イライラするのはどうして?これを変えればイライラがなくなる

いつも機嫌よくいたいみなさんこんにちは!UjiYogaHouseのSachikoです。

「ストレスは無いんですか?」「イライラすることはないんですか?」

と聞かれることがあるのですが、ありますよ。イライラすること。

イライラボタン(そこを押されると怒ったりする)は前よりも小さくなっていますし、ボタンを押されたとしてもイライラの感情が発動して言動や行動として外に出るまでにおさまっちゃったりする。

イライラするとか、悲しいとか自分の中に起こる感情というのは出来事に対しての反応です。

感情に支配されるとなんでそういう風に感じたのかを疑問に思わずに、出来事を都合よく解釈する傾向があります。

例えば超人気店のランチを予約しているのに、待ち合わせの相手が遅刻してきたとしましょう。

「予約とるのに3ヵ月もかかったのに…なんで遅れるん??イライラ…」

と一度感じてしまうとイライラしている私の感情を正当化する理由を考えがちになります。相手の都合を考えるという柔軟性が失われがち。

自分の「理想」とする状態=遅刻せずに相手がくる、と「現実」=相手が遅刻しているというギャップが感情を生みだしているんです。

「理想」と「現実」が違うからイライラしたり、悲しんだり、喜んだり…いろんな感情が生まれる。

ってことは「理想」と「現実」が合えばイライラはなくなる。

「理想」を「現実」に合わせるか。「現実」を「理想」に合わせるか。

「理想」っていうのは「価値観」でもあります。好き・嫌いも含め「価値観」って過去の経験からきています。価値観を変えるのは、自分に起こる出来事を変えるか、会う人を変えるか。

しかし価値観をすぐに変えるのは難しいので、まずは「現実」の捉え方を変えていくと大きな感情が起こるのをおさえてくれます。

現実を捉えるときに
①起こってもいないことを勝手に想像していないか
②過去に起こったことを今現在に当てはまめていないか
③物事を一方向から見て判断していないか

そんなことを考えてみましょうね。

起こった出来事に対して自分がどのように感じるのかという傾向を知っておくと反射的に感情が沸き上がったときに、自分でコントロールできるようになっていきますよ。

イライラは「理想」(価値観)と「現実」(捉え方)とのギャップから起こる。

旅を通して多様な価値観に触れたことと、ヨガを通じて物事の捉え方が変わった私は「イライラボタン」がちいさくなったのです。

■2018年秋からのクラスのご案内
UjiYogaHouseではヨガとセルフケアでカラダやココロが変わること、
今よりもっとごきげんな毎日になる方法を伝えることで、
女性はいつからだって自分らしく喜びに満ちた人生を送ることができることを伝え証明していきます。

そのために、現状のクラス内容・スケジュールを2018年秋より変更する予定です。
現状行っているシヴァナンダヨガクラスはもちろん続けていきますが、スケジュールを変更します。

現行のサービスを受けたい方は早めにおこしくださいね。

ココロとカラダのご機嫌を自然にとれる自分になる。
京都宇治の小さなヨガ教室&セルフケア UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse
Instagram⇒ http://www.instagram.com/ujiyogahouse
Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse