【私のこと】「産む」ということ

「はじめてのおつかい」というテレビ番組を数分(ほんの数分!)見ただけで号泣してます。こんにちは!UjiYogaHouseの人Sachikoです。

私達夫婦には子供がいないのですが、子どもが居たら大変なこともたくさんあるけれど夫婦2人では味わえないとてつもない感動を味わうことがあるんだろうなぁと「はじめてのおつかい」を数分(繰り返しますがほんの数分です)見て考えていました。

過去にブログをアップしたあとにすぐに「非公開」にした記事があります。それは「産む」について考えた記事でした。

なんで非公開にしたのかも今となっては思い出せないのですが、自分の中での結論がまったくでないままで考えていることを書いたので不安になったからかもしれません。

子どもが居ないことは、娘が産んだ子を楽しみしている母には悪いことをしたなっていうのは思うけれど、娘(私)が笑顔で幸せに生きているんだからそれでいいじゃないか!とも思っています。(←開き直りともいう)

さて、先述した「非公開」記事。今読み返すと、非公開にするの理由も見当たらなかったのでせっかくなので公開します。

過去の自分が考えていたことに触れて、過去の私から今の私への手紙を見つけたみたいでちょっとドキっとしました。


↓↓↓↓↓↓ココから過去非公開にした記事↓↓↓↓↓↓

一般的な概念からすると私は「不妊」です。

「不妊」とは、妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、一定期間妊娠しないものをいいます。日産科婦人科学会では、この「一定期間」について「1年というのが一般的である」と定義しています。

「産む」ってことについては何度も書こうとしたのだけれどうまくまとまらずにずっと頭の中でグルグル考えていました。今もそうなのですが、頭を整理するためにも書いてみようと思います。

■結婚できなくて悩んでいたころ

33歳。独身。彼氏なし。会社を辞めて職なし。

そんな状態でシヴァナンダヨーガの勉強のために1ヵ月ベトナムへ。親はとても心配していました。「結婚相談所に登録したら」とまだ言われていましたから。「結婚したら両親が喜ぶのに私にはそれができない…。なんて親不孝なのだろう…でも誰とでもいいというわけではない。」と本気で悩んでました。

でも、ヨーガの勉強を始めて「執着すべきではない」と気づきました。

「結婚できない私」=親不孝/不幸せ ではないんです。結婚できても出来なくても、私の根本は幸せであるということ。自分の置かれている状況をどう感じるかは自分次第。

そう思えるようになったんです。

■夫と出会った頃

夫と出会ったのはベトナムでのトレーニングコースを終えてアジアを10日間ほど旅をして帰国して2週間後くらい。バリに再訪する前日でした。

このころの私は「私がこの人生の中で勉強すべきことが、1人で居ることによって起こることであれば独身であるし、2人で居ることによって起こることであれば結婚するだろう」と思えるようになっていました。

そんな力の抜けた状態が良かったのか、何なのか…半年後には夫婦になっていました。

■妊娠って簡単じゃないんですね
結婚した年齢は、高齢出産に入る手前。結婚できないと思っていた私は「子供を産む」ということについて、真剣に考えたことはありませんでした。ただボヤっと「結婚したら、子どもを産んでお母さんになる」って小さい頃から思っていたってこと。

小さい頃から身近にいる女性は母親。だから私もそんな風になるって思ってた。

だから結婚したら子供ができると思ってた。不妊とか出産に適した年齢とか、聞いたことはあったけど「結婚したらお母さんになる」ってただ単純に。

でもそんな簡単に出来ないのね。びっくりした。というか無知(笑)

ストレスが子宮へ現れたこともあったし、生理痛も酷く、冷え性だったので子宮の状態はよくなかったのも原因のひとつかも。(と勝手に思ってる。病院には行っていないから)

【関連記事】
あんなに酷かった生理痛が!!

■執着するのはやめよう
結婚して時間が経つにつれて「あー、このまま子どもはできないのかもな」って思うようになりました。

それでもほんの少し期待する瞬間があって、いつもより高温期が高いと(基礎体温は結婚前からずっと測ってます)「あれ??もしかして?そういえば…少し気持ち悪いような…」って思うこともシバシバ。THE想像妊娠!(妊娠を待ち望んだことがある方ならこの経験あるはず)

そういうときって「もし本当に出来てたらどうしよう」って焦るのに生理がきたらガッカリして…毎月落ち込むのがしんどい。…ちょっと待て私。結婚できないって悩んでいたときに学んだでしょ?「どっちにしても何にしても私は幸せ」って。私の勉強すべきことは夫婦2人の家族で起こることなのか、子どもから学ぶべきなのかはそれは私の決めることじゃないじゃない?

そこで私は決めました。「36歳の誕生日が来たら2人で生きる人生を考えよう」って。(年齢的な根拠はありません。私の直観で決めた年齢)

■楽しいを積み重ねていこう
36歳になってからは、夫と何をしてこの先の人生を過ごすのかを考えて、話して、そこに向かっています。

今でも「子供は欲しいか?」と聞かれたら「絶対欲しい」とも「絶対いらない」とも言えない。もしも私たち夫婦に子どもができたなら全身全霊で愛するし、一緒に成長していきたいって思います。(子どもができにくい私たち夫婦は少子化の解消に役立てず申し訳ないけど、、、、これが今の考え)

これから先も夫と二人であっても幸せだし、子どもができても幸せ。今、思い描いている未来はとてもワクワクするものだし、子どもがいたら2人では味わえないような幸せを感じることができると思う。(大変なこともたくさんあるだろうけど)

女性として生まれてきたからには、妊娠し産むということを経験してみたいという気持ちがないといったら嘘になるけれど、夫婦2人でできる楽しいことをいっぱい積み重ねていきたいと思っています。

■そして…
私はお母さんじゃないけれど、子どもたちがこれから生きる社会に対しては責任があります。子どもが居ても居なくてもそこはは放棄すべきではないと思っています。

この世界にこれから産まれてくる子供たちが愛に包まれ幸せに育っていくことを祈っています。もちろん、今まさに成長中の子どもたちも、昔子どもだった大人たちも!!!

妊活中、不妊治療中…妊娠を望んでいる皆さんに最善の結果がもたらされますよう。

これが「産む」ということについて、私が今考えていること。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

【私のこと】私の遊び方。今あるモノで自由に楽しみたい。

物を買うときに迷うと「これは無くても死なないな」とか「ぜいたく品やな」と考える。そのくせ突発的に「やりたい!」って思ったことは考えずに突き進んでしまいます。

石橋を叩いて叩いて…叩いていたかと思いきや急に川に飛び込むタイプのSachikoです。わぉ!

人混みが苦手。ショッピングにもさほど興味がない。欲しい物は?って聞かれると大抵調理器具かアウトドア(キャンプ)用品。そんな私の休日といえば、今あるモノを使って一人でブラブラと遊んでいることが多いです。

↑大吉山の展望台で野鳥と戯れる遊び

↑外でご飯を食べる遊び

↑野鳥が可愛いので家の庭にも遊びに来てほしくてみかんを設置して観察するあそび。(適当な木がなかったのでシュールな感じのしあがり。)

設置した数時間後にみかんを確認したら、果実がなくなってた!どうやら来てくれているらしい。部屋から食べている姿を見れる日が楽しみ。

↑雪うさぎをつくる遊び

↑寒波が来たので、寒さを存分に味わう遊び。吹雪いてた。

↑そして無駄にはしゃいでみる遊び

↑干し芋をつくる遊び。遊び?

↑そういえばこんなのもあった。カゴをつくろうとして変なオブジェをつくった遊び。

私にとったら家の中や庭、宇治の町や自然がナウいスポット(←死語)に勝る遊び場なんです。

見方を変えればいろんなことが遊びになる。でもそこには心の余裕が必要。不便ななかに楽しさを見出すことができて、不自由さを遊びに変えていける子ども心を持ち続けたいものです。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

 

これからも夫婦として居るために私から私へ伝えたいこと

 

①いつも機嫌よくいること

いつも機嫌よくいることは、自分にとっても周りの大切な人にとっても、とても大切なことです。機嫌が悪い人のそばに居たいなんて人はいません。自分が自分であることを喜びましょう。機嫌をとってもらうのではなく、自分で自分の機嫌をとれるようになりましょう。誰よりも私の心と体のことは私が知っているのですから。

②多様性や異なる意見を受容する

生きてきた背景が違えば、考え方も価値観も人それぞれです。いつも自分が正しいと思うのは間違いです。同じモノを見ていても、どの方向からみるかで形もかわります。価値観を広げ、多様性を受け入れましょう。そうすれば、人間としての深みもましていきます。私は自分の思うように物事が進まないとどうしようもない気持ちに襲われる傾向が強いので、特にきをつけましょう。

③見返りを求めず行いをする

相手の見返りを勝手に想像して、喜んだり悲観したりするのはやめましょう。見返りのために行為するのではなく、ただ私がやりたいからやるのです。愛からスタートする行為をおこないましょう。それによって得られる結果がどうであるかは、私によって決まるモノではありません。

④相手と自分を同一視しない

どれだけ近くに居ても、相手と私は別の存在です。いつもつけている指輪が、知らない間に「つけている」という意識がなくなり、自分と一体化してしまうように、あまりにも近くにいると相手を自分の一部だと思ってしまいがちです。忘れないで。どれだけ近くにいても私には私の、相手には相手の価値観や時間があります。だから、長年一緒にしても尊重しましょう。感謝の気持ちを伝えましょう。思いやりを持って接しましょう。永遠に続くものなどありません。今、一緒に居て幸せならば「幸せだ」と伝えましょう。


私の五感で捉えらえるモノ、心で感じているモノで永遠に変わらないモノはありません。だから今この瞬間を大切に。どれだけ年数が経っても、お互いに尊重し大切な存在であるために…結婚4年目に入る私への私から伝えたいこと。

dsc_8790

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

タイ国王から王女への手紙を読んでこのように生きたいと思った話

■タイにおける国王の存在

先日崩御されたタイ王国のプミポン国王がどれほど国民に慕われていたのかを、体感した出来事がありました。

20131205_103736

2013年12月5日 バンコクに到着した私はいつもと違う風景に驚きました。

20131205_103740
おまつり????なにこれ???ときょろきょろとあたりを見回す…

20131205_103521

全員が起立し、姿勢をただす……

そこにあったのは父と慕う国王の誕生日を祝う人々の姿でした。そう、12月5日はラーマ9世(プミポン国王)の生まれた日だったのです。

昼間、この会場では熱中症にならないようにとペットボトルの水が配られていました。もちろん外国人の私たちにも「国王からの水」はわけ隔てなく配られました。

20131205_193245

夜は花火があがり、町中の人々がロウソクを持ってお祝い。

ちょうど私はマッサージ店にいましたが、もちろん…

20131205_193736
私にも配られました。マッサージは中断。

夜は夜で、ふらふら~と歩いていると無料でスイーツを振舞っている場所を発見。配っている警察官が「国王の誕生日だから、あなたたちも食べなさい!」と。その警察官の顔が幸せそうな笑顔で素晴らしかったことを記憶しています。

20131205_103626
↑私も嬉しくなってバンザイ!!!!!

「こんなに慕われる国王、きっと素晴らしいかたなのだろう」とタイ国民ではない私も勝手にお慕いしていました。

■胸打つ言葉にプミポン国王の人柄をみる

プミポン国王から娘であるシリントン王女に当てた手紙の和訳をお友達が紹介していました。胸打つ言葉たちに国王の人柄をみました。

国王から王女への手紙
2004年10月6日

娘へ
この世界では、全てのものは常に対をなしている。
「闇と光 」「善と悪」
好きな方を選べと言われたら、誰もが明るい方を、良い方を選ぶだろう。しかし、その願いを叶えるには、明るい方、良い方に向かうには、人を愛することが必要だ。人を愛することで、あらゆる問題は解決できる。この世界は幸福で満たされ、平和になり、愛で溢れるようになる。

お前に伝えておきたい。

1. 周りの人をみんな友と思いなさい。共に生を受け、共に歳を重ね、共に痛みを分かち合い、共に天に召される。過去も、現在も、未来も、いつのときも、全てを分かち合う友だと。

2. 世界の良いところを見なさい。そうすれば世界はより良いものになる。現実をきちんと見ること。そうすることで、問題のあるべき解決策が導き出される。

3. 自分の足で立ちなさい。すでに満たされているのだというベースを自分の中に持つこと。今あるもの、今得られているものに満足すること。それがどうであれそれを受け取る。執着せず、あればいいが、なくてもいい、という考え方を持つこと。身の丈に合ったものに満足すること。持っているものが少なければ、得られるものが少なくても、それで満足すること。

ー 余裕を持つこと。自分に余裕がないと周りに迷惑をかけてしまう。
ーそこそこで満足すること、働いて、その働きに見合ったもので満足するということ。
ー 自分自身に見合った立場でちゃんと生きること。

4. ぶれない心を持ちなさい。怠惰は罪であり、勤勉さには価値があると知りなさい。嫌なことがあったときは、またいいこともあるし、楽もあれば苦もある、賞賛を浴びることもあれば陰口を叩かれることもある。ついてないときもあれば運に見放されるときもある。それが自然の摂理なのだ、と唱えなさい。
むやみに嘆いたりせずに、「そういうものだ」と思いなさい。

父より
2004年10月6日


このように生きることは難しいのだけれど、難しいからと言って諦めたくはない。少しずつ少しずつね…。忘れずに生きたいと思います。

タイ国民の悲しみが癒え、笑顔溢れる毎日が訪れますように。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

 

Hello! I’m Sachiko.

こんにちは。UjiYogaHouseのSachikoです。

DSC02189

いまさらながら自己紹介をしてみます。ほんと、今さらなんですけど…


【UjiYogaHouse前のお仕事】

大学1回生よりスポーツクラブでアルバイトを始め、大学卒業と同時にスポーツクラブへ入社。フィットネストレーナーを生業とする日々がスタートしました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑トレーナーの時の写真がこんなんしか残ってない自分が悲しい…仮装やん。。。

 


自分の名誉のために言っておきますと、キチンと仕事してました。上の写真も立派な仕事です。クリスマスに出勤すると「これを着てください」と言われたので着ました。

 

ジムでトレーナーとして運動指導をするだけでなくマンツーマンで運動を指導するパーソナルトレーナー、スタジオでエアロビクス・格闘技エクササイズ・バーベルエクササイズ(筋トレ)・ヨガ・ダンス系プログラム・調整系等々…担当してました。そしてフィットネスチーフとして運営・品質管理などもちょいと…。はい、マルチに活動してたということです。


ランニングのサポートとしてホノルルマラソンに同行したりもしてました。

P1010481
↑これはサンセットヨガの風景。マラソンっぽい写真がやっぱりありませんでした。


アルバイトから時代から計15年間。ざっくりいえばいろいろやってたってことです。

ざっくりすぎますね。すみません。やり直し!(笑)

人のカラダ、健康に関わるお仕事をしていまいた。(うん。これだな。)

 

【私の好きなこと】

①アウトドア活動(活動って言う??)

プライベートでは山を走ったり、歩いたり…

IMG_2648

富士山の山頂でご来光にむかってJump!! ちなみにこのとき高山病でグロッキー…


IMG_3899

キャンプも好きです。これは1人用のテントですけど、今年はオートキャンプなるものをオシャレにやってみたいです。



②旅

いろんな景色をみたい。自分の知らない世界に触れて価値観が広がっていく。だから旅はやめられません。

IMG_4925

↑1年に2回だけカンボジアのアンコールワットのてっぺんに朝日が昇るのです。

IMG_4015

グランドキャニオン。アメリカの国立公園はもう一度巡りたい!

DSC00357

大きい山を見ながら珈琲を飲みたい。ただその想いでネパールに行きました。


旅が好き。いろんな所に行きたいとかいいながら、お家大好き&超ビビりで心配性です(笑)

 



③自家製天然酵母でパン作り

 DSC00626

レーズンから酵母を起こしパンを焼いてます。気温、湿度といった環境だけでなく自分の体調や気分によってもできあがりが変わる自家製酵母パンはとってもおもしろい。

目にはみえないけれど確かにそこには生きている酵母がいるんです。

自分好み(バター、牛乳、卵を使わないシンプルなのが好き)に仕上げられるのも自分で作る理由のひとつです。


④畑

DSC00478

「自分が食べているものはどうやってできているんだろう?」

そんな興味から始まった畑。京都の花背(という山奥)のおっきな畑の手伝いから始まって、途中畑を移動し今は自分の家で畑をしています。

wpid-img_20150506_155153.jpg
今は夏野菜真っ盛り!雑草だって真っ盛り!暑い中の世話は大変ですが、採れたてを食べられる喜びがあるから楽しく続けています。

畑をやっているという人に出会うと何を育てているのか聞いてしまいます。みんなの畑に興味津々です。


ざざっと自己紹介をしてみました。

いかがでしたでしょうか?…って聞かれても困りますね。

これがヨガにまつわる以外の私の一部です。

 

ポジティブ、アクティブなイメージから一転、体調不良に悩むことも過去にはありました。そんなこんなでヨガの世界に足を踏みいれることになったのですが(スポーツクラブでヨガのレッスンをやっていたのとは別で)ヨガを始めたきっかけやヨガを続けていて変わったことなんかもボチボチ書いて行けたらなと思います。

 

KawaiSachiko

↑基本はお気楽、お調子者です。

 

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse