【ヨガのこと】バカとハサミとマインドは使いよう

ヒールはもう履けません。スニーカー、サンダルバンザイ!こんにちは、UjiYogaHouseの人Sachikoです。

「馬鹿と鋏は使いよう」…切れないハサミでも、使い方によっては何かの役に立つように、愚かな者でも上手に使えば役に立つものだということから。能力のない者をばかにして言ったことばではなく、使う側の力量や能力を言ったことば。

何の道具も使う人次第なんですよね。

■あなたは何ですか?
「あなたは何ですか?」と聞かれたら皆さんならどうやって答えますか?

名前?職業?役割?身体?それとも心??

今私が挙げたモノって変化するモノ。永久に変わらないモノで私を指すことって難しいですよね。

前にも書いたよう私たちの本質は肉体でも考えでもなくて、それを支えて存在させている真実が本質とヨーガでは伝えられています。

【関連記事】
やらない理由をつらつらあげてしまう思考に真実を教える<バガヴァッドギーター>

だから、心も体も「私の道具」なんです。道具は上手に使わないとね。

■知らず知らずに同化してしまう

指輪をずっとしていると自分と同化するようにマインドも同じ。生まれたときから一緒にいて自分でつかっているから自分自身と同化してしまっています。私がマインドを操っていることをわすれがちです。

 

マインドは人に物事を見せる(見るための)道具

同じものを見ていても、マインドを通してみるからみんな違うものに見えます。真実をまげてみることがあるから私たちを苦しめるんですよね…

例えば…雨が降っているという現象に対して、マインドを通してみるとある人からは「じめじめしていて鬱陶しい」またある人からみると「しっとりしていて良い感じ。恵みの雨!」

メガネの色を変えれば見える世界の色が変わるようにマインド(考え)も同じです。

私はマインドではないし、マインドは私ではない
私は考えではないし、考えは私ではない

私は考えを観察する人でありマインドを制御する人です。

■車を運転している私=車その物??
車を運転するときにはその車の性質をしらないといけません。どうやったら快適なドライブになるのか、運転の方法も知らないといけませんね。

車がエンストを起こして動かなくなったとしても、あなたが動かなくなったわけではありませんよね?いくら車が好きで好きでたまらなくても、車と自分を同一視する人はいないとおもいます。

同じようにマインドや考えを切り離して、そして少し遠ざけてみるとわかります。私とマインドを一緒にしない。私に怒りがあるのではなく私のマインドに怒りがあるのだと観察してみてください。

悲しいときはうんと悲しめばいい。でもそれはあなたのマインドが悲しんでいるのであって「あなた=悲しい人」ってことではないってことを忘れないでおきましょう

■私はマインドや考えを使っている人
マインドや考えは私の道具であることをまず自覚できれば、先に書いた車の例のようにぜひマインドを上手に使うためにマインドの性質を知ってください。

マインド(考え)が暴れだしたときに「は、はぁ~ん。こういう性質が動き出したな」と道具(マインド)を上手に使えるようになります。

いつも一緒にいるマインド(考え)だからこそ、上手に使えると平穏な時間が増えそうですよね!

バカとハサミとマインドは使いよう!!!!!


にやり。

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse