タイ

【タイとヨガのこと】女子に超おススメhoshihanavillageとヨガリトリート

こんにちは!UjiYogaHouseのSachikoです。

私は初めて一人で海外旅行に行ったのが2012年の秋

タイのチェンマイで行われるヨガのリトリートに参加するためです。

リトリートretreat】
1 退却。撤退。後退。2 隠居。避難。また、隠居所。隠れ家。避難所。仕事や家庭などの日常生活を離れ、自分だけの時間や人間関係に浸る場所などを指す。

ヨガの先生になるコース(TTC)に参加する前で、会社員をしていた私は12日間のお休みをもらって超絶リフレッシュしたのです。(そしてTTCに参加することを決め数か月後に退職いたしました)

リトリートの会場となったhoshihana villageがすごくおススメ!

そしてそこで行われるシータ由美子先生のリトリートもすんごくおススメ!!(参加した2012年が第1回、私が参加しときと若干内容が変更していますのでご注意ください)

■hoshihana villageとは

1万㎡ほどの敷地の中に点在する、
それぞれスタイルの違うhoshihana villageの8つのコテージ。
木々や花々に囲まれ、鳥の声とともに目覚め、心地よい食堂で朝食をとり、夜はプールサイドで一杯飲みながら星空を眺める、、、

ご自分の別荘にいるような気分で、
ゆっくりとした時間を過ごしにいらっしゃいませんか。

hoshihana villageHPより>

この素敵な施設は小林聡美さん主演の映画「プール」の舞台でもあります。

それぞれのコテージにはキッチンもついていて、自分で料理をすることもできますし、食堂で美味しいご飯をたべることもできます。
(リトリートのときはみんなでご飯たべますよー)

私が泊ったコテージはこちら↓↓
(写真ボケボケで失礼します…)






4人部屋。リトリートで初めて会った4人での共同生活がスタート。

これがね…本当に不思議なんだけどしっくりくるんです。めちゃたのしかったなー

■泊まることが支援になる

ホシハナの横にはバーンロムサイという施設があります。バーンロムサイは、HIVに母子感染した孤児たちの生活施設です。

バーンロムサイでは、自立のための事業として、縫製場とコテージリゾートhoshihana villageを運営してきました。この事業がいわば“家業”となり、子どもたちの将来の職場や職業訓練の場ともなることを願い継続してきましたが、嬉しいことにhoshihana village、縫製場、大工チームでそれぞれ1名ずつバーンロムサイの卒園生が働いています(2018年3月現在)。これらの事業が子どもたちの就労と結びつき始め、これは活動の大きな成果と実感しています。

<バーンロムサイHPより>

この施設の代表が名取美和さん

そう日本人の方なんです。(それよりも私の若さよ…笑)

バーンロムサイの自立のために始まった事業がホシハナヴィレッジですから、宿泊することでバーンロムサイの応援をすることができるのです。


↑子どもたちとの交流で一緒にコムロイ(灯ろう)飛ばしました!

泊まっている人たちも幸せだし、子どもたちも幸せになるし…なんて良いループ!!

■ヨガのリトリートってどんなの?
私の参加した『暮らしと知識のリトリート』はシヴァナンダヨーガのシータ由美子先生が開催されています。

やばい…この写真しかなかった…

本当に素晴らしい先生で大好きです!!

心地よいコテージでのシンプルライフ。風がぬけるsalaでのヨーガ体験。オーガニックファームで取れる新鮮野菜と、ターおばさんの直伝メニュー。ヨーガはゆったりとしたシヴァーナンダスタイルです。初心者の方も安心してご参加下さい。講習では老若男女に喜ばれる、タイ式フットマッサージをご紹介。 

ヨーガのリトリートとしては少し長めの当企画。

忙しい日本人にありがちなトンボ帰りの旅では、せっかくの良い習慣も身につきません。頭の中の雑音を手放すにも、急には無理、ということで、一週間以上のスケジュールにしてあるのですが、日に一回のヨーガ、二回の瞑想、一回ずつのマッサージ講習と座学・・・なんだかとても忙しそうにみえるけど、毎日のフリータイムが実は有意義な時間なんですよ。テレビも無い。うるさい広告と音楽で誘惑するショッピングモールもありません。あるのは新鮮な空気と、静かなプール。

加えて、チェックインの日は午後3時から夕食まで、チェックアウトの日は午後12時まで、まるまるノンビリしていただけます。

2017年のリトリートの案内ではスケジュールはこんな感じ↓↓↓

【スケジュール】
 5:00 起床

 5:30 瞑想とチャンティング
 7:30 ティータイム 
8:00 ヨーガ実践
10:00 ブランチ
11:30 講義、その他
12:30 フリータイム
15:30 マッサージ講習
18:00 ディナー
20:00 瞑想とチャンティング
22:00 就寝


自由時間はプール号にのって市場に遊びにいったりしました

部屋にまで遊びにきちゃうネコたちと遊んだり…

施設内をお散歩したり、何にもないのが最高に贅沢な時間でした

■一旦リセット、また明日からの元気のために
忙しい毎日から離れて、ヨガをどのように暮らしに活かしていくのか体験する。

それが日本に帰ってからの元気になる。

リトリートに参加しなくてもhoshihanavillageに泊まるだけでもリフレッシュできますよ

もっとヨガに触れてみたい、1人で海外で過ごすのは心配…という方はリトリートに参加してみてくださいね。

2018年の概要はでていませんが、実施されるようなら迷わずGO!!!

詳しくはシータ由美子先生のHPをチェックしてください 

あーーーーーーーーー!私も戻りたーーい!

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse