「11/13 ヨガノワ宇治@食堂山小屋」 の終わりの始まり

2016年11月13日(日) 宇治

dav

↑宇治橋からの朝の眺め

数日前の冷え込みはどこえやら、秋晴れの素晴らしい気候のもと、宇治食堂山小屋にて『ヨガノワ』を開催しました。

dsc06062

■テーマは「自分が幸せで機嫌よくあることの大切さをおもいだす」

時間は有限だからこそ、機嫌の良い時間が1分1秒でも長い方がいい。その機嫌が良くなる方法を外に求めるのではなく、内に求めることでその時間は増えていくと私は思います。

その手段として今回はヨガとアーユルヴェーダとキールタン、そして身体も喜ぶ美味しいモノをお届けすべきaco・mayu・sachikoの全くタイプの違う3人のシヴァナンダヨギと、食堂山小屋の素敵ご夫妻がタッグを組みました。

会場は食堂山小屋の2階。板張りの素敵な空間。光も気持ちがいい。

dsc06009

■ヨガで身体をご機嫌に。続けていけば身体だけじゃないことに気づくはず。
*ヨガのじかん sachiko

ヨガのクラスでは、ポーズの完成度ではなく微細に自分の内側をみていくことをお伝えしました。

dsc05999

身体と心は繋がっています。どちらかが健康でないと、連動してもう一方も元気でなくなることもしばしば。

心をコントロールすることは難しいけれど、まずはコントロールしやすい身体や呼吸からスタートする。続けていけば最初は身体を扱っていると思っていたヨガのポーズはもっと微細なモノを扱っていることに気づいていくはずです。

dsc06020

dsc06023

呼吸法もリラックスの時間も極上でした。

■丁寧に作られたモノは身体がヨロコブ

ヨガのあとはおひるごはん!毎回食べるたびに、驚きや喜びがある食堂山小屋のおひるごはん

dsc06030

この日も「こんな調理の仕方があるんだ!」と感心したり、あまりにも美味しくて「これどうやって作るんだろー」とみんなで想像してみたり(作り方聞いたら予想と違っててビックリ!)、話に花を咲かせながら美味しく頂戴しました。

1人で参加しても、みんなでわいわいできるのって良いなぁとニコニコしてました。

■季節に合わせた過ごし方をアーユルヴェーダで学ぶ。でもがんばらなくていい!
*幸せ体質になるアーユルヴェーダ aco

dsc06038

ヨガもアーユルヴェーダもその叡智は果てしなく、学びはずっと続いていきます。講座で人に伝えるということは、口にして伝えている以上の知識・経験・体験が背後にはあります。

講師であるacoさんが一方的にしゃべるのではなく、参加者の質問を交えながら講座を進めていく姿をみて、真摯に学びを深めているんだということを感じていました。

dsc06033

「こうした方がいいのはわかっているのだけれど…」。最初からハードルを上げると挫折しやすいけれど、acoさんの話を聞いていると、できることからちょっとずつやればいいんだなって素直に思いました。

dsc06034

『外の世界で起こっていることが私たちの身体の中でも起こっている』

日本には四季があるから過ごし方をわかっていると、快適に過ごしていけますよね。

■自家焙煎コーヒー(おススメ)と甘いモノで幸せおやつタイム

飲み物も甘いモノも選んでもらっておやつタイム。

dsc06047
柿とキャロブのケーキとチャイ

私のおススメは自家焙煎コーヒー!
dsc06050

食べかけですみません。。。。

食堂山小屋の自家焙煎コーヒーは深みがあって私の好みなんです。家ではミルクを+する私も食堂山小屋ではブラックで。一緒にいただいたレモンケーキとの相性バッチリでした。

円になってみんなで食べたおやつ。おいしかったなぁ。

■自分の声が内側に響いていくキールタン

夕暮れ時。最後はキールタン。コール&レスポンスで簡単なサンスクリット語のフレーズを繰り返し歌っていきます。

初めてでも大丈夫。上手く歌う必要はどこにもありません。

dsc06059
mayuちゃんのリードに合わせてうたっていきます。

dsc06066

相棒のハルモニウム(という楽器)のRamくんもご機嫌に歌っています。メロディが美しい。

dsc06051

周りを気にすることなく、自分の声が自分の内側に響いていく。とても素敵な時間でした。

mayuちゃんの歌声、のびやかでイキイキしてたな。その歌声とメロディの心地よさにみんなも同調していました。

■終わりの始まり
正直言って、私自身はイベントに出向いたり、いろんな先生のワークショップ(特別クラスみたいなの)に行くのは苦手です。

それでも、普段のヨガクラスで伝えることのできていない内容であったり、ヨガクラスで会っていない人にも伝えたいなって思うときに、今回のようなイベントを手段としてとりました。だからどうやったらイベントに来てもらえるのかなって考えました。

でもやっぱり、自分がやるなら「キラキラ系」(←どんなんかよくわからんけど)のイベントじゃなくて、つつましく、地味に…誠実にお伝えできるようなイベントがいいな。(喋りまくるわたしが「つつましく」なんていうとどの口が言うてんねん!って感じですけど)

ヨガをやったことがない人にヨガをやるきっかけになるようなクラスもやりたいし、自分が「ぜひともみんなに会ってほしい」と思う人とみなさんを引き合わせる場も作りたい。美味しいモノ・良いモノはおススメしたい。

そして「絶対やってね!」ではなく、続けるかどうか、やってみるかどうかはみなさんに委ねたい。

だからこれは終わりの始まり。

ヨガノワは終わったけど、ここから始まり。

ヨガノワで撒かれた種が誰かの中でいつか芽をだしますように。

bty

aco&mayu&sachiko (友情出演:バルタン星人)

■居てくれてありがとう!

最後になりましたが、参加してくださった皆さん、食堂山小屋の応治ご夫妻、集客に協力してくださった方々、参加を検討してくれた人…みんなみんなありがとうございました。

初めてのイベントで一人で勝手にバタバタしてましたが、ヨガノワの1日とても楽しかったです。

また愉快なことができればいいな。その時も(は)ぜひ!!!!!

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse