【ヨガのこと】バケツを使ってカルマについて説明してみる

犬猫大好き!!こんにちは!UjiYogaHouseの人Sachikoです。

↑中宇治にあるナナクモさんの看板犬マツくん

コインに裏と表があるように行いと結果は必ずセットで“行い”をしたら必ず“結果”が返ってきます。これをヨーガでは「カルマ」といいます。

ということを先日ブログに書きました。

【関連記事】
【ヨガのこと】因果応報/「人を呪わば穴二つ」と唱えて踏みとどまる悪業

過去に蓄積したすべてのこと(サンチタカルマ)
現在実を結んでいる働き(プラーラーブダカルマ)
今おこなっている行為(アーガーミカルマ)

矢筒の中に入っている矢はサンチタカルマ。放ってしまった矢はもうどうすることもできません。これがプラーラーブダカルマ。今まさに打とうとしている矢はアーガーミカルマ。

どの方向に、どの強さで…今まさに飛ばそうとしている矢の方向はあなた自身が変えられます。

と説明しましたが、これを別の例で説明してみたいと思います。

■バケツの中の水

バケツに水が既に入っています。

これはサンチタカルマ。先の例でいうと矢筒に入っている矢。あなたをあなたたらしめているもの。過去生でおこなってきたこととかいろいろ入ってます。

■注がれる水

バケツに注がれる水

 

これはアーガーミカルマ。先の例では今まさに放そうとしている矢。今やっている行いのこと。

■あふれ出る水

バケツからあふれ出ている水

これはプラーラブダカルマ。先の例では放ってしまた矢。今まさに私たちがうけとっているもの。

■全体像

↑間違えを消すために虫を書いた。これがわかる人は同じ年代

バケツにサンチタカルマが入っていて、今まさにアーガーミカルマ。そして溢れかえっているのがプラーラブダカルマ。

■注ぐ水の質は変えることができる

バケツに泥水が入っていれば、あふれ出てくるもの泥水。だからといって泥水ばかりいれていたらいつまでたっても受け取るのは泥水。でも、どんなにちょろちょろと水を入れたとしても綺麗な水を入れ続けていれば、いつかはバケツの中の水は綺麗になる。

だからね、今受け取っているモノが「なんで私がこんな目に合わなあかんねんっ!」って泥水的なものであったとしても、調和に従った善い行いを続けていればいつかはあふれ出てくる水も綺麗になる。自分の受け取る行いはかわるんです。「泥水しかうけとれへんやんっ」てやさぐれて今まさに行おうとしていることも泥水的な調和に従っていない行いをしてしまうとバケツの水はずーっと泥水です。

私たちが変えることができるのは、どんな水をそそぐかということのみ。

こーんな透き通った水になるように。良い水をそそごう。

▼▼こんな感じのヨガのおはなしを「生」でしますよ▼▼

5月30日(火)開催『ヨガのおはなし』

 

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse