ヘッドスタンド(頭立ち)が簡単な理由

私が練習をしているシヴァナンダヨーガは決まった順番で12個のポーズを練習します。同じポーズを練習していてもというか同じポーズを練習しているからこそ微細な変化を感じ取ることができてオモシロイ。

その12個のポーズの一番最初のポーズがキングオブアーサナと言われるヘッドスタンド、頭立ちのポーズ。

普段足で立っているのが逆転するから「無理無理無理無理…」って思われる方も多いんですよねー。「シヴァナンダヨガってヘッドスタンドするんですよね……」と恐々。

 

その恐怖心からシヴァナンダヨーガを味わわないなんて、もったいなぁぁぁぁい!(私はそんなことも知らずに参加して、ヘッドスタンドを見たときに「何やらすねんっ!」ってびっくらこきましたけどね)しかも、最初から完璧な形なんて求めていません。ヘッドスタンドにむかうその過程が大切。今日の自分ができるところが今日のポーズの完成形。それにクラスではやりたくないのに無理強いはしませんのでご安心ください。やりたくなったら練習してみましょう。

 

でもね、「私は頭で立つなんてできない」って思っているのは思い込みです。あなたの身体は思っている以上に高性能なんです。そして理論的にも足で立つよりも頭で立つ方が簡単。頭で理解したいあなたのために、今日はなんで簡単なのかを私の視点で書いてみたいと思います。

ヘッドスタンドってこんな形。

DSC01053

 

肘は肩幅、手を組んで三角形を作っています。

 

◎ヘッドスタンドが簡単な理由その①

通常、立位の姿勢では床についている足の部分の上に身体の重心がきていることで安定して立っているわけです。で、このヘッドスタンドではこの三角形の中に重心がくれば安定するんです。理論上ね。

1人で撮影してましたので手を組んだ三角形を上方から撮ることを断念…。かわりにタオルで手の形をつくってみました。

DSC01872

 

足を閉じてたってみると随分と三角形が大きいのがわかりますね。ほらー、普段よりも重心が入ればOKな位置が大きいんですよ。

こっかっら

DSC01857
徐々に重心を三角形のなかにいれると…

DSC01854
ふわっと足が浮く

DSC01860

ほーら簡単。

◎ヘッドスタンドが簡単な理由その②

成人の頭の重さは約5キロといわれています。このボーリングの玉のような重さを体幹で支えているのです。(厳密にいうともっといろんなことが関わってくるけれども…)このボーリングの玉が上から下にあることで負担は減りますよね。

逆に上にくる両下肢の重さは体重の35%ほど。しかし、抗重力筋(重力に逆らって姿勢を保つときに使われる筋肉)があるゆえにバランスを取りやすい。

DSC01861

ほーら簡単。←暗示をかけてる

◎ヘッドスタンドが簡単な理由もろもろ

ヘッドスタンドが初心者でもとっかかりやすいのはポーズの派手さに対して高い柔軟性を必要としないこと。ポーズを少しずつ進めていくなかで必要な柔軟性や筋力を高めていけるのも魅力です。

「できない」という心のブロックを外してくれる、勇気を与えてくれるポーズであると思います。だから、なんだっていつかできるよなーって思わせてくれる。

あなたが思っている自分の姿は本当ではなく、自分で殻に閉じ込めているんだよって。そんなことを教えてくれるポーズ。ね、素敵なポーズでしょ。だまされたと思ってやってみて!

【関連記事2016年11月追記】
ヘッドスタンドの練習方法を分解して考えてみる①<心の準備編>

ヘッドスタンドの練習方法を分解して考えてみる②<身体の準備編柔軟性>

ヘッドスタンドの練習方法を分解して考えてみる③<身体の準備編筋力>

※初めて練習するときは先生の指導のもとで安全に行ってくださいね

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

4/4(土)太陽礼拝集中クラス@TAMISA三条

2月に開催し、好評いただいた太陽礼拝集中クラス。

ありがたいことに4月も開催させていただきます!

「美しい」と感動するような太陽礼拝を見てから太陽礼拝に魅了されています。12個の姿勢(ポーズ)を連続して行う太陽礼拝は全身を力強くそしてしなやかにしてくれます。

「ヨガクラスを受けないとヨガの練習ができない」から、この太陽礼拝集中クラスを受けると「少しの時間でも自分で練習ができる」に変わります。

もちろん、セルフプラクティスを続けている方にもおすすめのクラスです。

トレーナー視点から身体を分析してしまうのですが…あまりマニアックになりすぎないようにしないとねー。とイソイソ準備中。

おまちしてます!

 

 太陽礼拝集中クラス

日程: 2015年04月04日(土)16:30~17:50(80分)
 
会場: 三条寺町スタジオ
 
講師: Sachiko
 
料金: 各種チケット有効、レンタルマット¥100、ドロップイン¥2,700(マット付) 

 

詳しくはYogaStudioTAMISAホームページへ

 

京都宇治の小さなヨガの家UjiYogaHouse Sachiko

一期一会とは

人の出会いと別れについて考える機会がありました。いろいろと考えたことを綴ろうとしたのですが、以前感銘を受けた言葉が頭に浮かび引用させてもらうことにしました。

私たちに訪れる毎日、出来事は普遍なものなどない。儚い。

その儚さが人の一生をより美しいものにしているのだと思います。

だからこそ会いたいと思ったら、会わなければならない。

**************

人生に起こる出来事はいつも「突然」だった。昔も今も…。

もしも前もってわかっていたとしても、人は本当にそうなるまで、何も心の準備なんかできないのだ。結局は、初めての感情に触れてうろたえ、悲しむことしかできない。そして、そうなって初めて、自分が失ったものは何だったのかに気づくのだ。

でも、いったい、他のどんな生き方ができるのだろう?いつだって、本当にそうなるまでに、心の準備なんかできず、そして、あとは時間をかけて少しずつ、その悲しみに慣れていくしかない…。

だからこそ私は強く強く思う。

会いたいと思ったら、会わなければならない。好きな人がいたら、好きだと言わなければならない。花が咲いたら、祝おう。恋をしたら、溺れよう。嬉しかったら、分かち合おう。

幸せな時は、その幸せを抱きしめて、百パーセントかみしめる。それがたぶん、人間にできる、あらんかぎりのことなのだ。

だから大事な人に会えたら、共に食べ、共に生き、だんらんをかみしめる。

一期一会とは、そういうことなんだ……。

«日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ    森下典子»より

image

She is a mother!

大好きで尊敬している女性であり大切なお友達が母になりました。元気な男の子のお母さんです。

いや、彼女はもっと前から母でした。彼女のお腹に子が宿る前から母だったと思います。

私が彼女と出会ったのはタイのチェンマイでした。そこで彼女とすごした10日間は今でもぎゅーっと抱きしめたくなるくらい、愛おしくカラフルな毎日でした。

IMG_20121010_075714

 

日本を離れアメリカで住む彼女のブログ。彼女の綴る言葉が大好きでよくよくチェックして読んでました。そこにはまさに私にあてて書かれたかのような(書かれてないんだけど)言葉が並び、何度となく心救われました。

まだお腹に宿る前に書いた子供たちへの言葉からは、子供たちを見つめる愛あふれる母の眼差しが浮かびます。

彼女が子供たちにあてた言葉を記したブログの一節。あまりにも素敵だから引用させてね。

***ここから引用***

◎「絶望と奇跡」

人生が期待通りにいかなくなった時、目の前に希望の光が見えなくなって、悲しみの波が押し寄せてくることを、人は絶望と呼びます。多くの場合、突然にやってくるのが絶望の特徴です。これから先、あなたに絶望が訪れたのなら、無理に前向きにならず、まずは自分の心と体で、しっかり悲しみを味わうとよいでしょう。やがて、あなたの心に絶望をもたらした正体が見えるはずです。「どうして私は悲しいか。」・・・絶望から目をそらさず、その真の答えを見つけた人にだけ訪れるとても素敵な出来事を、人は奇跡と呼びます。

実のところ、この世の全ては奇跡です。あなたこそが奇跡で、あなたにはいつも奇跡が訪れています。しかしあなたの奇跡箱がパンパンでは、新たな奇跡が入るスペースがありません。だから神様は時々、奇跡箱を整理するために、絶望というチャンスをプレゼントしてくれるのです。絶望は、奇跡のために存在するのだと私は思います。

************

失敗してもそこから学べばいい。「やっても意味ない」「どうせ無理」「今さらやっても」…そんな言葉は相手の可能性に蓋をしてしまう言葉だと思います。きっとやったことのない人がいう言葉。絶望の先にも奇跡はあるのだから。

彼女の出産の報告を聞いて胸が熱くなり、生命の誕生というのはなんて神秘的で幸せなことなのだろうと改めて感動しました。

産まれてきたすべての子たちがこの世界の楽しさやおもしろさを、そして美しさを存分に味わえますようにと願わずにはいられません。

 

ね、感じてみて。この世界は愛で溢れているんだよ。

 

IMG_20121011_203457

京都宇治の小さなヨガの家UjiYogaHouse Sachiko

どのヨガをするかということ

家製酵母でベーグル作り

今日は同じ配合のベーグルを全く違う作り方をして味の違いを楽しむというマニアックな遊び(?)方をしています。

「ベーグル焼きあげる」という最終のゴールは同じなのですがゴールに至る道が違う。

あ、これってヨガと一緒やん

いろんなヨガがあってあっちもこっちもってなりやすいけど、ヨガの最終のゴールは一緒。道のりが違うだけ。

他人の庭の芝は青く見える。だからふらふら~っと違う道に惹かれたりするのだけれどまたスタート地点(他のヨガをやっている時点でスタート地点ではないとは思うけど)にもどっちゃうとまたゴールへの道のりが遠くなる。せっかく進んでいるのにね。

 

日本にいてると「足りない」っていう意識が強くなる。「足りない、足りない。あれも欲しい、これも欲しい」「あの資格がないと」「この資格もないと」。マーケティング戦略にがっぷり飲み込まれてアリジゴクのようにズルズル消費への一途。「得る」ことに一生懸命。「与える」んじゃなくて。だからあっちにふらふら。こっちにふらふら。

て、言うてる私もふらふらするんだけど(笑)、そんなとき何のためにしているのかって本当に必要なことなのかを熟考するように気を付けてます。

いろんなヨガあっていろんな道がある。ヨガって言っても身体を使うだけがヨガじゃないってのがこれまたヨガのおもしろいところ。

まるっ!!

 

DSC01799

ヨガをする場所ってどこがいいの?

ホットヨガやスポーツクラブでのヨガとヨガスタジオでのヨガ…どちらがいいのでしょうか?

 

そんなことをなやんで両方を体験される方もいらっしゃるようです。

アーサナを練習するということは身体を使うということなので身体へのアプローチは同じです。

私はスポーツクラブで働いていた経験からヨガのプレコリオレッスン(事前にやることが決められている)を担当していたことがあります。身体の使い方やアーサナの効用はわかっていました。(理解し咀嚼して自分のものとなっていたかは不明)

 

身体を動かして気持ちがいいし、アーサナから享受されるものがたっぷりあるでしょう。気持ちがいいならいいのです。効果を感じられればいいのです。

 

結局は「自分の好みで」というのが結論ではあるのですがここからは私の経験を。あくまでも「私の場合は」ですよ。

 

ヨガスタジオでヨガを体験し、通いだしてから最初はクラスの後はなんだかわからないけどスッキリしていて世界がキラキラしているように見えました。ヨガ嫌いだった私が!まぁベストなタイミングでヨガに出会ったってことでしょう。すべての物事は決められているのです。

 

なんでヨガをやると幸福感を得ることができるのか。そんなことを疑問に思いヨガのティーチャートレーニングコースに行きました。(いわゆるTTCってやつです)

 

ヨガ哲学や解剖学…いろいろ勉強していくとヨガはヨガマットの上だけではなくなりました。マットを降りていてもそこにはヨガがありました。

 

日常の中でヨガの教えが活かされることが増えたのです。アーサナ練習のときに先生が言ったことが、日常にピッタリはまったり。

 

変わりゆく毎日。過ぎ去る時間。目に見えるもの感覚で捉えられるものに不変なものなど何もない。

 

「続いていく刹那な瞬間へ適応できる力」

 

ヨガを続けていて少しずつ身についてきたように思います。そう。そんなことをヨガは教えてくれています。

 

 

スポーツクラブでヨガを伝えているときの私はこの記事で前述したように身体に捉えられ、ヨガの本来の効用を存分に伝えきれていたなかった。ヨガ苦手だったしね。(猛省)

 

 

もちろんスポーツクラブやホットヨガでもそれを伝えてくれる先生はたくさんいらっしゃいます。ヨガスタジオだからいいとかスポーツクラブだからとか…そんな外側の箱ではわけきれないものがたくさんありますからね。何が良くて何が悪いなんてものはない。

 

 

なぜヨガをし、どうヨガするのかは人それぞれ。

 

だからね。結局のところ「自分の好み」ってことになるわけです。

 

 

208526_2931698669137_1343314489_n

↑TTCの一コマ

京都宇治の小さなヨガの家UjiYogaHouse Sachiko

 

ヨガスタジオTAMISA3月スケジュール

京都宇治の小さなヨガの家UjiYogaHouseのSachikoです

ヨガハウス以外のヨガクラスのご案内です

◎TAMISA七条スタジオ(女性専用スタジオ)

3月7日(土)11:00~12:20 Relax 

毎週土曜日 13:00~14:20 シヴァナンダビギナー

※3月21日(土)代行 Saki先生 Relax

体験随時受付中!

料金等詳しいことはTAMISAのホームページをご覧ください

 

 IMG_4731

 ↑1か月過ごしたアシュラムに居た犬。本文とは関係なしっ!

UjiYogaHouseOPEN!と4月スケジュールのこと

京都宇治の小さなヨガの家。UjiYogaHouse

4月3日(金)OPEN

一粒万倍日である4月3日。京都宇治に蒔いた小さな小さな種。ここに集うみんなが気どらず居られる場所となり、いつか万倍の笑顔が実りますように!

YogaClass 90min
(女性限定/定員6名/クラス後のお茶付)

朝クラス:10:00~11:30
昼クラス:13:00~14:30

<月曜日>
6日 20日

<火曜日>
14日 28日

<水曜日>
8日 22日

<金曜日>
3日 17日

※料金&予約は こちら

ちょっとそこまで。お茶のみ行こかー。くらいの軽い気持ちでお越しくださいませ

 

IMG_4625

自家製天然酵母

DSC00626

自家製酵母でパンを焼いてます。

レーズンからできた天然の酵母の力を借りてぷっくり膨らみます。

私自身の調子の良し悪しがパンの焼き上がりに影響するのは酵母が私の気持ちを感じ取っているからでしょう。

なんとも奥が深いパン作りの世界。だからおもしろい。

嫌よ嫌よも好きのうち

好きだと思っていたものが実は好きじゃなかったり、嫌いだと思っていたものが実は嫌いじゃなかったり…

こんなことをなんというのでしょう。思い込み??ヨーガの用語でいうとマーヤー???真実を覆い隠してあたかもそれが真実であるように振る舞っている。

かくいう私もヨガが「嫌い」でした。↑これの考え方だと嫌いと思っていたってことかな。スポーツクラブで働いてガンガン動いていた当時はこの小さなヨガマットというスペースに1時間も閉じ込められるということが我慢ならなかったのですよ。

そのうえ「身体が固く」てヨガのポーズが苦痛。(だと思っていた)

そんな私が仕事でヨガのクラスを担当していたことが申し訳なくてたまりません。ごめんなさい。こういうことって絶対に伝わるんです。言わなくてもねお客様には伝わっちゃう。案の定集客はよくない…。。。会社員だったとはいえその当時のことを猛烈に反省しております。

で、ヨガが嫌いだった私はいろいろなタイミングが重なり晴れてヨガを教えることを辞めヨガから解放!ひゃっほい!!!

それから数年後体調を崩し、いつもの「筋トレすれば治る!病は気から!!!」が効かず困ったあげくにヨガに救いを求める。「嫌いよっ!」と言って別れた恋人に「やっぱりあなたがいないとダメなの」とすがるイメージ。なんとまぁゲンキンな。

ヨガのクラスのあとは身体も気持ちもスッキリしてたし日常生活でもモノの見方や考え方も変わってきてなんだか楽しくなってきた。ヨガって凄い!ヨガが好きーーー!

と嫌いだと思い込んでいたものが好きに変わったわけです。

 

身体が固いと思っていたのも誰と比べていたのか、勝手な自分の基準だったのか…そんなことどーでもよくなって固いなりに身体の変化を楽しめるようになりました。

だからヨガのこんなポーズや

Sivananda and Vishnu
こんなポーズが

images

できないとダメ。とか私にはできない。とかも思い込みなんだよね。

思い込みの力は上手に使いたいものです。

嫌よ嫌よも好きのうち。