【畑のこと】人生フルーツを見て畑仕事への意欲が湧いてきた話

朝の茶畑がキレイな宇治よりこんにちは!UjiYogaHouseの人Sachikoです。

↑すぐに茶畑がある環境。とはいえ、宇治田原町や和束町の方が茶畑すごい

先日見た映画「人生フルーツ」
畑と雑木林と果樹のある生活。自分でできることは自分で。コツコツ、コツコツ積み上げていく暮らし。

そんな暮らしを見て、自分の畑の世話をちゃんとしようと思ったのは言うまでもありません。

【関連記事】
【日々のこと】映画「人生フルーツ」/死ぬこと生きること暮らすこと
【本のこと】あしたも、こはるびより。

ということで、夏野菜仕様だった畑から冬仕様に変えるべく畑仕事です。

9月になったと言えども暑いです…

↑ムムム…暑くてたまらん。蚊の対策で長袖・長ズボンです。

実は、この夏の野菜は豊作とはいえず、虫にやられるは、風にやられるはで…悲しい結果でした。

虫や風のせいにしていますが、一番いけなかったのは土作りを怠ったということ。


もともとは、畑でもなんでもなく庭だったこの場所。ここを開墾することろから畑は始まりました。

【関連記事】
庭を畑にしたくて開墾した話

粘土質で水はけが悪く、石も多くてお世辞にも畑にピッタリ!という土地ではありません。何よりもここは元々地面ではなく、地面より一段上がったところに(実質の2階)に土が入れられている場所。

今までが恵まれた土地で畑をしていたので土づくりに悩むことはありませんでした。

手探りで土壌改良をおこなっているものの、やっぱりしんどいんですよ…土を耕すのって。重労働。だからってさぼっちゃって…今年の夏はほんとダメダメ。お野菜達に本当に悪いことをしました。※肥沃な土地を好まないサツマイモたちは伸び伸びとそだっています。

反省した&「人生フルーツ」をみたのでちゃんとやろうと耕しました。

良い土は財産だーーーーーー!良い土には作物が実る!

↑右奥のサツマイモは天地返しをしたところなんでえらいことになっています。

もっとたくさんの種類の野菜を育てたいし、果樹もたくさん植えたい。

でも今の私に言えることは…この大きさが1人でやる限界(今の)

畑仕事をしていると「なんでわざわざしんどいことしてるんやろう…。スーパーに行けば安くで買えるのに」と思うんです。ほんとに。

でもやってる。

畑から教えてもらうことはたくさんあるし、土に匂いを嗅ぐことや、採れたて野菜の美味しさや味わうことが好きなんだろうな。

今は金柑にアブラムシが発生し…戦ってます。天敵のテントウムシが居てくれればいいのだけれど、テントウムシを我が家で見たことがない。生態系の大切さを教えてもらっています。(今の環境で無農薬って至難の業。整うまでにどれだけ時間がかかることか…)

さてさて、この冬は「在来種」で野菜を育てることに挑戦しようと思っています。

「F1種」「固定種」「在来種」。種にもいろいろあるのですよ。このお話はまた今度。

畑仕事のご褒美は、庭でとれたブルーベリー。庭や畑のモノを収穫するときは「ありがとう」という言葉が自然に出てきます。

 

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse