【ヨガとか日々のこと】未来を決めると変わるってホントなのか

こんにちは!UjiYogaHouseの人Sachikoです。

未来の自分に対して「私はこうなった」と確定することは、あらゆる場面で威力を発揮します。

ヨガやりたい…けどどうせ私なんて…なんて思うことは今すぐやめましょう。

■自分の未来を確定しよう
自分の未来は絶対にそうなると確定するということはあらゆる場面で発揮するのですが、特に自分の身体や心の状態に影響します。

思い込みで心身の状態が良くなることは「プラシーボ効果」としても知られていますね。

プラシーボ効果は薬でも無いはずの物を飲んだのに薬を飲んだ時と同じように症状が回復することなどを意味する。 また、広義には薬(偽薬)の投与のみならず、実際には効果の無いはずの治療を施すことによってよい効果が現れること全般を指す。

私、アルコールにめっきり弱いので「これアルコール!?」というちょっとした疑惑をもちながら、ノンアルコールドリンクを飲むと酔います。THE思い込み。(そして安上がり)

未来の自分に対して「私はこうなった」と確定することは、あらゆる場面で威力を発揮します。
何か効果をだしたいと思うときに「今」ではなくそうなった後の「結果」にフォーカスをあてるというのは、なぜ有効なのか…

これはプラシーボ効果だけでなく、私たちの身体を構成しているあるモノによると考えます。

■私たちは不確定な要素でできている
私たち人間を細かく見ていくと…原子でできていて、その最小単位(といわれている)は量子です。

量子は粒であり波であります

観察していないときは「波」の性質を持ち、観測すると位置が確定し「粒」になります。

そんな不思議なことってあります??あるんですよ。これが。

【関連記事】
パラレルワールドはある?!【本】量子力学が語る世界像

量子の動きは確実ではない。ではそこにあるということやどのような動きをしているかということを決めているのは測定するということ。測定していることが位置を決める。

だから、人間も測定するです。観察することが自分を決める。

間違っても今の変えたいと思っている状態を観察しないでくださいね。例えば「痩せたい」って観察することは「自分が太っている」と確定してしまいますから。

■寛大な上司のように自分を見守ってあげよう
皆さんの上司があなたのことを信じてくれない人だったらどうでしょう?

「どうせあいつにはできない」「どうせ失敗するだろう」

そんなことを思われながら仕事をしていたら…思う存分力を発揮できませんよね?逆に反骨精神で頑張るかもしれませんが、心地よくはないはずです。

逆に自分のことを信じてくれて、見守り、必要なときは適切に導いてくれる上司だとどうでしょう?

のびのびと力を発揮することができます!

自分のこともそうなんです。「どうせ私には無理」と思い込むと、体も心も委縮して力を発揮することができません。

自分のことは自分が一番信じてあげましょう。寛大な上司のように!

■「私はこうなった」と未来を思い描くことの力
ヨガクラスに来られるかたに「自分にはどうせ無理」ということはありません。ということをお伝えします。

自分の体には信じられないくらいの力を秘めています。

身体が思うように動かないときは連携がとれていないだけかもしれません。会社だって部署間の連携がとれていないと、スムーズに仕事ができません。だったら連携がとれるように少しずつ改善していけばいいんです。

私は自分がその状態になる(なった)と信じて観察することで、委縮せずにのびのびと体も心も動いていきますよ。

ことはヨガのクラスだけじゃなくて、自分がなりたい姿に向かうにももちろん有効ですよ!

そんなことを言っている私ですが、自分の体が上手く動かせないときに「できる気しません」とか未だに平気でいうてしまいます。

出来ないと思うからできないんだってば!

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse