2018年3月8日(木)
10:00~12:30くらいまで

■場所: UjiYogaHouse
    宇治市天神台(詳しい住所はお申し込み後お伝えします)
    ◎JR宇治駅徒歩16分/JR小倉駅徒歩12分
   ※お車の方はコインパーキングをご利用ください

■料金: 2,000円 (税込)  <材料費込み/お茶とおやつ付き>
   (1人1膳つくります)

■持物: エプロン、筆記用具
※木くずがつきますのでエプロン持参もしくは汚れても良い服装でお越しください

■定員: 7名

■講師:川口なおこさん(トナリ木工)

▼お申込みはこちら▼

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

 

【日々のこと】劇団四季「オペラ座の怪人」で観劇デビュー

ミュージカル「アニー」のアニー役オーディションのドキュメンタリーをみて号泣します。こんにちは!UjiYogaHouseの人、Sachikoです。

38歳と約7か月にして観劇デビューしました。(私が出たわけじゃない)

劇団四季『オペラ座の怪人』

…観劇デビューと申しましたが、実は過去にオペラ座の怪人を見たことがあります。

ラスベガスで←めっちゃかっこいいやん!


(ラスベガスの劇場/画像はお借りしました)

見たんです。見たはずなんですけど………

ほぼ寝てたからまったく覚えてない。。。

<言い訳>
①ラスベガスに着いたばかりで時差ボケしてた
②全編英語聞き取れない
③あらすじを知らないから余計に理解不能
④照明・気温…すべてが心地よい

ということで、今回が「初オペラ座の怪人」と言っても良いのです

■初めての劇団四季
まったく初めてですの、キャストの名前を見てもよくわかりません。

しかし会場の雰囲気に否応なしに期待がたかまります。

■さて、感想は…


画像は劇団四季HPよりお借りしました

ちなみに私は声楽のことも、ダンスのこともまったくわからないうえに、芸術のセンスはこれっぽちも持ち合わせておりません。

なので、わかりません。本当にわからないんだけど

理屈なしですごいーーーーーーーーってなってる

なんかわらかんのに(物語とは関係なしに)じわっと涙がでる。

そしてなぜが主役(?)ではない、メグ・ジリー役の黒柳安奈さんに釘付け。ここにも理屈なんてない。

ファントムの愛情表現が屈折しすぎて「なんでやねんっ」ってツッコミたくなる気持ちもあるんだけど、切ないね。

にしても、舞台上で起こることを一度に隅々までみることはできないし、歌詞も全部聞き取れないから同じ演目でも何度もみたくなる。

キャストも変われば雰囲気も変わるんだろうなー

■人生に新たな色を
私には縁がないと思っていた「観劇」の世界。

おもいきって一歩踏み込んでみると、新しい楽しみが見つかり人生にまた色が加わりました。

食わず嫌いは良くないね。

私に観劇の良さをお話してくだった方や、「私も見に行ってきたよ!」とお話してくださる方。

そんなみなさんのおかげでまた私の経験が広がったよ~。

また見に行きたいな。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

 

【私のこと】「産む」ということ

「はじめてのおつかい」というテレビ番組を数分(ほんの数分!)見ただけで号泣してます。こんにちは!UjiYogaHouseの人Sachikoです。

私達夫婦には子供がいないのですが、子どもが居たら大変なこともたくさんあるけれど夫婦2人では味わえないとてつもない感動を味わうことがあるんだろうなぁと「はじめてのおつかい」を数分(繰り返しますがほんの数分です)見て考えていました。

過去にブログをアップしたあとにすぐに「非公開」にした記事があります。それは「産む」について考えた記事でした。

なんで非公開にしたのかも今となっては思い出せないのですが、自分の中での結論がまったくでないままで考えていることを書いたので不安になったからかもしれません。

子どもが居ないことは、娘が産んだ子を楽しみしている母には悪いことをしたなっていうのは思うけれど、娘(私)が笑顔で幸せに生きているんだからそれでいいじゃないか!とも思っています。(←開き直りともいう)

さて、先述した「非公開」記事。今読み返すと、非公開にするの理由も見当たらなかったのでせっかくなので公開します。

過去の自分が考えていたことに触れて、過去の私から今の私への手紙を見つけたみたいでちょっとドキっとしました。


↓↓↓↓↓↓ココから過去非公開にした記事↓↓↓↓↓↓

一般的な概念からすると私は「不妊」です。

「不妊」とは、妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、一定期間妊娠しないものをいいます。日産科婦人科学会では、この「一定期間」について「1年というのが一般的である」と定義しています。

「産む」ってことについては何度も書こうとしたのだけれどうまくまとまらずにずっと頭の中でグルグル考えていました。今もそうなのですが、頭を整理するためにも書いてみようと思います。

■結婚できなくて悩んでいたころ

33歳。独身。彼氏なし。会社を辞めて職なし。

そんな状態でシヴァナンダヨーガの勉強のために1ヵ月ベトナムへ。親はとても心配していました。「結婚相談所に登録したら」とまだ言われていましたから。「結婚したら両親が喜ぶのに私にはそれができない…。なんて親不孝なのだろう…でも誰とでもいいというわけではない。」と本気で悩んでました。

でも、ヨーガの勉強を始めて「執着すべきではない」と気づきました。

「結婚できない私」=親不孝/不幸せ ではないんです。結婚できても出来なくても、私の根本は幸せであるということ。自分の置かれている状況をどう感じるかは自分次第。

そう思えるようになったんです。

■夫と出会った頃

夫と出会ったのはベトナムでのトレーニングコースを終えてアジアを10日間ほど旅をして帰国して2週間後くらい。バリに再訪する前日でした。

このころの私は「私がこの人生の中で勉強すべきことが、1人で居ることによって起こることであれば独身であるし、2人で居ることによって起こることであれば結婚するだろう」と思えるようになっていました。

そんな力の抜けた状態が良かったのか、何なのか…半年後には夫婦になっていました。

■妊娠って簡単じゃないんですね
結婚した年齢は、高齢出産に入る手前。結婚できないと思っていた私は「子供を産む」ということについて、真剣に考えたことはありませんでした。ただボヤっと「結婚したら、子どもを産んでお母さんになる」って小さい頃から思っていたってこと。

小さい頃から身近にいる女性は母親。だから私もそんな風になるって思ってた。

だから結婚したら子供ができると思ってた。不妊とか出産に適した年齢とか、聞いたことはあったけど「結婚したらお母さんになる」ってただ単純に。

でもそんな簡単に出来ないのね。びっくりした。というか無知(笑)

ストレスが子宮へ現れたこともあったし、生理痛も酷く、冷え性だったので子宮の状態はよくなかったのも原因のひとつかも。(と勝手に思ってる。病院には行っていないから)

【関連記事】
あんなに酷かった生理痛が!!

■執着するのはやめよう
結婚して時間が経つにつれて「あー、このまま子どもはできないのかもな」って思うようになりました。

それでもほんの少し期待する瞬間があって、いつもより高温期が高いと(基礎体温は結婚前からずっと測ってます)「あれ??もしかして?そういえば…少し気持ち悪いような…」って思うこともシバシバ。THE想像妊娠!(妊娠を待ち望んだことがある方ならこの経験あるはず)

そういうときって「もし本当に出来てたらどうしよう」って焦るのに生理がきたらガッカリして…毎月落ち込むのがしんどい。…ちょっと待て私。結婚できないって悩んでいたときに学んだでしょ?「どっちにしても何にしても私は幸せ」って。私の勉強すべきことは夫婦2人の家族で起こることなのか、子どもから学ぶべきなのかはそれは私の決めることじゃないじゃない?

そこで私は決めました。「36歳の誕生日が来たら2人で生きる人生を考えよう」って。(年齢的な根拠はありません。私の直観で決めた年齢)

■楽しいを積み重ねていこう
36歳になってからは、夫と何をしてこの先の人生を過ごすのかを考えて、話して、そこに向かっています。

今でも「子供は欲しいか?」と聞かれたら「絶対欲しい」とも「絶対いらない」とも言えない。もしも私たち夫婦に子どもができたなら全身全霊で愛するし、一緒に成長していきたいって思います。(子どもができにくい私たち夫婦は少子化の解消に役立てず申し訳ないけど、、、、これが今の考え)

これから先も夫と二人であっても幸せだし、子どもができても幸せ。今、思い描いている未来はとてもワクワクするものだし、子どもがいたら2人では味わえないような幸せを感じることができると思う。(大変なこともたくさんあるだろうけど)

女性として生まれてきたからには、妊娠し産むということを経験してみたいという気持ちがないといったら嘘になるけれど、夫婦2人でできる楽しいことをいっぱい積み重ねていきたいと思っています。

■そして…
私はお母さんじゃないけれど、子どもたちがこれから生きる社会に対しては責任があります。子どもが居ても居なくてもそこはは放棄すべきではないと思っています。

この世界にこれから産まれてくる子供たちが愛に包まれ幸せに育っていくことを祈っています。もちろん、今まさに成長中の子どもたちも、昔子どもだった大人たちも!!!

妊活中、不妊治療中…妊娠を望んでいる皆さんに最善の結果がもたらされますよう。

これが「産む」ということについて、私が今考えていること。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

【宇治のこと】苺!イチゴ!いちご!<ベリーファーム宇治>

果物大好き!UjiYogaHouseの人、Sachikoです。

いちご!

苺!!

イチゴです!!!!しかも宇治産。甘くて美味しいいちごなだけでも嬉しいのに、宇治で育ったと思うともっと愛着が湧いてきます。宇治ラブ。

■ベリーファーム宇治
宇治槙島の畑の中にドドーーンと建つビニールハウス

こちらが「ベリーファーム宇治」

ベリーファーム宇治さんでは「いちご狩り」ができるんです

ひろーいビニールハウスの中にたくさんのイチゴ

可愛くてたまりません。

美味しいそう…

■いちごが美味しい季節
12月中旬から今期のいちご狩りの予約をスタートされたベリーファーム宇治さん。

イチゴって春のイメージがあるのですが、寒い季節のイチゴが甘くて美味しいっておっしゃってました。

温かくなると赤く熟すまでの時間が短くなるからだそうです。

そして、一番最初に咲いた花のイチゴが一番大きいんですって~。大きいイチゴを食べたい方はシーズンのスタートを狙いましょう。

■直売所もあるよ
いちご狩りをしてもそれだけ食べる自信のない私は(いや、きっと食べられるとおもうんだけど…)直売所でいちごを購入。

いちごの他にも隣の隣の畑のお米や

いちごジャムやお野菜も売ってますよ。


小さいサイズや不揃いのいちごはリーズナブルな値段で販売されていて、とっても有難い!

自宅用に買って遠慮なくパクパク食べてます。

■宇治で美味しいイチゴをどうぞっ!
JR宇治駅からは少し距離がありますが、駐車場完備ですのでお車の方はとっても便利です。


UjiYogaHouseからだと徒歩25分くらいかな。ヨガ終わりでいちご…至福…。

直売所のOPEN状況やいちご狩りの詳しい情報はベリーファーム宇治さんのHPやFacebookで確認くださいね!

美味しいいちごも食べられるなんて…あ~~宇治ってええところやなぁ~~

ベリーファーム宇治
京都府宇治市槇島町幡貫143
TEL:080-8510-1115
MAIL:info@agrism.com

いちご狩り<要予約>
*12月末~5月末ごろまで
*30分食べ放題
*10:00~(最終受付14:00)

料金や季節によって異なります。詳しくは>>ホームページ<<をご覧ください

Facebookページは>>こちら<<

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

 

【本のこと】青春を山に賭けて/植村直己

あまりにも涙もろくなってきたので「年かなぁ」と呟いています。こんにちは!UjiYogaHouseの人、Sachikoです。

先日兵庫県豊岡市にある「植村直己冒険館」に行ってきました。

 

植村直己
1941年(昭和16年)、兵庫県生まれ。明治大卒。日本人初のエベレスト登頂をふくめ、世界で初めて五大陸最高峰に登頂する。南極を犬ぞりで横断することを目標に、72~73年地球最北端の村シオラパルクにて極地トレーニング。76年には2年がかりで北極圏1万2000キロの単独犬ぞり旅を達成、78年には犬ぞりでの北極点単独行とグリーンランド縦断に成功。その偉業に対し菊池寛賞、英国のバラ―・イン・スポーツ賞が贈られた。南極大陸犬ぞりの横断を夢にしたまま、84年2月、北米マッキンリーに冬期単独登頂後、消息を絶った。国民栄養賞受賞。


冒険館に行くと最初に16分間の植村直己さんの紹介映像をみるのですが、私はこの16分で号泣。

その後も展示物を見て涙腺をゆるめ、展示が終わるころにはすっかりファンになっていました。(植村直己さんの存在自体は知っていましたし、著書もチェックしてたんですけどね)

で、さっそく読みました

『青春を山に賭けて』植村直己

植村直己さんがどのようにして登山を始めるに至ったのか、そして冒険に向かったのか。

エベレスト登山や五大陸最高峰登頂、アマゾン川のいかだ下りなどがかかれています。

死に面しているであろう場面も重々しくなく書かれているので、さらっと読めてしまうのですがよくよく考えてみると「とんでもないこと」なんですよね。

「とんでもないこと」なんだけど、きっと植村直己さんは終わった後はその状況も楽しんでしまうんじゃないかな。人柄が溢れている文章。

この本を読む前に、植村直己さんのドキュメンタリーを見ているので(冒険館で見たものとは別で)より楽しめました。

エベレストに登頂したときのおはなしなんて、本当に感動的なんですよ!!!しかし、本にはそんなことがこれっぽっちもかかれてない(笑)植村直己さん本人は自分のことを凄いと思っておらず、常に周りの方への感謝の気持ちをもっているからそういう書き方になったのかな…と想像してます。

植村直己さんの人柄を知ってから読むもよし、読んでから人柄を知るもよし。

どちらからでも楽しめます。

冒険館でもらった栞。

『あきらめないこと、どんなときでも決してあきらめないこと』

私には考えられないような思考や行動力の持ち主なんだけど、その姿からたくさん勇気をもらえます。


↑冒険館の体験コーナーにて

今回わざわざ植村直己さんの本を買いにいった私に夫は「植村直己の本、家にあるやろ?」と夫。

「本棚探したけど植村直己の本なんて家にない!」と言いきっていましたが…

本棚に並んでました。(夫と本棚は共有です)

私の目は節穴か…

次はこれを読もう!

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

 

【ヨガ・日々のこと】心ってなんだろう?「子ども科学電話相談」

こんにちは!UjiYogaHouseの人、Sachikoです。

「夏休み子ども電話相談」というラジオ番組が大好きです。※この冬は「冬休み子ども科学電話相談」もやっています。

『冬休み子ども科学電話相談』は、小中学生のみなさんの科学に対する疑問や興味にこたえる番組です。りっぱな(?)質問でなくてもかまいません。ふと、頭に浮かんだ謎、素朴な質問でも大丈夫です。夏休みの午前中、ぜひお子さんとご一緒に番組をお楽しみください。

<冬休み子ども科学電話相談ホームページより>

子どもの疑問の純粋さに「当たり前」と思わずにいろいろな視点を持つ大切さを知り、各専門の先生たちの答えにまだ知らない世界を知ることの愉しさを教えてもらっています。

<<1月4日(木)のロボットの先生に対しての質問から>>
質問「ロボットが心を持つようになるには何が必要ですか?」

先生は答える前に、そもそも心とは何なのか?自分の心は何なのか?という質問から始めました。そして自分以外の人の心はどうやってわかるのか?

お友達の答えは「言ったことや表情」

先生「言葉や表情といった表現の集合体を心と呼んでいるのかもしれないね。」「ロボットの開発は人を知ることでもある」

*******
心って何なんだろうね。

心って感情なのかな。

感情ってどこからくるのかな。

なんで悲しいとか嬉しいとか感じるのかな。

どうして感じることができるのかな。

「心=マインド」は働き(特徴)があり、アンタッカラナと言われる知覚器官(物質的な器官ではなく機能)に対してより内側にある器官。

働きや機能って何なのかを考えていくと経験(体験)することのよって作り上げられたもので、やっぱりそこには本質はそこにはない。

心って何なのかなー

自分って何なのかなー

「子ども電話相談」を聴きながら考えてました。

「空はどこからが空なんですか?」

昔の放送でこんな質問がありました。みなさんならどう答えますか?

答えるのが難しいような質問を避けることなく答えてくれる「子ども電話相談」が好きです。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse