今日一日を良く過ごすために。スワミシヴァーナンダの15の言葉

できるだけ毎日を穏やかににこやかに過ごしたいと思っています。こんにちはUjiYogaHouseの人、Sachikoです。

私が学んでいるヨーガはシヴァーナンダヨーガと言います。


1ヵ月間、先生と仲間と寝食を共にしてヨーガの勉強をし、試験に合格してからこのヨガを伝えています。。

【関連記事】
ヨガの種類(流派)っていろいろある。シヴァナンダヨガってこんなヨガ(TTC編)
リラックスしたくない人は来ないでください

今日はスワミシヴァーナンダの15の言葉をご紹介。全部を意識するのは難しいけれど、コレって1つ選んで意識してみると穏やかな1日が過ごせますよ。

15の言葉
1.今日一日は幸福でいよう。よけいな欲や期待は持つまい。

2.今日一日は体と心を浄めよう。健康なための簡素な食事、アーサナ、瞑想をしよう。

3.今日一日は微笑みを絶やさず、やさしいまなざしで人に接しよう。嫉妬はしまい。

4.今日一日は誠実で、穏やかな口調で話そう。批判や無駄なおしゃべりはしまい。

5.今日一日は一人だけの時間をもとう。心の平安と静寂を得るために。

6.今日一日はハッキリとした目標を持ち、どんな些細なことでも自分で成し遂げよう。

7.今日一日は自分の体より、魂の喜ぶことをしよう。

8.今日一日は人のために役立つことをしよう。いやなことでも人を許そう。

9.今日一日は清い仲間とだけ交わろう。良いカルマで、明日の自分を変えるために。

10.今日一日は話す前に二回考え、行動する前に三回考えよう。活動的で賢くあるために。

11.今日一日はDIN(do it now)、今すぐやることを実行しよう。明日には延ばすまい。

12.今日一日はMYS(mind your own self)、人ではなく自分のことに気をつけよう。

13.今日一日は今日限りの命と思って、精一杯生きてみよう。

14.今日一日は「私はだーれ」と自問自答してみよう。

15.今日一日はすべてに神を見、宇宙に祈ろう。自分が生かされていることに感謝して。

Swami Sivananda (1887-1963)
近代聖者の一人。西洋医学の医師として多くの貧しい人々を助けたが、肉体だけでは本当の意味で人々を救うことはできないと、師の元で出家。1935年にはディヴァイン・ライフ・ソサエティーを設立し、インド古来の知識を現代に伝える基盤をつくった。300以上ある書物では医師としての知識と経験をヨーガの教義に注ぎ、難解な内容をシンプルでストレートな表現で説き明かしました。スワミ・チダーナンダ  ( Divine Life Society)、スワミ・ヴィシュヌデーヴァーナンダ(Sivananda Yoga Vedanta Center)、スワミ・サッテャーナンダ(Bihar School of Yoga)、スワミ・サッチダーナンダ(Integral Yoga) など、多くのスピリチュアルリーダーを世に送りだした。

スワミシヴァナンダの教えは次のシンプルな言葉に集約されている
「Serve,Love,Give,Purify,Meditate,Realize」

インド北部のリシケシにはスワミ・シヴァナンダが設立したシヴァナンダ・アシュラムとフォレスト・アカデミーというヨーガの総合大学が在り、現在も多くの出家者や学生が修行する場となっています。


 

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです
  さとう式リンパケア施術/セルフケア講座も実施しています

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse