嫌よ嫌よも好きのうち

好きだと思っていたものが実は好きじゃなかったり、嫌いだと思っていたものが実は嫌いじゃなかったり…

こんなことをなんというのでしょう。思い込み??ヨーガの用語でいうとマーヤー???真実を覆い隠してあたかもそれが真実であるように振る舞っている。

かくいう私もヨガが「嫌い」でした。↑これの考え方だと嫌いと思っていたってことかな。スポーツクラブで働いてガンガン動いていた当時はこの小さなヨガマットというスペースに1時間も閉じ込められるということが我慢ならなかったのですよ。

そのうえ「身体が固く」てヨガのポーズが苦痛。(だと思っていた)

そんな私が仕事でヨガのクラスを担当していたことが申し訳なくてたまりません。ごめんなさい。こういうことって絶対に伝わるんです。言わなくてもねお客様には伝わっちゃう。案の定集客はよくない…。。。会社員だったとはいえその当時のことを猛烈に反省しております。

で、ヨガが嫌いだった私はいろいろなタイミングが重なり晴れてヨガを教えることを辞めヨガから解放!ひゃっほい!!!

それから数年後体調を崩し、いつもの「筋トレすれば治る!病は気から!!!」が効かず困ったあげくにヨガに救いを求める。「嫌いよっ!」と言って別れた恋人に「やっぱりあなたがいないとダメなの」とすがるイメージ。なんとまぁゲンキンな。

ヨガのクラスのあとは身体も気持ちもスッキリしてたし日常生活でもモノの見方や考え方も変わってきてなんだか楽しくなってきた。ヨガって凄い!ヨガが好きーーー!

と嫌いだと思い込んでいたものが好きに変わったわけです。

 

身体が固いと思っていたのも誰と比べていたのか、勝手な自分の基準だったのか…そんなことどーでもよくなって固いなりに身体の変化を楽しめるようになりました。

だからヨガのこんなポーズや

Sivananda and Vishnu
こんなポーズが

images

できないとダメ。とか私にはできない。とかも思い込みなんだよね。

思い込みの力は上手に使いたいものです。

嫌よ嫌よも好きのうち。