【身体のこと】リフトアップ!免疫力アップ!やらなきゃ損!?簡単体操

こんにちは!UjiYogaHouseの人、Sachikoです。

毎日のように使いながらも意識していない身体の部分ってたくさんあります。

舌もそのひとつじゃないでしょうか?

「舌の位置はどこにありますか?」って聞かれるまで私は考えたことありませんでした。

実は舌の位置ってとっても大切なんです。

正しい位置にないとどんなことが起こるかというと…
・口呼吸になる(アレルギー・免疫機能の低下・口臭の悪化・ドライマウス…などの原因のひとつ)
・顔がたるむ
・眠りの質が悪くなる
・滑舌が悪くなる
・嚥下機能の低下
・肩こり、首コリ
・身体を連動して使いにくい など………

▼▼舌の正しい位置ってどこ?という方はこちらの記事をチェック▼▼
【身体のこと】舌の位置が身体に与える影響

正しい位置にない方、落ち込まないでくださいね。逆に舌を正しい位置にすると、上記のことが改善される可能性があるってことです!

ここでポイント!無理に正しい位置にしようとしても疲れるだけ。自然に正しい位置にくるように整えるのがベスト。

自然に正しい位置にするために、今回は老若男女誰でもできる「あによべ体操」をご紹介します

あによべ体操

みらいクリニック今井 一彰先生 の「あいうべ体操」を元に、さとう式リンパケアの佐藤先生が考えた体操です。

「あいうべ」と「あによべ」では使用する筋肉の違いは多少ありますが、どちらかやりやすい方でOKです

■体操前のチェック
①舌の位置がどこにあるのかを確認します
②立ったまま前屈して、身体の状態を確認します

■あによべ体操のやり方

簡単です。



口をしっかり開けたりすぼめたりしながら「あー」「にー」「よー」「べー(舌を出す)」

大きな声でなく小声で大丈夫。口の形がきちんとできるなら声に出さなくてもいいですよ。

何回やるとか特に決まりはないのですが、早口言葉にならないように1文字3秒くらいで5回「あによべ」というだけでも舌位があがったり身体の変化を感じられます。(今井先生の「あいうべ体操」は1日30回(3分)を目安に行うことが推奨されています)

ではやってみましょう!!!

↑イラストが重なっているというなんとも雑な作り…

とっても簡単でしょ?

■体操後のチェック
①舌の位置がどこにあるのかを確認します
②立ったまま前屈して、身体の状態を確認します

いかがですか?口腔機能が整えば舌の位置は上がり、前屈もやりやすくなっているはずです。ストレッチをしたわけでもなんでもないのに、正しい位置に舌がくるだけで身体が動かしやすくなる。

身体は繋がっているということが実感できますね。

全然変わらなかった方は、思い出したときに「あによべ体操」を行うことを何日か続けてみてください。

きっと変わりますよ!

■お子様にもご年配の方にもご紹介ください
この「あによべ体操」は誰にでもできます。

お子様は免疫力アップだけでなく、歯の生え変わりの前からやることで口の中のスペースがしっかりとできるので歯ならびを良くする効果があると言われています。

ご年配の方は、飲み込むという動作を誤って(誤嚥)しまわないように口腔機能を整えることが大切です

トイレの中でも、お風呂の中でも…どこでだってできるのこんな簡単なことで自分だけじゃなく大切な人も健康になれば嬉しいねー

お顔のたるみが気になっている女子にもおすすめよ!

【口腔の整え方を詳しく知りたい方は、さとう式リンパケアセルフケアセミナーへ!】
詳細はこちら⇒http://ujiyoga.com/selfcareseminar/
 

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse

【身体のこと】舌の位置が身体に与える影響

こんにちは!UjiYogaHouseのSachikoです。

ヨガクラスの前に今日の体調をお伺いしています。クラス中の身体の動かし方を見て、いったいその症状がどこからきているのか私なりに考察します。

「体調良いです」と答えられたとしても、じつはいつもと違っていることもあるのです。

クラス中に動きを見ていて「おや??」と思ったある日のクラスの後にお尋ねしたこと

「口を閉じたときに、舌はどこの位置にありますか?」

「アッカンベー」って出す「舌」です。

この質問初めてされたとき困惑する方が多いです。舌の位置なんて考えたことなかったら、どこにあるのかさえもわからないんですよ。私も困りました。

さて、貴方の舌はどこにありますか???

①上あごについている
②空中に浮いている
③舌先が歯についている
④下あごについている

チッチッチッチッチッチッチッチ………←時計のつもり

正しい位置はこちら↓↓↓↓

舌の正しい位置は、舌先が前歯から離れて舌背がふんわりと上顎に触った状態

舌が下がると、舌の付いている骨(舌骨)の位置が変わり、周りの筋肉のバランスが崩れます。いや、筋肉のバランスが崩れているから舌が下がっているともいう。

舌が下がっていると、口腔(口の中の空間)にはすき間ができます。上あごの外側の筋肉から大きな圧力を受けて、口の空間は小さくなります。歯が生え変わる時期であれば、口腔が狭くなると少ないスペースに歯が生えてくるので、きちんと整列できず歯並びが悪くなります。

舌の位置を変える外舌筋という筋肉群(茎突舌筋、舌骨舌筋、オトガイ舌筋)は舌骨についています。

で、この舌骨というのが面白くてね、他の骨と違うんですよ!!奥さんっ!(簡単に書くつもりが、また深堀して全然みなさんが興味のない記事になりそうなので必死にみなさんを食い止めています。)

舌骨
他の骨と関節がない人間の首の骨で、首の筋肉によって支持され、舌根を支持する。
(Wikipediaより)

他の骨と関節がない!!!!ひえぇぇぇぇぇ

関節がないってことは浮遊。筋肉によって支えられているわけです。

だからこと自由な運動域が保たれているんですね。自由だからこそ、いろんなことができる。嚥下したり、お話したり、笑ったり…

しかし、自由というのは不安定でもあるのです。舌骨に付着する筋肉たちをご覧ください。

口腔方面だけでなく、首の方にも筋肉があります。

舌の位置が正しい状態にないということは外舌筋たちが正しい張力にないといういうこと。

さきほどいいましたね、外舌筋たちは舌骨に付着し、舌骨は浮遊していると…

筋肉の緊張が本来の張力にない⇒舌骨の位置変わってくる⇒首の方にも影響がでる⇒首コリ…肩こり…姿勢の変化…イロイロオコルヨ…

もちろんお顔にも影響してきますよ。

はぁ…怖い怖い。

貴方の肩こりは口腔からきているかもね…

舌位が下がっていることで、起る弊害はほかにもあるのです。

この話はまた次の機会にっ

まずは自分の舌の位置を確認してみてくださいね

▼▼<より詳しく知りたい方へ>舌位をあげて身体を調える▼▼
さとう式リンパケアセルフケアセミナー
マンツーマンで身体を整えるパーソナルクラス

(もっとライトに書くつもりが、またしても深堀してしまい長くなったなぁ。こんな深いところまで、誰が興味あんねんっ!笑)

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse