【ベトナム】ホーチミン空港からローカルバスで移動

コンダオ島を後にしてホーチミンへ戻ります

コンダオ島の案内はこちら↓↓
【ベトナム】最後の楽園?!コンダオ島①<予備知識・ホテル>
【ベトナム】最後の楽園?!コンダオ島②<カフェ>
【ベトナム】最後の楽園?!コンダオ島③<レストラン>

DSC04260

搭乗時間がえらい遅れていましたけど、焦る様子もなし…。ま、そんなものか。

空港から市内への移動って悩むところなんですが、リムジンタクシーは便利だけど高いし、メータータクシーの相場もよくわからんし…なによりも現地の人と同じように移動することに楽しさを覚える私たちはローカルバスを使いました。といっても乗るは簡単。バス乗り場もわかりやすい。(昔ネパールで乗ったローカルバスはまったくわからんかった…)宿泊予定のホテルもバスターミナルから近いしね。

ホーチミン空港についたら国際線まで移動します。歩いてすぐです。(後からわかったことは国内線のバス乗り場にも止まります。)

DSC04263

こんなバスが止まっているので「ベンタインマーケット??」とか聞くと教えてくれます。

確か152番。(不確かですみません)

DSC04262

この緑の制服のお兄さんはバスの料金係。運転手さんとは別にバスに乗っている人です。日本ではそんなシステムないけどアジアいくとあたりまえな感じです。

DSC04261

バスの中も綺麗。

1人5,000VND。どこで降りようがこの値段。そして大きな荷物はプラス1人として数えられます。ということで1人10,000VNDでした。当時のレートで50円くらい。

支払いはベトナムドンなうえに少額ですので、両替してさらに細かく砕いておきましょう。両替所でももっと砕いてーっていうとしてくれるます。(機嫌が悪くなかったら)

出発前にさっきのお兄さんにはらったら領収証をくれますので念のためもっておきます。

途中の停留所でとまって人が降りたり乗ってきたり…。土地勘ないので素直にベンタイン市場までいきますよ。ベンタイン市場の前に大きなバスターミナルがあるので間違えることはないと思うのですが、心配な方は料金徴収のお兄さんに「私はベンタイン市場まで行きたい!」と念をおしておき、たまに困った顔で見ると「ここでおりるんやでー」と教えてくれるはずです。私は大抵こういう手段でのりきってます。

バスに揺られること約30分。ベンタイン市場に到着!(写真撮ってなかったー)

エアコンも効いて快適なバス時間でした。ホテルの位置にもよりますが、空港からローカルバスの旅いかがでしょうか?
DSC04263

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

【ベトナム】最後の楽園?!コンダオ島③<レストラン>

いやー…ベトナム行ってからもう1か月経ってしまった。時が経つのは早い!

1か月も経っているのにまだ2つしか記事をupしてないという相変わらず持続力がない私。記憶を辿りながら書きましょう。

DSC04168

ということでコンダオ島です。

DSC04173

観光地化が進んでいるとはいえ、まだまだレストランも少ないコンダオ島。そんな中でおすすめのレストラン。

DSC04253

前日の夜にこのレストランの前を歩いたときに「えらいたくさん人いてはるわー」って見てたんですよね。なので行ってみました。

DSC04254

広いです。夕方に行ったので私たちともう一組だけ。店の中にバイクがはいってるくらい人がいませんでした。(帰るころには人が増えてきてました)

DSC04255

食べたのはこちら↑海鮮鍋。島だもん。海のもの美味しいよね。スープも美味。

DSC04256

 

これだけ??って思うなかれ!カニの下にイカやらエビやら隠れてて2人で食べるのも必死。お野菜はすでに鍋に入っているし、締めにインスタントラーメンまで出てきました。しかも2袋。

鍋の締めってすきなんですど、あまりにもお腹いっぱいで1袋でギブアップ。夫は「喉元まで海鮮がきてるー」というくらいお腹いっぱい。

なんでそんなにお腹いっぱいになったかというと、こちらも食べたから…

DSC04257

フライドライス。

軽い気持ちで頼んだんです。だって80KVDだったんです。日本円で400円くらい。そしたら山盛。2合くらいあるんちゃうか?ってやつがでてきました。

もう必死。必死のパッチ。

食べ終わったころには食べ物の匂いもキツイくらいしんどかったです。フードファイター…

この2品とビールとソフトドリンクを頼んで2人で2500円弱。ベトナムでこの値段は少し高いかもしれませんが、こんなにたっぷりと海鮮を食べられるのだから大満足です。

ちなみにこの旅のお気に入りレストラン1位タイです。(もう1つお気にいりレストランあり)

もし、コンダオ島に行くことがあればぜひ行ってください!(トリップアドバイザーでの評価はまちまちですけどね)

◎Nhà hàng Tri Kỷ◎
Nguyễn Đức Thuận, Côn Đảo, Bà Rịa – Vũng Tàu,

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

【ベトナム】ベトナム最後の楽園?!コンダオ島②<カフェ>

コンダオ島を訪れたのはベトナムの祝日にあたる日。祝日とあってベトナム人が国内旅行でコンダオ島を訪れていました。そして、祝日だからか…店が閉まっていて、人がいない…………

DSC04225

たまにいる

DSC04215

けどいない

DSC04209

いても休んでる

DSC04212

とまぁ昼間は観光客にも全く会わなかったのです。たぶんみんなはダイビングやウミガメツアーに行ってるのだと思います。私たちもホテルで誘われたんですけどね…「シュノーケリングツアーにベトナム人2人申し込んでるからと私たち2人で4人になれば安くなるよー」って。

DSC04213

ツアーの誘いを断って、ダラダラと歩いておひるごはんのお店へ

DSC04210

にしても、よく整備されていて、観光地化が進んでいると感じます。

で、冒頭にも言いましたがベトナムの祝日。なので…

DSC04226

お目当てのお店はお休み。。。。。ダラダラと歩いていても暑いもんは暑いのでめげそうです。なぜならカフェやレストランらしきものはここに来るまでにみかけてないから。(実際は他の通りにあった)

しかし!幸運なことに、チェックしていたもうひとつのカフェが近くに!そしてあいてたー

DSC04229

INFINITI Coffee & Restraunt 
TipAdvisorにはINFINITI Cafe&Lounge となってますがGoogleMapにはINFINITICoffee と載ってました。

DSC04228

 

おしゃれ

DSC04227

おしゃれです。現地の人というか西洋の方(でも常連っぽい)が来てました。

DSC04232
スムージーと(ビールは夫。ベトナムのビール333←バーバーバー)

DSC04233

サンドウィッチを。ベトナムではフランスパンのサンドウィッチはバインミーですね。

スムージーは40,000VD(ベトナムドン)=40KVD(ゼロが多いから千の位より上の数字で言われることが多い) 日本円で200円弱ほど。このお店は高めですが、それでもこの値段でスムージーが飲めるのは嬉しいかぎり。だからアジア旅行がやめられない。

 

DSC04235

お店の人もやさしくて、日本人旅行者に人気があるのもうなずけるお店です。

DSC04237

常連さんらしき人とお店の子どもと犬。

一人旅だとここで読書して過ごすかも!

DSC04230

がっつりローカルのお店ではなく、ちょっとおしゃれなお店でゆったり休みたいなぁってときにおススメです。気負わずに入れるしね。

 

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

 

【ベトナム】ベトナム最後の楽園?コンダオ島①<予備知識・ホテル>

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしたでしょうか?私はフィリピン経由でベトナムへ行ってきました。フィリピンでの思い出を書きたいところなのですが、初日に体調を崩し、一晩中トイレに籠ってました。。。。海外で体調を崩すということはなんと心細いことか…。なんとか翌日には体調が復活し、無事にベトナムホーチミンへ。そしてベトナムでの最初の目的地であるコンダオ島へ!!

まず予備知識。コンダオ島の位置はこちら。

無題

左上にある島はガイドブックでもおなじみのフーコック島。コンダオ島は右下のもっと小さな島。ホーチミンから飛行機で1時間程のところにあります。

流刑地であったために最近まで手つかずであったコンダオ島は2011年ブラピ家族が訪れたことで一気に有名に!日本のガイドブックに載っていないという逆説的な意味で有名な島です。(最近のガイドブックに載っているかどうかは調べてないのですが…)

詳しくはこちら⇒ ハワイより美しい海へ冒険しよう。ベトナム最後の楽園「コンダオ島」

↑上記のサイトにはタクシーは走ってないって書いてありますが、走ってます。(2016年5月時点)タクシーは空港にも数台いましたが、空港からはホテルのピックアップを利用したほうが確実だと思います。街には流しのタクシーも走ってます。きっと数年前までは走っていなかったのだろうなと推測すると急ピッチで観光地化が進んでいることを実感できます。ということで、早めに行くことをおススメします。

観光名所は流刑地やお墓。そしてダイビングスポットですが、一切行ってません。最初に言っておきます。何をしていたかというと、ダラダラしてお腹すいたら歩いてご飯食べにいくくらい。ということで、私のブログにコンダオ島のガイドブック機能はないと思ってください。

DSC04149

ホーチミンからプロペラ機に乗ってコンダオ島へ。ベトナムの休日と重なっていたので満席。

DSC04150

コンダオ島の小さな空港に到着します。

先述したようにタクシーも居てますが、必ずいるとはいえないのでホテルのピックアップを頼みましょう。

DSC04153

バスに揺られてホテルに向かいます。周りは何もないです。ほんとに。ところどころに建つ民家と鶏や牛。こんな風景大好物です。

ここコンダオ島に訪れる日本人の多くは(私が見た日本人は全員だった)シックスセンシズホテルへ宿泊するようですが、バックパッカー(最近は似非になりつつあるが…)の私達には目ん玉が飛び出るくらいのホテルなのでもちろん違うところに宿泊。それでも私たち達には豪華すぎるホテルです。

シックスセンシズホテルは空港内(荷物とるところの横)にカウンターがあるという特別っぷり。さすがブラピも泊まったホテル!日本人はみんなこのカウンターの前に集まっていましたので私たちも案の定ホテルの人に宿泊客かと声をかけられました。残念ながら宿泊客ではございません。

私たちがとまったホテルはこちら↓↓

 DSC04172

コンダオシートラベルリゾート

DSC04157

全室バンガロータイプのホテルです。

DSC04155

やばい、やばい!豪華すぎる…シックスセンシズホテルの10分の1程度の料金であっても十二分に豪華。もはやバックパッカー旅ではない。

DSC04161

この道を抜けると…

DSC04163

プライベートビーーーーーーチ!

DSC04165

プライベート

DSC04168

完全プライベートです。

※後で知ったのですが、ベトナムの人は早朝や夕方に泳ぐようです。よってまっ昼間は完全プライベート

DSC04170

何かが砂に潜った後をジーッと観察してしまうくらい、これといってすることがありません。

DSC04162

何もすることがないということはとても贅沢な時間です。

とはいえ、お腹は空くのです。

ということで、次回はコンダオ島のレストランをご紹介しましょう。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse