【ヨガのこと】健やかなカラダとココロを保つための5つのポイント

こんにちは!UjiYogaHouseの人、Sachikoです。

ヨガでは身体は魂のための乗り物であり、円滑にそして燃費よく機能するためには特定の条件が満たされなくてはいけません。

…とか書くととっても難しそうだけれど、私たちが息を引き取るその瞬間までカラダやココロが健やかで活き活きとしている状態を保つには、ちゃんとケアしないといけないよ!ということ。

ヨガの叡智を現代のライフスタイルに合わせて5つの原則としてご紹介します。

ヨガをやっていなくたって、健康な生活を送るうえではとても大切なことですよ!!

※5つのポイントとしてまとめたのはスワミシヴァナンダ先生の直弟子であるスワミヴィシュヌデーヴァナンダ先生です

1、適切な運動

適切な運動は柔軟性を高め、関節、筋肉、靭帯…さまざまな部位を潤滑に動かすことができるようになります。

ヨガのポーズでは背骨の強さと柔軟さを大切にします。背骨は身体の伝達システムにあたる神経組織を包括しているからです。「背骨が柔軟であればマインドも柔軟である」と言われるくらい大切なのです。

またポーズによって内臓器官が刺激され、機能が活性化されます。

ヨガをやっていない人は自分の身体を注意深く観察(集中)しながら、身体を動かしてみましょう。ストレッチやウォーキング筋力トレーニングも、勢い任せにやらず強度に注意しながら行います。

2、適切な呼吸

産まれてから死ぬその瞬間まで、私たちは呼吸をしています。生きていく上で呼吸はなくてはならないモノ。

だけれど、だれからも教わらずにおこなっています。呼吸をするときももちろん筋肉を使っています。正しい呼吸とは?呼吸するときの正しい筋肉の動きとは?

正しい呼吸とは深くリズミカルな呼吸のことで、肺の一部だけでなく全部を使って酸素をより多くとりいれられるものです。(ヨーガ本質と実践より)

ヨガでは呼吸法のことをプラーナーヤーマと呼び、生命エネルギー(プラーナ)を調えていく役割があります。

調和のとれた呼吸はマインドをコントロールし安定させることに役立ちます。
※プラーナーヤーマは先生の指導のもとで行うことが望ましいです

ヨガを行っていない人はまずは自分の呼吸を意識することから始めましょう。そして、お腹や胸、身体全部を使って呼吸を行うイメージを持ちます。

まず息を吐き、吸う息が1に対して吐く息を2倍の長さでゆったりと呼吸を行います。

3、適切なリラクセーション

冷却システムがきちんと働いていないと自動車がオーバーヒートしてしまうように、カラダとココロを常に酷使していると、能率が落ちてしまいます。

リラクセーションは私たちを再充電する方法です。

適切なリラクセーションは、数分であっても一晩ぐっすり眠ったあとのように爽やかな気分にしてくれます。

4、適切な食事

ディーゼル車にハイオクガソリンを給油すると車の機能を存分にだせないように、私たちの身体と心が存分に力を発揮するためには適切な食事が必要です。
適切な食事は、消化器系のトラブルを生みだすことなく、身体と心に適正な燃料をもたらします。

適切な食事とは、栄養がありバランスのとれたナチュラルな食物を基本としたもののこと。軽くしなやかなからだと、精神の安定を保ち、病気への抵抗力を高めてくれます。

5、前向きな思考と瞑想

自動車の運転手が事故やトラブルなしに、目的地に到達するためには運転手の健康状態・精神状態が整っていないといけません。

それと同様に私たちは自分の身体や心をコントロールするために、前向きな思考と瞑想によってネガティブな考えを払いのけて心を静めていきます。


ヨガの古くからの知恵をまとめた5つのポイントは、誰もが容易に生活の一部として取り入れることができ、長く健康に生活する土台となります。

全部を完璧に!でなくてよいので、できる範囲でとり入れてみてくださいね。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse