楽しい時間は自分で増やせる!幸せなときは○○している

いつも機嫌よくいたいみなさんこんにちは!UjiYogaHouseのSachikoです。

■楽しい時間は自分で増やせる
「幸せ~」とか「楽しい~」とか「嬉しい~」っていう感情は自分で増やせます。

まずはその仕組みを知っておくこと。

「幸せ」を感じている瞬間ってその対象に【集中】しています。他の余計なことは考えてない。

その瞬間は心で悩んでいたことや身体のしんどささえも忘れてしまいます。

自分の楽しいこと、幸せなことに「集中」できれば幸せな時間って増えるんです。

■辛かったはずなのに集中したらこんなに幸せなの!?
富士山に登ったとき、寝不足・高度順応不足により高山病になりました。(←絶対やったらあかんやつです)


↑夜に登山口についてすぐに登り始めた←したらあかんやつ

睡眠不足にはめっぽう弱い私。案の定高山病になり、9合目で「もうここでご来光をみるから…みんな先に行って」と弱音を吐く

しかしながら、みんなの励ましもあって頂上まで登ることができました

ご来光を待っている間も高山病のしんどさは治ることはなく(高度を下げると治ります)、息も絶え絶え日の出を待っていました

日の出が見えてきたときに、高山病で苦しんでいる私に変化が!!!!

めーちゃーくーちゃーきーれーーーーいーーーーー!!!!

高山病のしんどさなんて吹っ飛んで、はしゃぎまくりました◎

ご来光のすばらしさを前にすると、驚くほどにしんどくないの。

でもね、ご来光を見終わると………地獄。めちゃくちゃしんどい

ご飯だって食べられないし、お鉢巡りも地獄………ここから先は高度が下がるまでギリギリの状態でした。

 

 

結果、二度と富士山には登らないと心に誓うのです。

という話は余談でして、ここで注目したいのが「ご来光が見えた瞬間私は心身の不調が吹き飛んでいた」ということ。

■どこに焦点を当てるかで幸福度が高まる
「美味しい♡」って言っているとき、その美味しいものに集中しています。

「かわいいっ!!!」って言っているとき、そのかわいいものに集中しています。

幸せであったり、愉しいとか、嬉しいときってその対象となるモノに集中しています。

だから、毎日の暮らしの中で自分の機嫌をよくしたいのであれば良い感情をもたらしてくれるモノ(人でも出来事でも物でも)に意識を向けるのです。

美味しいモノとか

東南アジアとか


大切な人のこととか

自分の心を温かくしてくれるものに集中すると笑顔になる

逆もしかり。

嫌なこと、悲しいこと…に集中してしまうと、そこに焦点があたってしまいます。

どこに集中するかは自分しだいってこと。

心は酔っぱらった猿のようにあっちにふらふらこっちにふらふら。それを一点に集中させる練習はヨガでできちゃったりするんだな。(ヨガじゃなくても集中の練習はできますが、何やったらいいかわからないときはヨガがあるって頭の片隅に入れておいてください)

人は自分の見たいように世界を見るし、自分が聴きたいように聴く。

自分の見ている世界を作るのは自分なんだってことを知っていると、どこに集中するか(焦点をあてる)かを選ぶ第一歩になる。

\\ヨガのクラスでこんな練習ができます//
・動き回る心を客観的に見る練習。
・好き嫌いや良い悪いという過去の経験からくる価値観から離れてフラットに物事を捉える練習。

自分の心の癖を知ることで、感情に振り回されることが少なくなっていきますよ

ココロとカラダのご機嫌を自然にとれる自分になる。
京都宇治の小さなヨガ教室&セルフケア UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse
Instagram⇒ http://www.instagram.com/ujiyogahouse
Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse