こっそり1周年

ヨガ講師になったとき、周りの先生と比べてちっぽけに思えた自分。とても不安で潰されそうになる気持ちを奮い立たせてシュッとした自分を演じていました。(シュッとするって関西人にしかわからん表現ですね)

知ってるんですよ。周りと比べることはないってことも、未来を見ずに今という瞬間に集中し積み上げていく大切さも。知ってるのにやっぱり不安でした。先を見ずに足元を見て一歩ずつ進むのだけれど、やっぱり先が欲しい私は決めました。

「3年続けてどうにもならなかったらやめよう」

まずは3年。そう決めたときに、クラスに来てくれる人とヨーガの素晴らしさを味わうことを大切にしよう。愉しもう!と自分と約束しました。

人気の先生たちのクラスはいつも人で溢れかえっている。引け目を感じるのはやめよう。私のクラスに来てくれる人が1人であってもその方との時間を愉しもう。

結果、こうして続けているので自分なりにどうにかなっているってことですね。ありがたいです。

2年を過ぎたころからクラス中の肩の力が抜けている自分に気が付きました。自分の先生のマネから始まったクラスも、日々の練習で体感していることが言葉となりでてくるようになりました。

ちなみに「マネ」で発した言葉は上滑りします。なんか全然違うの!先生が言ったときはすんごい心に響くのに自分がいうと胡散臭い感じ。そりゃ、自分の言葉じゃないものね。

セミナーを受けたり、本を読んだり、いろいろなところが得た情報はそのまま使っても自分のものではない。きちんと考え、体感し腑に落ちてこそ自らの知識となり、知恵となるのです。

 石の上にも3年とはよく言ったものだなー

こっそり1周年を迎えていたUjiYogaHouse。1年前に比べるとたくさんの方が足を運んでくれる教室となりました。本当にありがとうございます。不安の中スタートしたUjiYogaHouseも少しずつ成長。まずは3年目ざしてより心地良い場所へと育てていきます。

と、こっそり1周年の想いを語ってみました。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

5月スケジュールと先入観の話

桜の季節が終わって新緑の季節へ。雨あがりの翌日はUjiYogaHouseの植物たちもグングン育っています。朝起きてみるとビックリ!あなた達いつそんなに伸びたのですか??と聞くことも少なくありません。

20160421_081821-01

ランニング中に立ち寄った平等院の門の前の藤棚がとても綺麗でした。私のランニングはガチガチのランニング!(←ってイメージ伝わるかな?)ではなく、立ち止まって新芽を観察したり、花を愛でたり、鳥の姿を探したり…ランニングというよりも自然観察です。

「ランニングは立ち止まっちゃダメ!走り続けるのよっ!」(なぜかオネエ)みたいなイメージが昔はあったのですが、そんなこと今はまったく気にしていません。立ち止まりたいときに立ち止まって、街の人とおしゃべりを楽しんだり、自然を感じたり好きなようにしています。だって自分が楽しむために走ってるんですもん。ハッキリ言って辛いことは苦手です。

そういえばティーチャートレーニングコース(いわゆるTTCってやつです)でも「ヨーガの練習とはこういうもの」「先生とはこういうもの」などという【先入観】は妨げになると教わりました。

過去の経験や得た情報により、先入観を抱くことがあります。私のランニングもその例。現実とイメージがかけ離れているとショックをうけ、進歩する可能性や意気込みを自分で捨ててしまうことにもなりかねない。先入観は障害になり得るってことをわかっていないといけませんね。

ヨガってこんなもの!身体が柔らかくないとダメ!私なんかできないのかも!……諸々の先入観を捨ててどうぞお越しください。

 


【UjiYogaHouse 5月スケジュール】

●4/28(木)~5/8(日)ゴールデンウィークのお休みになります。この期間にかかるチケットは期限を延長します
●パーソナルクラスやってます!マンツーマンで効果を実感したい方におススメです。【詳しくはこちら】

スケジュールページはこちらをクリック
※スケジュールページからご予約いただけます。スケジュールページのカレンダーのご希望日をクリックすると予約ページに移動。再度予約の時間を選ぶと入力フォームに移動します。

5月スケジュール

UjiYogaHouse では手配りのスケジュール表もご用意しておりますのでお申し付けください。(画像をクリックするとサイズが大きくなります)

 

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

海外のホテル予約の方法(私の場合)

旅に出ようと決めたときにすることは航空券をゲットすること。そして宿を決める。

 

…なんですが、宿は現地に行ってから決めることもしばしば。そんな私でも初めての土地は前もって予約していきます。だってわからないから。ほら、一応女子なので危険な場所は回避したいじゃないですか。ね。

ホテルの予約サイトはたくさんあるのですが、大抵私はagodaで予約しています。

agoda1

http://www.agoda.com/
agodaで見て他のサイトでも見て…なんて比べたりもします。探しているのも楽しい。

まずはトップ画面で行先と日程をいれます。今回はベトナムホーチミンと入力。

agoda2

976件……どうやってえらべっちゅーねんっ!!と思ったあなた。大丈夫です。絞り込みましょう。

agoda3

エリアで絞り込むこともできます。でも行ったことないし、ガイドブックも持っていないとまったくわかりません。でもホテルの数を見ると1区が多いですね。

agoda4

そして並べ替えしてみる。料金(高→低)で並べ替えしたいところですが、そんな高級ホテルにとまらないので私の並び替えは(低→高)です。

agoda5

口コミのレビューも参考になります。外国の人が高いレビューを書いているのに対して清掃や対応に日本人は辛口だったりするのが国民性が出ていてオモシロイ。自分が何を大切にするかを頭に置いてレビューをみてくださいね。

 agoda6

料金(私は最も安いのをチェック!)とホテルのランク(☆~☆☆☆☆☆)とエリアで絞り込んで検索してみましょう

agoda7

よさそうなホテルが見つかったら、写真やレビューをチェック。念のためマップを見て場所も確認。

agoda8

うーん…………初めてのところではまったく見当つかないのだけれど、行ってみたい観光スポットなんかを前もってわかっていたらそことの距離をみるのもいいですね。

agoda9

そして部屋の予約。えぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!そんな割り引いてるん???ってくらい安くなってたりします。いや、いつもこの割引前の値段なのかわからないんですけど。

日本のホテルでの予約が1名●●円なのに対して、海外の部屋は大抵1部屋●●円。案外シングルルームは少ないので1人旅でもツインやダブルの部屋です。それでも安い。2人旅だともっと安い!(料金が半分になるからね)

さ、ここから予約に進むのですがキャンセル料も確認しておきましょう!プロモーション価格のものはいっさいキャンセルも返金もできませんとなっているものもありますので、予定が変更になる可能性がある場合は注意!

私はクレジット決済をしていますが、ホテルによってはすぐに決済される場合や宿泊前など条件が違いますのでこちらも確認を。あとは送られてくるバウチャーを印刷またはチェックイン時に画面を見せられるようにしておきましょう。

実際に現地でホテルを探すのも楽しいですが、時間のない旅や不安な場合は前もって予約するのに限ります。

今度のベトナム旅行ではフィリピンのマニラにトランジットで宿泊します。マニラは初めてなうえに、オンライン英会話のフィリピン人先生に危険な地区もあると聞いてちゃんと予約しましたよ。宿探しも旅の一部で楽しいです。

そのほかにもいろんなサイトがあるのでいろいろ試してみてくださいね。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

【本】ハツカネズミと人間

本の紹介ばかりしていますが、本を読むことと同様…いや、それ以上に海外ドラマを見るのが好きです。これはいつから好きなのかは思い出せないのですが、高校?大学??うん十年前からであることは確かです。ビバリーヒルズ高校白書で見るアメリカのませた高校生の生活にドキドキしたもんです。(遠い目)

で、ですね。最近見ていた海外ドラマ「LOST」で登場人物のソーヤ(ここではLOSTの説明は割愛)が言うんですよ

『二十日鼠と人間だよ。読んでないのか?』

てね。

私「よ、読んでないです…」(注:セリフは私に向けた言葉でもなんでもない)

20160415_141847

なので読むことにしました。(絵本は一切関係ありません)

『二十日鼠と人間』 著*ジョン・スタインベック

いつかは自分の農場を持ちたいと夢を見る小男ジョージと、兎を世話することだけしか頭になく、常にジョージの夢を打ち砕いてしまう、うすのろの大男レニー。南カリフォルニアの農場を渡り歩く二人の労働者を主人公に、夢を追いながらも過酷な現実に裏切られる、下層階級の悲劇を描く。戯曲の形式を小説に取り入れた実験的な作品で、スタインベックの評価を一躍高めた出世作

私は「夢」と「目標」は違うと思っています。「夢」は私の中ではぼんやりと掴みどころのないふわっとした印象を持っています。『いつか白馬の王子様が!!』という感じ。それに対して「目標」は現実味を帯びています。そこに向かう行動と指標がある。(されにその先には「目的」があるのですが…)

とはいえ、「目標」の先にある「目的」のことを「夢」と呼ぶ人もいるでしょう。

このジョージとレニーが繰り返し語る「夢」は生きていく上で必要だったと思います。形にできるできないではなく、語ることで生きている力となっていたのです。しかしそれが現実味を帯びてきたときに起きる悲劇。

The best laid schemes of Mice and Men
Gang aff a-gley,
And leave us naught but Grief and Pain
For Promised Joy

…………Robert Burns

『二十日鼠と人間』(Of Mice and Men) という題名はロバート・バーンズの詩から借りてきたもの

「二十日鼠と人間の、最善を尽くした計画も
後からしだいに狂って行き
望んだ喜びのかわりに
嘆きと苦しみのほかは、われらに何も残さない」
という意味で、この小説のテーマにじつにぴったりしている。(大門一男・あとがきより)

愛が在るからゆえにしなければいけない行動があるということ。そしてその行動にあとには嘆きと苦しみが訪れることもあるということ。

しかしながら「相手を想っている」と自分のエゴで思っているのかどうかはきちんと見分ける力がないとね。結局はVIVEKA(ヴィヴェーカ/真実と真実でないものを見分ける力)とVIRAGYA(ヴァイラーギャ/離欲・好きなものにも嫌いなものにも執着しない)だよな。

やるせなさをかんじるのだけれど、心の片隅では小さな灯が宿るような作品でした。映画「グリーンマイル」に通じる感じ。

 

アマゾンでも楽天でもとても評価の高い作品です!

映画にもなってますよー

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

【本】乳と卵*川上未映子

古本チェック中毒なんじゃないかと思うくらい、近所の古本屋さんで読みたい本を探してしまいます。

まだ読んでない本たまってるのにね。ネットで注文することもあるのですが、実店舗はお宝探しみたいで好きなんですよね。リアルタイムで売れている本は在庫がなかったりするけど…。何にせよ中毒です。今はベトナム旅行にもっていく本を選抜中。いい加減電子書籍にすればいいのに(本棚もいっぱいだし)、読んでる途中で電源切れるのが怖いんですよ。THEアナログ人間。

ある日の古本屋巡回で購入した本です。

20160407_180420

乳と卵(ちちとらん) 著*川上未映子

2008年芥川賞受賞作。この方の作品は初めて読みました。改行がなく句読点のみで続いていく文章。こういう文体はれ親しんでいないので、違和感があったのですが読んでいるうちに「あぁ…これは頭のおしゃべりと一緒だな」と。

毎日止むことのない頭の中のおしゃべりを文字におこすとこんな感じなのでしょう。

姉でホステスの巻子としゃべることをやめた娘の緑子。「わたし」の居る東京に訪れた3日間の話。

しゃべることはやめた緑子は筆談。そして自分の考えたことをノートに記録しています。この記録が思春期特有でもあり、思春期をとうに過ぎた私にも共感できる内容。

だいたい本のなかに初潮を迎えた(←迎えるって勝手にきただけやろ)女の子を主人公にした小説っていうか本があって、読んだら、そのなかであたしもこれでいつかお母さんになれるんだわ。って感動して生んでくれてありがとう、みたいあなシーンにそういうセリフが書いてあってびっくりして二度見した。

だいたい本に書かれている生理はなんかいい感じに書かれすぎてるような気がします。これを読んだ人に、こう思いなさいよってことのような気がする。

単にあそこから出血する、ってことが女になるってことになって、それからなんか女として、みたいな話になって、いのちを生む、とかそういうでっかい気持ちになれるのはなんでやろうか。そしてそれあほんまにほんまにいいことって自分で思うことなんかな。

いやー…ひねくれてて好き。ちょっと斜めから見てる感じがたまらん。

小学生なんだけど、大人に向かっていく身体とそれを受け入れていく心の過程。母親との生活の中で見えている大人という存在。あいだの悶々とした感じ。「あわい」(間)という言葉をあてはめたくなる。

 

乳と卵 [ 川上未映子 ]

乳と卵 [ 川上未映子 ]
価格:432円(税込、送料込)

そうかそんな表現を使うのか!という言葉がたくさんちりばめられている中編小説でした。

 

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

パラレルワールドはある?!【本】量子力学が語る世界像

「電子は粒であり波である」

二重スリットの実験という動画をはじめてみたときはまったく意味がわからず…

この動画↓

観測すると結果が変わるというなんとも不思議な実験。

でもなんどとなく、この二重スリットの実験を目にすると興味が沸いて本を読んでみました。

20160404_112703
量子力学が語る世界像  著*和田純夫 

マクロの世界であっても私たち人間は原子でできているわけで、その最小単位(といわれている)量子の働きを知ることは自分を知ることにも繋がるのではないだろうか。

量子力学がこの世の根本原理だとしたら、原子一つ一つのみならず、それから構成される物体、人間、天体、そして宇宙全体も同じ原理で説明されるべきものである。

量子のミクロの世界はわたしたちが見えているマクロの世界とは違った動きをします。普通はボールを投げれば動きは予想できます。しかし電子の動きは「確率的に予言できる」といわれています。それにより自然界は確実性ではなく確率性でなりたっているとも言える。

この説に対してアインシュタインは「神はサイコロをふらない」と反論したそうです。でもってその反論が「神のすることを決めることはできない」。ここだけ聞くと子どもの喧嘩みたいですけどね。「おまえのかーちゃんでーべーそー」「おまえ、俺のかーちゃんもへそみたことないやろ!」みたいな。

量子の動きは確実ではない。ではそこにあるということやどのような動きをしているかということを決めているのは測定するということ。測定していることが位置を決める。なぜならば

人間という存在も精神の機能も、世界の中の現象の一つである。だから人間は、共存している複数の状態の外側に立って、全体を見通すことはできない。人間もひとつひとつの状態の中に存在し、自分が存在している状態しか観測することができない。それが人間による観測に対し、量子力学が厳密な予言ができない理由である。量子力学は自然を完全に記述しているが、人間はその一側面しかみることができないのである。

だから二重スリットの実験で観察することによって粒子が粒になったら波になったりすることもあり得るということになるんですね。

ミクロの世界の曖昧さは物質の状態が大きくなると消えていきます。だって私は現にココにいるし、意思や規則をもって動いていますから。どうして曖昧さがなくなるのかはまだ議論されているそうです。そのひとつの主張である「多世界解釈」というのがこの本で述べられています。

ミクロの世界のすべての可能性は消滅せず、すべて別々のストーリーが展開している。人間は量子力学が表す「実在」の内部にあるためひとつの世界しか認識していない。人間は量子力学が記述する世界全体、つまり共存している状態を全部をみているわけではない。全体は人間の観測を超えた存在である。というのが多世界解釈。(私の知識が浅いので、私自身の解釈が間違っていたらすみません)

私の持っている身体や意識を通してしか「私」を見ることができない。それと同じように私たちの目の前に現れている世界を通してしか、全体を見ることができないし、だからこそ見えない。

そんなことを少ない脳みそをプスプスと音を立てながら考えていました。(オーバーヒート気味)

量子力学が語る世界像 [ 和田純夫 ]

量子力学が語る世界像 [ 和田純夫 ]
価格:972円(税込、送料込)

さて、この本に記載はないのですが、カップリングした2つの電子などの複数の物体の量子的状態が、空間的に離れているにも関わらず強い相関を示す「量子もつれ」も興味深い現象があります。

意識事態が量子であり量子もつれという現象があるのであるならば死後の世界はあるということだとか…なんちゃらかんちゃら…いろいろ論議されていたりするわけです。量子と意識の関係もおもしろそうだなーと思うのです。

いろんな人がいろんなことを言うているので、自分の頭でしっかり考えて(マナナン)見極めないとあらぬ方向進んでいく可能性もありますからね。みなさんもお気をつけあそばせ!

本読むのは難しそうだけど、映像なら見てもいいかなって方はこちらをどうぞ!ちょっと長いけどね。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse