【城陽】城陽酒造の蔵開きと梅まつり

こんにちは!UjiYogaHoueの人、Sachikoです。

お酒はまったく呑めないのですが、蔵開きに行くとなんだかウキウキします。

宇治のお隣、伏見区は酒蔵で有名。宇治に越してくる前は伏見区の大手筋商店街の近くに住んでいたので、蔵開きやお酒のイベントはたくさんありました。

先日伏見の蔵開きに行ったら…すんごい人!人!!!人!!!!!!

日本酒ブーム?蔵開きブーム??

すんごい人すぎてすぐに帰りました。私はどちらにしても飲めないので、雰囲気を味わえればいいのですよ。

そんな大人気の伏見の蔵開きとは違い、少しローカルな蔵開きのご紹介。(人であふれて欲しくないから紹介したくないのが本音だけどね…)

城陽酒造 


JR山城青谷駅からすぐにある城陽酒造の蔵開きは、城陽うめまつりの期間内に行われています。

10時スタートからですが人の列が道路に溢れ出したので15分前にスタート。

振る舞い酒をいただきます(私は飲めない)

飲食店のブースもいろいろあって、お酒が飲めなくても楽しめます。

蒸し牡蠣 300円 プリップリで美味しくて3皿食べました。

この写真みててもよだれが溢れてくる…

お酒もいろいろ並んでます。

値段はお酒によって違いますが、小50円/大100円など…超リーズナブル。

伏見の日本酒祭りよりも安いな~

このほかにも利き酒イベントなんかもありますよ。

城陽酒造は敷地内に梅畑(?)があって、梅を愛でながらお酒を飲めるのも風情があるんです。(何度もいいますが私はお酒が飲めません)

梅の名産である城陽の酒蔵だからこそ梅酒も有名です。

この蔵開きのときに、梅酒をつくる際に使われた「梅」の詰め放題イベントが!お値段…無料!!!!!

梅ジャムにするもよし、そのままたべるもよし…

みなさんたくさん詰め込んでられました。

城陽酒造の蔵開きでほろ酔い気分になったら、歩いて梅まつりの会場までどうぞ。

道中にも特産品が売られていますし、梅畑(畑?)の風景や梅の香りに癒されます。


↑梅の木の下に引いているのが麻袋でめちゃオシャレなところがあった!

お酒と美味しいモノ。自然の中をのんびり散策。

素敵な休日をすごせますよ!

来年も楽しみっ!!!

城陽酒造は蔵開き以外にも「酒粕詰め放題イベント」もやってます。

これめっちゃお得です!!

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse