【ヨガのこと】問題解決の方法*幸せはどこにある?

自分の育てた野菜が食卓に並びだして、ますますご飯が美味しいです。こんにちは!UjiYogaHouseの人Sachikoです。

■大きい看板が解決策?!
先日、「ゴミを捨てないでください」という看板の前にどんどんゴミが捨てられて毎日清掃しているというニュースを見ました。(ゴミ箱ではない場所に捨てられて、カラスがつついてゴミが拡がっていくという惨事…)

ゴミ箱を設置したらいいんじゃないの?って案には元々設置してたけど、家庭ごみの持ち込みや不法投棄の問題で撤去したからむずかしいんだとか。

で、出した対応策が「2畳分くらいある大きな看板を設置する」というもの。

…………はぁ????

「これで解決するとは…」とニュースキャスターも苦笑い。

■問題解決をするときに考えるべきこと
何か問題が起こった時には簡単な解決策(にみえるもの)に飛びつきたくなるものです。

でもさ…本当の原因が何なのかをちゃんと見極めないと逆に悪化するかも。

問題の本質を見極めるときに、こんなロジックツリーを作ったりしますよね。

↑前職がスポーツクラブで働いていたので、例で作るロジックツリーもこうなってしまう…

で、このどこか一番重要なのか、課題解決に対しての「重さ」を見極めないといけないわけです。

客観的論理的に考えていれば問題はないのですが、判断を誤らせるのは、自身の心の中のバイアス。自分が関わることについては、無条件に大事なコトだと信じ込んじゃったり、書いてあったことや権威者が言ったことを真実だと思い込むもんです。

または自分がたった1回経験した成功(もしくは失敗)をベースにすべて判断する。1回安全に通れた道は常に安全だと思い込み、たまたま事故に合うと常に大変危険だと感じてしまう。

 

自分にはバイアス(偏り)があることを認識し、考え、客観的に測っていくことが大事だな。

今回のゴミに関する問題の解決策として、看板をめっちゃ大きくする!ってことが一番重要な解決策であると判断であると思ってやっているのではないことを祈るばかりです…。(きっと、とりあえずの策なんだ…きっとそうだ…)

■あなたの問題の解決策は?
仕事や他人の問題解決であれば、客観的に考えることもしやすいかと思いますが自分自身の問題っていつもよりも偏りがでちゃったりするんですよね。

私がみじめなのは……

「家庭のせいだ」「容姿のせいだ」「あの上司がちゃんとみてくれないからだ」「あの子がいるからだ」……などなど…

私が幸せになるためには…

「お金が必要」「役職がひつよう」「高層マンションに住む」「海外に行きまくる」「異性からちやほやされる」……などなど

このブログを読んでらっしゃる方には↑こんな方は少ないと思いますが、これって本当に解決策なんでしょうか?

手に入れられるものはその瞬間は幸せをもたらしてくれるけれど、永遠に続くことはありません。手に入れたものを離すまいと必死になっていると、幸せよりも苦痛になるかも。

自分で自分を幸せにしてあげられないとこのループは続いていくんですよね。

幸せを外に求めたり、原因を他人になしつけたり…簡単だから楽なんだけどそれは問題の解決になっていないってことです。

探し物は外にないかもよ

じゃぁどこに?それを明らかにしてくれるのもヨガなんです。

◎7月もおはなし会やりますよ!◎
7月10日(月)13:00-14:30

<料金>
1,500円(税込)お茶・おやつ付き

<場所>
UjiYogaHouse
宇治市天神台
JR宇治駅より徒歩16分
JR小倉駅より徒歩11分
※詳しい場所はご予約後お伝えします

<申込方法>
・Facebookメッセージ
・メール ujiyogahouse@gmail.com

 

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse