【ヨガのこと】本当の自分ってどこに居るの?

こんにちは!UjiYogaHouseの人、Sachikoです。

会ったことがない人を探すとき、写真があれば写真を。写真がなければ、背恰好や特徴を聞いたり、イメージや似ている人に例えるかもしれません。


↑いろんな人がごちゃごちゃ…この中から誰かを探すとなると…

「本当の私はこんなんじゃない!本当の私はもっと別のところにいる!!さぁ、真の私を探すのよっ!レリゴー♪レリゴーーーー♪♪」←なぜかアナ雪のイメージ

そんなこんなで、自分探しの旅にでかけたとしましょう。

旅って言っても、本当の旅ではなくてニュアンス的な旅の場合もあります。

さて、冒頭の言葉。会ったことがない人とか見たことがない人、想像もできない人を探すことができるのでしょうか?

本当の自分はどこにいるんでしょう?

「私は妻」「私はお母さん」「私は会社員」「私はヨガが好きな人」「私は泣き虫な人」「私はよく笑う」「私は…」「私は……」

私は何???

「私は○○」「I am ○○」

いつも忙しくて…余裕がない。本当の私はこんなんじゃないのよぉぉぉぉぉぉぉ(泣)


↑黄昏中~

「憧れのあの人のような人が本当の私かしら?」「本当の私はこんな人なのかも?」

でも、それは自分じゃないよね。

いくら外の世界が彩鮮やかで、見やすくて、刺激に溢れていたとしても…外に答えはないんです。

内側にある答えを見つけるために、環境変えたり、会う人を変えたり、刺激を加えることはとても大切なことです。

でも、外に見つけようとしないこと

誰かを見て、自分だって思わないこと

それはもう、他の誰かなんだから

“I am”は結局“I am”でしかなくて…極論“I”もなくて、そこには“am = being”が在る。

「私が在る」のではなく「ただ在る」。I am that I am

自分は○○であるという執着を手放し、ただ在るってことを。そしてそれはいったい何なのか…それを知るのが自分探しなのかもな。

ただある。ただあるだけ。だから今やるべきことをやる。

人生でおこるすべての状況は自分が本当は何であるのかを知る、気づくきっかけである。

自分は始まりもなく終わりもない、周りの何からも影響をうけることのない存在(アートマン)であるという理解を深める。「私は○○」という執着を手放すためのレッスンである。

苦悩が起こるから勉強ができる。

こんなことが5年前のヨガの勉強ノートにかいてありました。

「自分って本当は何者なのか?」っていう苦悩は、いろんなことに気付く素晴らしいきっかけだな。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse