さとう式リンパケアの理論でヨガのアームバランスをやったらコツがわかったという話

とても長い題名になってしまった…のですが、そのまんまです。

ヨガのポーズで腕でバランスをとるポーズって苦手な女性多いのじゃないのかな?私もその一人です。シヴァナンダヨーガの基本の12個のアーサナ(ポーズ)にはカラスのポーズといって、腕でバランスをとるモノでてきます。

DSC04876
↑これがカラスのポーズ(カカアサナ)

UjiYogaHouseでこのポーズをやるとみなさん辛そうな表情をされるのですが…お気持ちわかります。私も苦手で、先生が見ていないところでサボってました。(←おいっっ!!!)

●アームバランスが辛い理由
できない(辛い)理由は大きく3つあると考えます

①「私にはできない」という精神的思い込み
②「前に倒れたらどうしよう」という恐怖心→これにより重心が適切な位置に移動しない
③やたら腕に頼ってしまいすんごい腕が辛い

●どうやったらできるの?

①に関しては「心のブロックの外しましょう!」とか自己啓発的になりそうなのですが、ヨガのポーズの練習を重ねていき心の動きも観察できるようになるとクリアできる課題です。ヨガのオモシロイところですよね。自分の身体は自分が思っている以上に高性能なんですよね。ちゃんと段階を追えばできます。ランニングしたこともないのに、いきなり100キロのマラソン大会に出ようとしませんよね。そんな感じです。「じゃぁその段階を書けよ」というところですが、今回の記事の趣旨ではないので割愛。

②は力学的に理解できれば簡単です。私は頭で理解するとカラダが動いたりする方なので、「ここに重心を…」とか考えます。ヘッドスタンドもその類です。

で、③です。ここが身体の使い方なんです。腕と身体はおんぶの関係にあるんです。おんぶされる人が完全に力を抜いているとおんぶしている人は重いですよね。「おんぶしている途中で子どもが寝てしまってお母さんはとっても重たいのー」ってやつです。

ということで、以前よりお腹を引き上げて腕への負担を軽くしていました。

DSC04964

↑よっこいしょ

↓そしてさとう式リンパケアのあることをやってからやったポーズ

DSC05042

どちらも10秒のセルフタイマーで撮っています。

2枚目のときの方が身体が軽くあがりました。といっても私の感覚は写真では伝わらないか…

▼別のポーズで…

DSC04963
↑「足伸びないよなー」という記録で撮りました。

それから10日後。一度もこのポーズは練習せずに、さとう式リンパケアのあることをしてからなんとなくとったポーズがこちら↓

DSC05039
!!!!!!!!ちょっと伸びてる!!!!!!

●なにをしたのか
さとう式リンパケアで屈筋(関節をまげるときに使う筋肉)をゆるめて使えるようにしてからポーズしました。それもリンパケアではなく、足に輪ゴムを付けただけ。

そもそもさとう式リンパケアって何??という人はこちらのページへ

DSC05044

輪ゴムの付け方はこちらのyoutube参照。輪ゴムは5分以上しないでね!

「ほんまかいな!!」

っておもいますよね?輪ゴムだけで身体の使い方が変わるってなんかしんじられませんよね?胡散臭ささえも感じてしまうかもしれませんね。そうなんです!「ほんまかいな??」って私も最初は疑いからはいりましたから(笑)

●結局のところコツは何なのか

屈筋のひとつである大腰筋が使えること。

そうすることで身体を引き上げ、安定が増します。だからといってやみくもに筋力トレーニングをすればいいのかというとそういうわけではなく、自分でコントロールできるようにならないといけないわけです。緩めたり、力を入れたり…身体をコントロールする練習をヨガのポーズでおこなっていますが、コツをつかむためにリンパケアでお手伝いするのもありですね。

Instasize_0820151356

ポーズとってる本人がいちばんビックリした。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

別ブログ⇒  http://nonaiyoga.hatenablog.com/
(ヨガ本(英語)を読んでブログ書いてます)

 

9月スケジュールとイベントなどのお知らせ

立秋をすぎてもまだまだ夏の暑さ。そんな中で夕立に夏の終わりが近づいているのを感じています。

13921194_946324178810296_1402202546635988461_n
↑猫だって暑いよねー

さて、9月のスケジュールです。先日のブログ⇒記事はココをクリック でもお知らせしたように9月は1人でラオスに行ってきます。一人旅ってドキドキですよね。いろんな想いが巡って、そして旅先でも時間があるからいろんなことを考えて…。不安な気持ちと楽しみな気持ち。全部ひっくるめていってきます!

ラオスの美味しそうなおやつとお茶を買ってきますので、みんなでクラス後に楽しみましょうね。

お知らせ!!
◎9月17日(土) ノースフェイスSORA神戸店「Yoga For Running」のイベントを担当します。

ヨガしてゆっくりランニングして外ヨガして…とにかく楽しいクラスですのでご興味のある方はぜひお越しください。神戸の海沿いを気持ちよくはしりましょう。ランニング初心者も大丈夫ですよ!

f1324d6894d13b57f53554b99db5f52fd28998be

詳しくはこちら⇒ YogaForRunning 

◎9月のオープンクラスは24日(土)です。
自分の内側に広がる静けさを感じてください。オープンクラスは本当におススメです!


【UjiYogaHouse 9月スケジュール】

※9月4日(日)~11日(月)までラオスにいってきます/この期間にかかるチケットをお持ちの方は有効期限をプラス9日いたします。

9月のオープンクラス
●9/24(土)シヴァナンダヨーガオープンクラス 
10:00-11:45(通常クラスより15分長いクラスです)

…マントラ・呼吸法・太陽礼拝・12個のポーズ・リラクゼーションを行うシヴァナンダヨーガのベーシックなクラスです。シンプルに進めていきますので、より深く自分の内側へと集中をしていきましょう。

※チケット利用可/ドロップイン(1回)2,500円
※ホームページ予約カレンダーには通常通り10:00-11:30のクラスで記載されておりますが、実際は11:45までとなります。お気を付けください

●パーソナルクラスやってます!マンツーマンで効果を実感したい方におススメです。【詳しくはこちら】

スケジュールページはこちらをクリック
※スケジュールページからご予約いただけます。スケジュールページのカレンダーのご希望日をクリックすると予約ページに移動。再度予約の時間を選ぶと入力フォームに移動します。

9月スケジュール

UjiYogaHouse では手配りのスケジュール表もご用意しておりますのでお申し付けください。(画像をクリックするとサイズが大きくなります)

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

別ブログ⇒  http://nonaiyoga.hatenablog.com/
(ヨガ本(英語)を読んでブログ書いてます)

一人旅が不安で仕方がない私が気づいた大切なこと

結婚してから2度目の一人旅に行くことになりました。

20140212_093941
一度目はネパール。「大きな山を見ながら珈琲を飲みたい」と夫と出会う前から思っていたので、思い切っていきました。

DSC00269

コーヒーミルまで持って行って、お湯も沸かして…自分でいれました。美味しかったー。

そして2度目の一人旅。今度はラオス。

私はどうなりたいんだろう

UjiYogaHouseをスタートしてから1年以上経ち、UjiYogaHouseに集ってくれるみんなとヨガをすること、お話をすることが楽しくて幸せな毎日を過ごしています。家に居るのも好き、宇治も好き。フリーランサーの私は自分の裁量で仕事の範囲や量を調節しているので、自分の安心できる範囲のみで生活している自分がいました。

「あれ?私、どうなりたかったんだっけ??」

将来こうなりたい、こうありたいという自分の姿を思い出した時に、どうすべきかを考えだしました。そんな悶々と考える自分に「一人旅いっておいで」と夫が言ったのです。

旅が始まる前から旅は始まっている

「旅が好き」と言いながら、「旅に行く」となると不安が渦巻いてきました。家にいると安心、安全。幼い頃から、変化を嫌う私の心は、この安全地帯から抜け出すことを拒否しだしました。

・仕事を休むことが不安
・家事を夫に任せてしまうことが申し訳ない
・夫と離れて旅をすることが不安(普段頼っている)
・航空券高い

なんだかんだ理由をつけて、航空券を取れない…。でも毎日調べている。行きたいのか行きたくないのかどっちやねん!!!

普段感じていないいろんな感情が湧き出してきて、見ていなかった自分が押し付けられたようで情けなくもあり、逆に愛おしくもあり…。だからこそ、理由をつけている自分のひとつひとつの気持ちがどこから来ているのかじっくり見てみました。そうすると日常の自分の行動も理解できたりとおもしろい発見もありました。「旅好き」とかいいながら結局夫に全部頼っている自分。夫と一緒なら喜んで海外に行くのにっっ!!!!「旅好き」を返上せなあかんやん。。。。

毎日のように「航空券とった?」と聞いてくれる夫に「まだとってないんかい!!」と言われながら、自分の気持ちをを話すと「旅を始める前からが旅」と。旅の大先輩の話はありがたい。

なりたい自分への想いはそんなもんだったの?

「こうなりたい」「こうありたい」と思っている姿があるのであれば、そこに近づく行動をすべき。ただそれだけ。

結果は行動の集積

それなのに、今の私は「ありたい姿」に向かっての行動ができていない状態。しかもそれにいろいろと理由をつけている。情けないっ!!!!!私の想いはそんなもんだったんか??!!!心が勝手に生みだす起こってもいない「不安」にガチガチに囚われて身動きが取れなくなっている。

怖いけど、不安だけど…行動すれば結果は変わる。良いか悪いかは別として。

自分を変えるときに、変化するためのコツは「そうすることで良くなるかどうかまで考えない」ということだ。もし悪くなったとしたら、それに気づいたときにまたかえればいい。

「勝ち続ける意志力」(梅原大吾)

この言葉を紹介していた 成長したければ、ひたすら変化すべし というちきりんさんのブログを読んで、毎日同じ行動をしていて今と違う結果が得られると思うことは間違いだと再認識したのです。

そして、気づいたこと

ビジョンを明確にし、行動する。成長したいなら変化すること。だたそれだけ。

航空券を取るまでに、自分の心の中を旅をしました。一人で家をでた瞬間からもたくさんのことを考えるでしょう。超ビビリな私は不安で泣くこともあると思います。

でも今までと別の行動をとることで何か変化することがある。最初から「これが正解」ってことはなくて、行動を修正しながら自分の「ありたい姿」に向かっていけばいいんです。

今回の私がそうであったように、変化には不安が伴います。だからこそ、その不安とどう向かうか。

人は自分の心で自分を向上させ
決して下落させてはいけない
心は自分にとっての友であり
また同時に仇敵でもあるのだ

心を克服した人にとって
心は最良の友であるが
心を克服できない人にとっては
心こそ最大の敵である

<第6章5-6節>
「神の詩 バカヴァット・ギーター」田中嫺玉(訳)

「心」を最大の敵でなく最良の友となるように、心を克服する。「私」は心に操られているのではないんです。

心を意のままに扱えると、心は真の友であり最高の道具。逆に扱いきれいない人は、敵であり道具に振り回されてしまう。心をコントロールできれば平穏である。自分で自分のご機嫌をとることができるってこと。これって人生で大切なこと。

起こってもいない未来への不安や過去に縛られず、成長するために変化し続けるにしても、何をするにしても自分の心を味方につけることが大事。安心・安全な毎日の中で忘れがちなことを再度思い出しました。

さぁ、まだまだ克服できていない「心」を友とするためにヨガの学びを続けよう。

DSC04139
心が友となれば変化することも、行動することも助けてくれる。知らないモノを不安に思うのではなく、楽しみなモノにしてくれるのも心。

知らないモノに出会うって素敵だよね。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

別ブログ⇒  http://nonaiyoga.hatenablog.com/
(ヨガ本(英語)を読んでブログ書いてます)