スポーツクラブに感じた3つの違和感と私が小さなヨガ教室をやっている理由

先日、クラスで「スポーツクラブ(フィットネスクラブ)に入会したけど続かなかった」と聞いて「なぜ続かないのか」「辞めた理由は?」という話をしていました。

その理由が「わかるーーーー!!!!」と頷けるものばかり。私が15年勤めたスポーツクラブを辞めて、今のUjiYogaHouseに辿りついた理由がありました。だからそんな人に来てもらえて嬉しい。

スポーツクラブに感じた私の中での3つの違和感(あくまでも私の場合ですよ)、そしてUjiYogaHouseに至った理由。

※スポーツクラブに勤めている人は「そんな感じ方もあるんだ」と思ってもらえたら幸いです。


①リラックスしたくてもできない
生きていれば毎日なにかがあるわけで、元気印のときもあればそうでないときもあります。スポーツクラブに行くとたくさんの人の楽しそうなエネルギーが溢れています。元気!笑顔!!はなまるーーーー!!!ってくらい、プラスです。ヨガ用語でいうと「ラジャス」なエネルギー。本当に疲れていて(心身問わず)、タマシックな状態のときはそのラジャスのエネルギーとの差が激しすぎてかえって疲れてしますのです。「元気ないですねー??どうしました??元気出しましょうよーー!!!ひゅーひゅー!」と言われようものなら「……う、うん……。。。」ひきつった笑顔で返してしまいそうです。(ひゅー!ひゅー!とか言わんけど。そしてコミュニケーションをとる相手が状況を察知する力があれば解決できることもある。)

私は本当に疲れているときは急激に元気な方向へと引きずられることなく、自分のペースで戻したい。周りの目を気にすることなくね。

そう思ったのは会社員時代に体調を崩してから。どれだけトレーニングをしても元気が回復しなくて、逆に疲れるばかり。筋トレすればすべて解決するとおもっていたのに……。

そんなときに嫌いだった(!)ヨガになぜか向かったんですよね。もちろんヨガスタジオでクラスを受けるのもよかったのですが、心地よかったのが先生の自宅で開催の少人数のクラス。人間関係も服装も化粧もポーズの出来も…なーんにもきにせず受けることができて自分のペースで回復できたことを覚えています。クラス後の先生や参加者との会話で気づくこともたくさんあったし。

人によっては元気なエネルギーの中にいることで自分の元気を取り戻していく人もいるでしょう。そういう人にはスポーツクラブはベストな場所だと思います。

そんなこんなもあって「UjiYogaHouse」の誕生です。

疲れていても、元気があっても、スッピンでもバッチリ化粧していても…あなたがあなたであるから私はそれでよくて、なーんにも気にしていません。何かの行為や言動によって、あなた自身を判断することはありません。「今日のあなたはそうなんですねー」というだけ。ただ寄り添って空気なような存在でありたいと思っています。

だから素のままでがんばらずにおこしください。

DSC03434
↑スッピン。寝起きで海岸でヘッドスタンドしようとしてできなった後の顔。

②日常生活から離れた空間
私にとってスポーツクラブとは大好きなトレーナーやインストラクターがいて、かっこいいマシンがいっぱいある「夢の国」のような場所。非日常でした。若かりしころは大好きなインストラクターのクラスを受けては目をハートにしていたもんです。(←動機が不純)

前職の企業理念の「ライフスタイルを提案する」という言葉がとても好きでした。あるときふと「これがライフスタイルなのだろうか?」と疑問に感じたことを覚えています。なぜならスポーツクラブは非日常の空間に私からは見えたから。エンターテインメント性がそう思わせたのかもしれませんね。スポーツクラブに通うというライフスタイルを提案しているといわれればそうでしょう。

ライフスタイルとは生活の様式・営み方。 また、人生観・価値観・習慣などを含めた個人の生き方。

そう!生活の様式だけでなく、価値観や習慣など…自分自身が機嫌よくいられるライフスタイルを私は伝えたい。背伸びせずにがんばらずにできること。

だからね。UjiYogaHouseのヨガクラスに定期的に来ていなくても、みなさんの生活の中にヨガやヨガで学んだ考えた方が浸透していればそれがとっても嬉しいです。

ヨガは特別なことではなく、自分でも練習できるものですから。クラスという場に、先生に、何よりもヨガに依存することなくご機嫌に過ごしていればHappyです。(とは言っても、みなさんの顔をみるのはとても嬉しいので遊びにきてね)

DSC03359
↑ヨガってどこでもできる。

③集団として捉える
何千人という会員様が在籍し、1日にたくさんの方が来られるスポーツクラブではなるべく個人でとらえるようにしていても、会員様全員を覚えきれないのが現状です。だからスタッフがたくさんいて、みんなで支えているんです。

とりわけ私は顔と名前を覚えるのが苦手で…必死でした。個人でとらえたいと思ったとしてもそこには限界があるわけで、、、、といっても私の能力の問題です。すみません。

グループレッスンでは50人以上の方と同時に身体を動かすこともあり、公平に目を配っていたとしてもそこにも限界があります。あ…これも私の能力の問題です。すみません。

ということで、自分の能力に見合った少人数のクラスに至っています。

(しかし、大人数で一緒に身体を動かす楽しさも知ってます。あれは病みつきになるよね。)


スポーツクラブに喧嘩をうってるみたいですか?うってませんからね!(笑)モノの捉え方や感じ方は性別や年齢によっても違いますし、何よりもこれまでに経験したことによる思考や好みも大きく影響します。当時、30代の独身女子だった私が感じたことです。

私は18歳で某スポーツクラブのアルバイトをスタートし、22歳で新卒入社。その後33歳までお世話になりました。初めてのアルバイトがスポーツクラブ。そのまま一つの会社しか知らずに続けていたなんて、自分でもびっくりですが楽しくて気が付いたらそんなにも年月が経っていました。フィットネストレーナー/インストラクターという仕事が心から好きでしたし、志もあり、仲間にも恵まれ、会社のことも企業理念も好きでした。

もちろん今でもお世話になった会社が好きですし(今もお世話になってるし)、スポーツクラブが行っている活動が日本の健康を支えてくれていると思っています。スポーツクラブで働いていると、地域の人や日本全国に健康を届けているというやりがいがありました。UjiYogaHouseとは規模が違います。あの日本を元気にしている感覚は本当にすごい!

ただ、いろんな人がいてスポーツクラブが合う人もいればそうでない人もいる。そんな人を支える存在でありたいと私は思っています。

スポーツクラブでの運動は続かなかったな…という方も一度UjiYogaHouseに遊びにきてくださいね。

IMG_0560
↑フィットネストレーナー時代。ホノルルマラソン引率でのひとこま。なんでこんな写真しか残ってないんだろう…(泣)

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

別ブログ⇒  http://nonaiyoga.hatenablog.com/
(ヨガ本(英語)を読んでブログ書いてます)

 

ハーブティーの購入先とおススメ

UjiYogaHouseはクラス後のオーガニックティーをお出ししています。

「どこで購入しているんですか?」

と聞かれることが増えたので、、、、ここです↓↓

iHerb

アメリカのサイトなんですが、日本語対応しています。ご安心ください。

iHerb

↑開くとこんな画面です。

日本で買うよりも安くかえるので以前より愛用しているサイトです。まとめて買うと送料もやすくなりますよ!(商品到着まで1週間くらい時間がかかるので、急ぎのものはおススメしません)

探すのが大変なので、UjiYogaHouseでお出ししている(したことのある)お茶をご紹介します。おうちでも楽しみたい方はサイトをご覧ください。もちろん「あれ美味しかったよなー」っていうのがあればまたリクエストしてくださいね。

※このサイトのリンクから購入するとiHerb初回の購入金額より5%OFFになります。私の紹介のコードがはいってます。「紹介して稼いでやるぜー。ぐへへー」って思ってるわけではなく、単純にお得なのでよければどうぞ(笑)(紹介している商品を購入しなくても、この記事のiHerbのリンクをクリックして別商品を購入しても5%OFFになりますよ)


◎今だしているのはこちら。香りがよくて女子力あがりそう!
ORI-50016-3

オーガニックトゥルシー、スイートローズ

トゥルシー(別名ホーリーバジル)は万能のハーブと言われています。

■トゥルシーの期待される効能…・抗酸化作用による老化や生活習慣病等の予防/冷え性、風邪の症状の緩和/新陳代謝の向上/精神の安定とストレスの緩和/免疫機能の向上

万能!!!!

◎「ワイルドだけどスイートなんです。はっはっはっー」って言いながら出してるお茶。(念のために最後のは笑ってる声ね)
TAZ-20034-2

ワイルドスイートオレンジ(カフェインフリー)
これは冷やして飲むのがおいしいかも。スタバのパッションフルーツティーが好きな人はこれも好きなはず。

スタバの味はこちら↓

TAZ-20045-2

パッション ハーブティー

◎桃+緑茶!桃と緑茶って??って思うけどあっさりしてて飲みやすい。好きですよ。

TAZ-20098-4

ピーチグリーンフレーバーティー

◎寒い季節は温まるようにヨギティーのレモンジンジャーをだしてました

YGT-45017-7

YogiTeaレモンジンジャー

◎マンゴーと緑茶!!これも飲みやすい。ちょっと変わったタイプのお茶を出したいときにおススメ。日本の緑茶にはあまりなりフレーバーティー

STD-96944-3

ゴールデンマンゴーグリーンティー


ざざっとお茶をご紹介。アロマオイルもこちらで買ってます。

アメリカから商品が来るっていうので初めて買うときすんごく緊張したんですが、今のところ何もトラブルはありません。それでも緊張する!って方は買い方聞いてください。

というわけで、私はこのiHerbでいろいろ探してゲットしてます。ネットでいろんなものが手に入る時代になって、私の出不精にますます拍車がかかってますよ。とほほ…

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

別ブログ⇒  http://nonaiyoga.hatenablog.com/
(ヨガ本(英語)を読んでブログ書いてます)

7月スケジュールと宇治のピクニックスポット

早く梅雨があけないかなぁと思っていますが、雨音を聴きながらヨーガの練習をするのが好きです。雨音が生活音を消してくれて、より深く内側へと集中できるので雨の日も嫌いじゃないです。

とはいえ、やっぱり晴れると嬉しい。宇治には手軽に自然を楽しめる場所がたくさんあるので、ささっとご飯をもってピクニックです。

DSC04610

ガスコンロでなんやかんや焼いて食べてます。(炭じゃないからほんとに気楽!)自然の中で食べるご飯は文句なしに美味しい。それが例え白ご飯のおにぎりであっても。

この場所は天ヶ瀬の吊り橋のすぐ近く。ごはん食べる以外特に何をするわけでもなく、川の音と鳥の声、木陰でごろんと寝転んでぼーっとするだけで最高です。「今から行こか」で行ける場所。自然の中に居ることをあたりまえのようにできる宇治が好きです。


【UjiYogaHouse 7月スケジュール】

7月もオープンクラスやります!
●7/23(土)シヴァナンダヨーガオープンクラス 
10:00-11:45(通常クラスより15分長いクラスです)

…マントラ・呼吸法・太陽礼拝・12個のポーズ・リラクゼーションを行うシヴァナンダヨーガのベーシックなクラスです。シンプルに進めていきますので、より深く自分の内側へと集中をしていきましょう。

※チケット利用可/ドロップイン(1回)2,500円
※ホームページ予約カレンダーには通常通り10:00-11:30のクラスで記載されておりますが、実際は11:45までとなります。お気を付けください

●パーソナルクラスやってます!マンツーマンで効果を実感したい方におススメです。【詳しくはこちら】

スケジュールページはこちらをクリック
※スケジュールページからご予約いただけます。スケジュールページのカレンダーのご希望日をクリックすると予約ページに移動。再度予約の時間を選ぶと入力フォームに移動します。

7月スケジュール

UjiYogaHouse では手配りのスケジュール表もご用意しておりますのでお申し付けください。(画像をクリックするとサイズが大きくなります)

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

別ブログ⇒  http://nonaiyoga.hatenablog.com/
(ヨガ本(英語)を読んでブログ書いてます)

英語が苦手なヨガ講師が英語とヨガの勉強のためにやり始めたこと

オンライン英会話を初めて2ヶ月ほど。途中「私上達してるー!」って瞬間があったんですがそれからはさっぱり。まったく、、、、逆に自信喪失ぎみ。

「したい人1000人。始める人100人。続ける人1人。」

って言葉を思い出しました。続けるのって難しいんですよね。「3年後には英語でコミュニケーションがとれるようになる」そのためにやるって決めたんだからあとは覚悟を決めてやり続けるだけなんです。要はその覚悟がどれだけ本気かってことですよ。

そんなこんなで英語とヨガの勉強を兼ねて、英語の本を読むことにしました。

images
BLISS DIVINE (Swami Sivananda)

3年前に買ってたのに読んでなかった本。読み始めたら恐ろしく難しいんですけど…日常会話にそんな言葉でてこーへんわ!って言葉ばっかり。(そりゃそうだ。ヨガの本やもん)

1ページ読むのにとてつもない時間がかかるうえに、この本600ページ弱あるんです。恐怖…。。。

恐ろしすぎてくじけそうなのでブログを書くことにしました。

ブログバナー
No Nai Yoga  ※サイドバーにもリンク貼ってるよー

英語の苦手なアラフォーヨガ講師が英語のヨガ本を読んで「自己流翻訳」し頭の中でこねくり回した考えをブログにしてます。あと、ブログの雰囲気を柔らかくするために挿絵を挟んでみました。下手くそです。そして白黒です。(色つけるとかいう技術がないです)

俗世にどっぷりつかっている私の中は混乱した知識も多いです。そして知らないことも多いです。厳密にいうと「そこ間違っている!」ということもあるかと思います。重々承知の上でございます。学んでいる流派によって捉え方が違うことも触れません。私がこれまで学んできたこと、そして記事を書いた時点での考えを記載しますので基本的にノークレーム、ノーリターン(リターンするものないけど)のスタンスでやっていきます。

このヨガの知識が日常生活のこんな場面で役にたったなどなど、実例をあげつつ進めていきますのでヨガの勉強をしていない人もどうぞ気軽に遊びにきてください。足を崩して、おやつ食べながら気楽な気持ちで読んでください。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

別ブログ⇒  http://nonaiyoga.hatenablog.com/
(ヨガ本(英語)を読んでブログ書いてます)

 

うちこのヨガ日記・生ブログ参戦記録

先日6月11日土曜日、神戸三宮で開催された「うちこの生ブログ」に参戦してきました。

そもそも「うちこさん」とはなんぞや?という方はこちらのブログをご覧ください。

うちこのヨガ

うちこさんは「うちこのヨガ日記」というブログの人です。(ブログの人ってなによ?)3年ほど前から拝読していますが、半端ない知識量とツッコミのポイントが抜群です。本の読む速さも超人的。なんでそんなに読めるのだろう?

私が好んで読んでいるブログの方に共通する点は「アホで突き抜けてて、自分の頭で考えている人」であることに先日気づきました。ちなみにここで使っている「アホ」は超ほめ言葉です。

私もそんな大人になりたいと思います。(もうアラフォーだけど)

そんな人気ブロガーうちこさんに会いに神戸まで行ってきました。

13445582_1788985884666641_2512247615874802632_n

生うちこさん。しかしブログを読んでいるで初めての感覚はないです。(うちこさんにとっては初めましてだけどね)

この日はフルコースで受講

①バカヴァット・ギーターをうなりながらタテノリで読む会

事前に宿題を提出済。自分の気になった(ささった)節とその理由をうちこさんにメールで送っています。それをもとに講義が進められます。ギーターの背景からスタートし、日本語に訳されているギーターの種類の説明、ギーターを読むうえで覚えておくべきインドの文化。

まず、インドと日本では文化背景が違いますからね。これ大前提。それがわかってないと、ギーターの意味をはき違えてしまうこともあり得る。あぁ危険。

参加者のみなさんが選出した節とその理由を聞くと自分では考えもつかなかったことが多く「なるほどねー」とブンブン首を縦に振ってました。←タテノリ

解説ができるわけではないけど、みんながどんな風にギーターを捉えているのか内輪でやってみたいわ。これ。

②拡大版ハタ・ヨーガ ~マントラ・呼吸法・アーサナ・瞑想~

黒板のあるお部屋で説明図を描きながらすすめる拡大版ヨーガクラス。練習への意識の向け方について、ハタ・ヨーガの教典によく登場するメニューを使って説明します。マントラの音、アーサナとムドラーってなにが違うのetc…。ヨーガに深入りしようとするときにいろいろな疑問が発生するかと思いますが、インドの文化ごと説明していきます。より繊細に呼吸し、動き、瞑想する。そんな内容です。

~おもな流れ~

マントラ(音をちょっと分解して説明)

プラーナーヤーマ(アクティベート系)

準備運動として、パワン・ムクタ・アーサナとその概念

11世紀頃の複数の教典に登場する定番アーサナをいくつか

プラーナーヤーマ(鎮静系)

座位で瞑想の練習/チャクラ・メディテーション

座位でマントラの復習

「ハタ・ヨーガ・ダイジェスト」という感じの内容です。

↑うちこさんのブログに書いてある説明文。これ読んでもかなりマニアック。9~18世紀の技術書(教典)に書かれているものを教えてもらったクラス。

「チャクラは今は7つだけれど最初の教典では6つだった。」

とか

「今ではアーサナとしてやっているけれど、教典にはムドラ(印)として書かれている」

とかとか。

 古い教典に載っているアーサナを実際にやったりと、現在との違いを体感しました。

③おまけ補講:ヨーガの歴史・さまざまなヨガ

さまざなま教典の年代的な説明、日本へいま入ってきているヨーガ、日本人が海外へとりにいっているヨーガ、さまざまなことを年表ベースでお話します。

インド、イギリス、中国、日本、アメリカの流れを串刺しにして話します。1時間なので六派哲学や他の宗教との比較要素は含みませんが、漢訳や仏教の要素は歴史の流れ上必ず含むことになるので、玄奘三蔵や空海さんの話は入ります。ヴェーダ時代~近代以降、ビートルズとかスティーブ・ジョブズのあたりまでやります。ざっくり3000年のダイジェストです。

インドで行われていたヨーガがどのように日本に入ってきたのか。中国、イギリス、アメリカにはどうやって伝わったのか(広がったのか)を知ることは、現在自分たちがやっているヨガを客観的にみることができます。

入ってきたルートによって教典の訳され方もちがうだろうし、訳している人の傾向なんかもわかります。このクラスは1時間のクラスだったので歴史のダイジェスト版。ここから刺激されていろんな人の本を読みたくなりました。おもしろい。


というわけで、生ブログの感想をダイジェストでお届けしました。

写真撮る間もなくあっという間の1日。聞いたこと、知ったことが未だ自分の中では整理されていない状態から、興味のあることを取り出して自ら深めていきたいです。身体のことを知るのもすきだけれど、こういのも大好物です。

うちこさんのブログおすすめです。過去にさかのぼって読むのもたのしいですよー。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

【ベトナム】ホーチミン空港からローカルバスで移動

コンダオ島を後にしてホーチミンへ戻ります

コンダオ島の案内はこちら↓↓
【ベトナム】最後の楽園?!コンダオ島①<予備知識・ホテル>
【ベトナム】最後の楽園?!コンダオ島②<カフェ>
【ベトナム】最後の楽園?!コンダオ島③<レストラン>

DSC04260

搭乗時間がえらい遅れていましたけど、焦る様子もなし…。ま、そんなものか。

空港から市内への移動って悩むところなんですが、リムジンタクシーは便利だけど高いし、メータータクシーの相場もよくわからんし…なによりも現地の人と同じように移動することに楽しさを覚える私たちはローカルバスを使いました。といっても乗るは簡単。バス乗り場もわかりやすい。(昔ネパールで乗ったローカルバスはまったくわからんかった…)宿泊予定のホテルもバスターミナルから近いしね。

ホーチミン空港についたら国際線まで移動します。歩いてすぐです。(後からわかったことは国内線のバス乗り場にも止まります。)

DSC04263

こんなバスが止まっているので「ベンタインマーケット??」とか聞くと教えてくれます。

確か152番。(不確かですみません)

DSC04262

この緑の制服のお兄さんはバスの料金係。運転手さんとは別にバスに乗っている人です。日本ではそんなシステムないけどアジアいくとあたりまえな感じです。

DSC04261

バスの中も綺麗。

1人5,000VND。どこで降りようがこの値段。そして大きな荷物はプラス1人として数えられます。ということで1人10,000VNDでした。当時のレートで50円くらい。

支払いはベトナムドンなうえに少額ですので、両替してさらに細かく砕いておきましょう。両替所でももっと砕いてーっていうとしてくれるます。(機嫌が悪くなかったら)

出発前にさっきのお兄さんにはらったら領収証をくれますので念のためもっておきます。

途中の停留所でとまって人が降りたり乗ってきたり…。土地勘ないので素直にベンタイン市場までいきますよ。ベンタイン市場の前に大きなバスターミナルがあるので間違えることはないと思うのですが、心配な方は料金徴収のお兄さんに「私はベンタイン市場まで行きたい!」と念をおしておき、たまに困った顔で見ると「ここでおりるんやでー」と教えてくれるはずです。私は大抵こういう手段でのりきってます。

バスに揺られること約30分。ベンタイン市場に到着!(写真撮ってなかったー)

エアコンも効いて快適なバス時間でした。ホテルの位置にもよりますが、空港からローカルバスの旅いかがでしょうか?
DSC04263

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

禁断の梅シロップ仕込み②

無農薬の梅を買いに行った話はこちら
【禁断の梅シロップ仕込み】

さ、梅を買っただけで満足してしまいそうですが(私にはよくある話)買った当日に下処理をしました。

水で洗って汚れをとり、ヘタ(?)をつまようじでとっておきます。水気をきったら冷凍庫へ!

DSC04585

梅処、和歌山の観光協会の方に「凍らせてから作ると美味しいよ」と教えてもらってから凍らせています。

DSC04584

瓶を消毒してさっそく詰めましょう。煮沸でもよいですね。今回私は消毒液を使いました。

DSC04586

同じ分量の氷砂糖と交互につめます。

DSC04586

交互に詰めた…けど……

DSC04587

梅が余ってるーーーーー!!!!でた私の無計画さ。瓶の容量を考えていなかったのが原因です。(でも家に余ってる大きな瓶はこれだけだった)

私らしいと少し笑ってしまいました。ということで…

DSC04588

小さい瓶にも詰めることにしました。もともと氷さとうの分量がすくなかったので残りの梅はきび砂糖でつけてみました。

DSC04589

この瓶を毎日ひっくりかえして梅エキスが抽出されるのを楽しみにまちましょう。出来上がりが楽しみ!!!!

DSC04590

…ん??………んん?????奥にあるのは??

DSC04591

やっぱり梅残ってるーーーーー!!!!

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

 

禁断の梅シロップ仕込み

お酒をほとんど飲めないのに梅酒を仕込んではほぼ手を付けず(夫が少しのんだくらい)数年寝かしています。熟成させているといいたい。(ほったらかしなだけ)

DSC04558

写真撮るために久々に取り出して、またそっと同じ場所にしまいました。さようなら。もう少し熟成させてみましょう。

2013年2014年と梅酒を作っていたのに2015年は作らなかったことを思うと学習しているのでしょうね。よかった。このほかには梅干しなんかも作ったりしたのですが、我が家はそんなに梅干しを食べないことに作ってから気づきました。はちみつ梅ならよかったのらしいですがね…。

とまぁ、とにかくやりたがりな私は梅が出回る季節になるとそわそわします。

「梅をつけたい……」

食べたい衝動ではなく、もはや「漬けたい」という衝動。そんなときに『無農薬の青梅が入荷しました』のお知らせを見てしまったもんだから買いに行くにきまってます。

DSC04556

木津川市にあるアトリエエトセトラ。畑の中に建つ小屋です。木津川市といってもほぼ奈良に近いのでUjiYogaHouseからは車で40分ほど。川沿いや畑の間を鳥の声を聞き、風を感じながらだとあっという間です。

DSC04557

↑これは近くにある他の小屋なんですけど、本当に畑の中にあるんです。横の人たちは畑仕事してます。

DSC04555

小屋の中にはかわいいものがいっぱい。

DSC04552

お目当ての青梅。昨日お知らせをみたときは8個くらいあったのにもう残り2個!セーフ!!!

宇治市のお隣の城陽市は梅で有名なのですが、無農薬の梅はどこで買えるのか調べてもわからなかったのでゲットできてほっとしてます。(買える場所ご存知の方はぜひ教えてください)

さ、この青梅で何をつくるかというと…

禁断の梅シロップ!!!!!

(禁断なのは美味しくて私が飲みすぎてしまうから。だからここ数年あえてつくらないようにしていた。)

和歌山県の観光協会の方に作り方を教えてもらい作った梅シロップがおいしくて…美味しくて…おいしくて…すぐなくなってしまう。(なくなると悲しくなる。)

そんな梅シロップの仕込みに入りました。

上手にできたらヨーガクラス後にお出ししますね!(私が飲み切ってしまわないように祈っててください)

DSC04553

梅を購入したお店はこちら

アトリエエトセトラ
京都府木津川市木津町石塚99 Beeがぁでん貸農園内

金曜日の10時から2時まで
土曜日の11時から4時までOPEN

 

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

安い野菜の不思議<畑仕事から考えること>

なんでもやってみないとわからないもので、どれだけ周りから言われても経験して初めてわかることがたくさんあります。

それは頭で知っていたことが、腑に落ちるということ。知識が知恵となるということなのかなと思います。

師であるスワミ・ヴィシュヌ・デヴァーナンダの言葉にもこうあります。

ヨーガは理屈ではなく現実にどう生きるかだということです。蜂蜜を食べたことがない人に、いくら口で美味しいといっても無駄です。自分で味わってみてはじめて実感できるのです。

ヨーガももちろんそうなのですが、私の中では野菜をつくるということもそれにあたります。

 

どうやって野菜が作られているのか。どのように野菜が実るか。そんな興味で始めた畑も4年目。毎年「やっぱりよくわからんわ」(←支柱の立て方とかすぐ忘れる)と言いながらいろんな野菜を作っています。

3年目までにわかったこと(私が作るうえで)
①きゅうりは大量に実るの欲張って植えないこと
②枝豆から大豆になるけれど、それまで大量の虫がついて大豆にはならない
③さつまいもはイノシシの大好物(もう少しというところで食べられる)
④かぼちゃはツルに対して実がなるのが少ない(私が受粉を上手にできないから)
⑤白菜・キャベツの葉物は虫との闘い
⑥玉ねぎやネギはなんかわからんけど植えかえる(未だ謎やけどやります)
⑦夏野菜は裏切らない(きゅうり・トマト・茄子はよくできる)
⑧トウモロコシは1苗につき1本しかできない。だから大量に食べるにはスペースがいる。
⑨ブロッコリーは収穫してもまたできるけど、売ってるみたいに綺麗にはできない
⑩「自然農!」と、雑草をほったらかしにすると水菜と雑草の区別がつかなくなる

など…

畑やってない人にはまったく興味ないですね(笑)

何がいいたいのかというと、自分の食べるものがどうやってできているのかを知ることはとてもおもしろいということ。(なら肉をたべるの人は屠殺(とさつ)場に行けよって話になるかもしれませんが、ここでその議論は避けます)

DSC04496

現在の畑はこんなスペース。こじんまり。

130811_121923

過去はこんな畑もありました。写っている大きさ×6倍くらい。雑草生えるとジャングルです。大きすぎてわけわかりません。といっても私はお手伝いでしたが…

DSC04494

このスペースでようやくしっくりきます。世話をするのもこれ以上大きくなると大変だろうなという感覚。

<2016夏のラインナップ>
きゅうり/トマト/茄子/万願寺唐辛子/唐辛子/落花生/大根/青梗菜/水菜/葱/ニラ/ニンニク

家族2人で食べる分には足りない野菜があります。季節によっては何も収穫できないときもあります。収穫できない季節があるから乾物があるんですよね。わかる!冬から夏野菜への移行中は収穫がすくないもん。

DSC04542
今日、ニンニクを収穫したら小さくてちょっとしかなくてビックリしました。ニンニクってすごく時間がかかるんですよ。

白菜やキャベツはとにかく虫が付きます。自分の手でとって…とって…とって…それでも食われて…。だからスーパーで綺麗な野菜を見かけるとすごく不思議です。農薬を撒くという方法以外は虫が入らないようにハウスの中だったりするのかな。

きゅうりやトマトは一度収穫してもまた実りますが、大根や人参は収穫したらおしまいです。それが大量に並んでいて安いとなるとこれまた不思議です。

綺麗な野菜がとても安い値段で並んでいるのも不思議です。(いや効率化・機械化・農薬のことを考えると不思議じゃないんだけど)

 

 こうして畑作業をしていると無農薬の大変さを身に染みて感じます。だから値段が高いのも納得。そして収入を得るために多くの人々に支持される安く大量に出荷しようと思うと薬に頼らざるを得ないということもわかります。野菜の形が綺麗であったり、虫に食われていないことも好まれますから。そして一度農薬を撒くのを辞めると虫が発生します。その虫の天敵も同時に発生するのかどうかもわからないですが、生態系が戻るのは時間がかかります。その間出荷できない野菜たちを作り続けるほど農家の人たちに余裕があるとも思えません。

だからって農薬を支持するわけでもないけれど、こういった問題は複雑に絡み合っているなぁと思うわけです。

野菜を作りだしてからスーパーの安い綺麗な野菜たちを見てそんなことを考えています。まえまでは不思議に思わなかったことが体験することで変わってきたんです。

そして畑で使う種にもいろいろあります。F1種とか在来種(固定種)とか。突き詰めていくといろいろあるけど、育てることも口にすることもすべてを愉しむと食卓がより豊かになるんじゃないかな。

ぶっちゃけていいますと…やれ無農薬だ、やれ有機野菜だなんて巷では申してますけれど実際手に取ると値段が高くてそっと棚に戻してみたりすることもあるわけです。家計を預かる身としてはいろいろと都合ってもんがありますからね。

何を選ぶのかは自分次第。なんでもかんでも安全で最高のモノを買えるわけじゃないけど、優先順位をつけないとね。

DSC04546
自分で作った野菜の美味しさは格別ですよ!なんでも採れたてが一番!!!

きゅうりはやはり成長が早い。もうすぐ収穫できそう。

DSC04547
万願寺唐辛子は初挑戦。ここから大きくなるのかとわくわく。

DSC04548
トマトの花から実へ移行中。これは普通サイズのトマトになります。(ミニトマトも栽培中)

DSC04549
茄子!支柱の立て方が毎回わからなくなる(笑)採れたての茄子を塩もみして食べるの最高!

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

パーソナルクラス詳細

「押さない・揉まない・流さない」そっと触れて揺らして、口腔・胸腔・腹腔を整え、筋肉を緩める『さとう式リンパケア』とヨガのポーズを組み合わせて目的に合わせた完全オーダーメイドのクラスです。

なりたい姿、ありたい姿へと変わっていく早道としてこのパーソナルクラスをご用意しました。このクラスは通常のヨガクラスと比べてて「身体」に特化しています。もちろんヨーガのお話を聞きたい!という方もOKです。オーダーメイドクラスですのでご要望に合わせてクラスの形を変化させます。


What’s Sato’s Lymph Method?
さとう式リンパケアとは?

さとう式リンパケアは歯科医の佐藤青児先生が顎関節症を治療する過程で発見・開発、そして今も発展している施術方法です。

『揉まない・押さない・ひっぱらない』

さとう式リンパケアは、リンパ管内のリンパ液ではなく細胞の間にある間質リンパ(組織液)を扱う唯一のリンパケア。みなさんが想像されるリンパマッサージのように流すようなことはしません。優しく触れて、揺らして…息を吐くことで身体を整えていきます。「こんなことで身体が整うの?!」と驚くくらい優しい施術です。

 



case1*コンプレックスを手放す

【変えたのはケアをするということだけ】
<UjiYogaHouse Sachiko>
食事制限も激しい運動もなし。ヨガとさとう式リンパケアでお腹がスッキリ。たった18日間での変化です。

Instasize_0226093400
※1度のクラスでも効果を感じる方はいらっしゃいますが、継続することで効果が高まります

case2*ヨガのポーズを深める

【整えることで得られること】
肺が収まっている胸腔を整え、深く呼吸ができる手伝いをします。そして筋肉を緩めることで、いつもよりもポーズの深まりを感じることができます。

呼吸と身体を心地よく感じることができ、意識がより内側へと向かっていきます。
InstaSize_0210122456


UjiYogaHouse 
パーソナルクラスの流れ(60min)
女性専用/オーガニックティー付き

①問診(本日の体調をお伺いします。初回は既往歴や身体の悩みをお伺いします)

②さとう式リンパケアやマッスルリリーステクニックで身体を整える

③ヨガ(身体の症状や悩みに合わせたポーズをお伝えします)

④リラックス(心身を緩めていきます)

終了後オーガニックティーでリラックス(15min)

※ヨガを行わずさとう式リンパケアのみの施術も可能です
※流れは一例です。目的や身体の状況によって変化します

UjiYogaHouseのパーソナルクラスはこんな方にお勧め!

◎人目を気にせずクラスを受けたい
ヨガが初めてで不安 身体の硬さが気になる 呼吸を深めたい

◎スタイルを良くしたい
バストアップ ウェストダウン ヒップアップ 太ももの張り解消

◎気になる症状を解消したい
肩こり 腰痛 背中の凝り 足のむくみ 疲労回復 そり腰 猫背

【予約カレンダーはこちら】パーソナルクラススケジュール