ヨガで肩こり解消も!うさぎのポーズ

Yogaは心と身体の両面に効果があります。

実はYogaが扱っているのは心の部分だったりするのですが、ポーズの練習なんかで最初に効果が感じられるは身体の方も多いと思います。

そんな身体への効果に注目してポーズを紹介してみます。

(肩こりが解消されれば身体がより快適になり心もスッキリするという…最終的は心につながるのですけどね)


▼▼肩こり解消のポーズ▼▼

肩こりの原因のひとつに身体の「さびつき」があります。
「さびつき」とは本来の機能に反して動かなくなっているということです。

最初は身体が思うように動かないかもしれません。
それでもOK!(現に写真の私も背骨がちゃんと動いていませんから。どうぞ安心してください(笑))

すこしずつ動かしていくことで徐々に身体の「さびつき」がとっていきましょう

▼実践編【うさぎのポーズ】▼

首や背骨を伸ばし、肩甲骨周りも動かしていきます。

頭から背骨の血流がよくなるので
頭痛を和らげるともいわれています。
首や肩の周りの緊張をとるため、
デスクワークの多い人におすすめのポーズです。

DSC03349

①正座で両手を身体の後ろに組みます
②息を吐きながらゆっくりと上体を前に倒し床に顔をつけます。腕はできるだけ高く持ち上げます
③ゆっくりとかかとからお尻を持ち上げます。できる方はさらに腕を遠くへ倒していきます
④深く呼吸を繰り返します

戻るときは逆の順番でゆっくりと正座に戻ります

※注意※
・高血圧の方、首に疾患がある方は控えてください
・自分の身体の声をよく聞き無理をせずポーズをおこなってください

※※POINT※※
とにかく深く呼吸!
呼吸が浅くなっていると感じたらポーズを緩めましょう。

うさぎのポーズをやったあとは返し(反対を伸ばす)ポーズを行います

▼▼うさぎのポーズをやったらこれも!▼▼

針金を同じ方向にばかり曲げていたらどうなるでしょうか??

一箇所に負担がかかり折れやすくなりますよね。
それは身体も同じです。

同じポーズばかりやらずに必ずかえし(反対を伸ばす)ポーズをやるのが心地よい身体をつくるポイント!

ということで、肩こり解消ウサギのポーズをやったらこちらのポーズもどうぞ

実践編【らくだのポーズ】

うさぎのポーズで丸めた背中をらくだのポーズでは心地よく反らせていきます。

反らすと書きましたが…身体を反らすというよりもおなかを押し出すようにするのがコツです。

身体の硬い人には難しく感じられるかもしれませんが、無理をせずできる範囲で行いましょう。
まずは腰に手を置いた状態。できそうであれば手はかかとへと段階をおってポーズをおこなってみてください。

DSC03352 DSC03354

①腰幅に膝を開いて膝立ちになります
②指先を下に向け手を腰に当てます
③おなかをおしだすようにゆっくりと上体をそらせます
④余裕がある方は片手ずつ手を腰からはなしかかとをつかみます

戻るときは逆の順番でゆっくりと戻ります。
お尻をかかとにのせ額をマットにつけたら手は楽な位置に置き背中を楽に丸めて(チャイルドポーズ)腰の反りを正します。

※注意※
・腰痛の方は特に無理をしないように注意してください
・自分の身体の声をよく聞き無理をせずポーズをおこなってください

※※POINT※※
とにかく深く呼吸!
呼吸が浅くなっていると感じたらポーズを緩めましょう。

 

京都宇治の小さなヨガの家 UjiYogaHouse

 **JR奈良線沿線・京都宇治・城陽でヨガ教室をお探しの方へ**
  女性限定・少人数制・初心者でも安心なヨガクラスです

Twitter ⇒  https://twitter.com/ujiyogahouse
Facebook⇒  www.facebook.com/ujiyogahouse